ここから本文です

アメリカでコミックのアカデミー賞と称されるウィル・アイズナー漫画業界賞の最優秀国際作品賞を受賞した沙村広明の大人気コミックを鬼才・三池崇史監督×木村拓哉主演で実写映画化した『無限の住人』が4月29日に全国公開される。本作で木村演じる万次(まんじ)が戦いを挑む逸刀流(いっとうりゅう)の刺客たちのなか、紅一点、強い存在感を示す女剣客・乙橘槇絵(おとのたちばなまきえ)を演じた戸田恵梨香。劇中では、初アクションとは思えないほど躍動感あふれる美しい殺陣を見せた戸田に、撮影エピソードや約10年ぶりに現場をともにした木村の魅力などを語ってもらった。

サムネイル

戸田恵梨香演じる乙橘槇絵(おとのたちばなまきえ)『無限の住人』(4月29日公開)


【予告編映像】主演・木村拓哉、監督・三池崇史 映画『無限の住人』>>


GYAO!『無限の住人』特集>>

■昔から「蹴る」というアクションが好きだった!

――本作出演のオファーを受けたときの率直な感想をお聞かせください。

戸田: 台本を読んだとき「これは何だろう?」と思ったんです。それで原作を読んだのですが、率直に実写化は難しいのでは......と感じました。特にアクションはこれまで経験がなかったのですが、監督から「リアリティを持たせたいから、スピードはいじらない」っておっしゃったんです。それを聞いて、いよいよ不安になりました(笑)。

――不安だったということでしたが、アクションシーンはとても格好よかったです。

戸田: こういうと語弊があるかもしれませんが、蹴るということが昔から好きだったんです(笑)。というのも私の父が少林寺拳法の師範だったので、いつも家で蹴る練習はしていたんです。今回もワイヤーを使い、柱をつたって蹴るシーンがあるのですが、そこは楽しかったです。

――スリットが入った衣装だったので、蹴るシーンでは足がスッと伸びてとても美しい佇(たたず)まいでした。

サムネイル
戸田恵梨香演じる乙橘槇絵(おとのたちばなまきえ)『無限の住人』(4月29日公開)


戸田: 槇絵(まきえ)の見せ方はとても苦労しました。アクションとしては重心を下げた方がいいのですが、スリットの見え方としては重心を下げ過ぎると美しくないので、そのバランスをいろいろな人から助言をいただきました。ワイヤーアクションをするためには、いろいろと衣装に仕込まなくてはいけないので、衣装部さんもかなり苦労されていたと思います。でも、足がスッキリ見えると、衣装がとても映えるのでうれしかったです。

■万次さん(木村拓哉)と戦うシーンだけで1週間かかりました

サムネイル
戸田恵梨香『無限の住人』(4月29日公開)


――初めてのアクションや殺陣とのことでしたが、撮影は大変ではありませんでしたか?

戸田: 万次さんと戦うシーンはすごく大変でしたが、他の方のように寒さとの戦いがなかったぶん、お芝居に集中することができました。ただ台本を読む限り、私の出演シーンは1週間ぐらいでオールアップするのかなと思っていたのですが、万次さんと戦うシーンだけで1週間近くかかりました。アクション映画ってこんなに時間がかかるんだってびっくりしました。

――かなり時間を要した木村さんとの戦いのシーンはいかがでしたか?

戸田: 槇絵の武器と、万次さんが持っている武器の歯と歯をあわせなくてはいけないシーンがあったのですが、私が刺して万次さんが受ける場面で、なかなか歯が合わなかったんです。合計で40テイクぐらい重ねてしまったのかな......。そのときは精神的につらかったですね。でも木村さんはいつも「女性でここまでアクションできるのはすごいよ」ってほめてくださって精神的に支えてもらいましたね。

■お兄さんのような存在だった木村さんと、10年たって仕事の話ができました!

サムネイル
木村拓哉主演『無限の住人』(4月29日公開)


――木村さんとは約10年ぶりの共演とお聞きしましたが、いかがでしたか?

戸田: 木村さんはとっても細かいところまで現場を把握していて、自分のシーンがどのあたりまで映っているかをスタッフに確認されているのを見たことがないんです。すべて頭のなかに入っているんでしょうね。

――木村さんとの会話で印象に残っていることはありますか?

戸田: 久々に再会したとき「恵梨香、いくつになった?」って言われたんです。私は27歳になっていたのですが、出会ったときは17歳で......。撮影当時、(凛役を演じた)杉咲(花)さんは17歳だったので、当時の私はいまの花ちゃんぐらいだったんだって思ったとき、時の流れにゾクッとしましたね。

――感慨深いですね。

戸田: そうですね。当時はお兄さんのように接していただいて、楽しく過ごさせてもらったのですが、今回はちゃんと仕事の話ができるようになりました。自分もそういう年齢になったんだなって時の流れを感じました。

サムネイル
戸田恵梨香『無限の住人』(4月29日公開)


――乙橘槇絵は深い悲しみを持ちつつ、剣客として戦っていく女性でしたが、どんな部分を意識して演じましたか?

戸田: 本来悲しみを持った女性ですが、それに引っ張られるとアクションが成立しないと思ったので、アクションシーンは無になって、事を成し遂げたあと、われに返って人を斬ってしまったという事実に感情があふれ出るというメリハリを意識しました。アクションシーンでは魂があるように見せないように、相手を見ているようで見ていない目線を意識したのですが、物理的にいっぱいいっぱいで難しかったです。もう少しアクションシーンで心に余裕を持って演じられたら良かったなと思っています。

■満身のシーンがまさかのカット!?

――出来上がった作品を見てどんな感想を持ちましたか?

戸田: アクションがとても不安だったのですが、すごく格好よく仕上げていただいて感謝しています。でも、三池監督もほめてくれていたシーンが本編でカットされているんですよ!

――そうなんですか?!

戸田:槇絵がすごく葛藤するシーンで、でも影久さまの側にいる運命なんだって受け入れる大切な場面。三池監督も「あのシーンの戸田恵梨香の表情が美しくてゾワっとした」って話していたのにカットされているんですよ。三池監督に取材する機会があったらクレーム言っていたって話しておいてください!(笑)

サムネイル
主演・木村拓哉、監督・三池崇史 映画『無限の住人』(4月29日公開)


――そんな三池監督ですが、あまり演技指導などをされないって聞きました。

戸田: お芝居に関して任せてくれました。リテイクする際も「もう一回」って言うのですが、基本的にどこをどうするという指示はないんです。何か本人から自然と出てくるものをキャッチすることに重きを置いている監督なのかなって思います。

――座右の銘をお聞かせください。

戸田: ちゃんとした言葉ではないのですが、小さなことから幸せを感じることを大切に生活しています。

サムネイル
戸田恵梨香『無限の住人』(4月29日公開)


-----------
戸田恵梨香(とだ・えりか)
1988年8月17日生まれ、兵庫県出身。2006年公開の映画『デスノート』でスクリーンデビューを飾る。その後もテレビドラマや映画にコンスタントに出演し存在感を発揮している。木村拓哉とは2005年に放送された連続ドラマ「エンジン」で共演している。

【特別映像】木村拓哉演じる万次 「Who is 万次?」>>


【特別映像】戸田恵梨香演じる乙橘槇絵 大きなスリットが入った女剣士の姿>>


そのほかキャラクター特別映像>>

◆取材記事 バックナンバー
【インタビュー】木村拓哉、2017年、俳優としての決意新たに! 規格外アクションエンタテインメントに挑戦
【インタビュー】杉咲花、映画『無限の住人』で木村拓哉さんとの共演は勉強になることが多かった
【インタビュー】壮大なアクションシーン満載の『無限の住人』、殺陣担当・辻井啓伺が木村拓哉のすごさを語る
【インタビュー】『無限の住人』キャラクタースーパーバイザー前田勇弥、三池組&木村拓哉の魅力を語る
【インタビュー】『無限の住人』木村拓哉の動きは天性のもの!「蝶のように舞う」感じ――北信康カメラマンが語る
【インタビュー】『無限の住人』、こだわった木村拓哉の肌の質感――ヘアメイク担当・酒井啓介が語る

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ