ここから本文です

4月よりTOKYO MX他でスタートした新アニメ『ひなこのーと』は、かわいさ100%の作品。美少女キャラクターたちの心温まるやり取りに、『ごちうさ』ことヒットアニメ『ご注文はうさぎですか?』シリーズを思い出した人も多いようだ。

サムネイル

(C)三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会


【無料配信】「ひなこのーと」最新話を金曜日0時更新>>

美少女たちの演劇コメディ「ひなこのーと」第1話>>


桜木ひな子は、口下手な自分を変えようと、憧れの演劇部がある藤宮高校に進学するため上京する。しかし、演劇部は去年で廃部になっていた!? ひな子は、下宿先であるひととせ荘の仲間たちと、劇団を立ち上げることになり......。

田舎育ちでおとなしい性格のひな子を始め、本好きで食いしん坊のくいな、メイド服が普段着で子供のような真雪、無口だけどスタイル抜群な千秋と、初回からさまざまなタイプの美少女キャラクターが登場した。口下手な少女が仲間と演劇部を立ち上げて......と聞くと青春熱血モノの匂いがするが、アニメ全体に漂うムードは大変"ゆるふわ"。皆で公園に出かけたり、お風呂に入ってのぼせたり、可憐(かれん)な少女たちの何気ない日常を描いている。

その"かわいくて癒やされる"世界観は、『ごちうさ』シリーズと通じるものがある。今も根強い人気を集める『ごちうさ』だが、2015年に第2期の放送が終了して以来、ファンは寂しい思いをしていた。そんな"難民"たちが『ひなこのーと』に『ごちうさ』の影を見いだしているらしい。Twitter上を中心に、『ひなこのーと』は、『ごちうさ』難民救済の場としてさっそく注目を集めている。

また、OPテーマ「あ・え・い・う・え・お・あお!!」とEDテーマ「かーてんこーる!!!!!」も「中毒性が高い」と話題を呼んでいる。どちらも劇団ひととせのキャラクターたちが歌唱を担当している楽曲で、いわゆる電波ソング的なユニークな曲調と詞が特徴。キャラクターたちが楽曲に合わせてダンスする映像も印象的だ。「とにかく頭を空っぽにして癒やされたい!」という人なら、『ひなこのーと』は要チェックだろう。

【無料配信】「ひなこのーと」最新話を金曜日0時更新>>

ひなこのーと プロモーション映像>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ