ここから本文です

三池崇史監督&木村拓哉がタッグを組んだ映画『無限の住人』(4月29日公開)。木村拓哉演じる、死ぬことを許されない「無限の体」を得てしまった伝説の人斬り・万次(まんじ)が、運命によって引き寄せられた少女・凜(りん)の敵討ちの用心棒として、壮絶な戦いに挑むアクション・エンタテイメントだ。

サムネイル

撮影担当の北信康氏=木村拓哉主演『無限の住人』(4月29日公開)


トレンドニュースでは、本作を支える技術者たちのインタビューを連載。それぞれの視点から『無限の住人』の魅力をお届けする。
第3回は、現場で撮影を担当するカメラマンの北信康さんに撮影のこだわりや、俳優・木村拓哉の魅力について話を聞いた。

【予告編映像】主演・木村拓哉、監督・三池崇史 映画『無限の住人』>>


GYAO!『無限の住人』特集>>

■汚くて粗い感じの絵を撮ることを心がけました

―― 本作に臨む際、三池監督とはどんなお話をされたのでしょうか?

北: 三池監督とは10本以上の作品を一緒にやっていますが、割と何も言わない人です。なぜかというと答えは台本に書いてあるからってことなんだと思います。台本を読んで、イメージして進めていって、監督が違うと思えば意見があるんです。

―― では、台本を読んで北さんはどんなコンセプトで撮ろうと思ったのでしょうか?

サムネイル
撮影担当の北信康氏=木村拓哉主演『無限の住人』(4月29日公開)


北: 今回は原作の漫画があるので、それに対してどうアプローチするか。原作のファンに支えられてこの映画があると思うので、そのイメージを考えつつも、縛られ過ぎてはいけないという......。僕なりの解釈でツルっとした感じではなく、汚くて粗い感じが作品の世界観にあっているのかなって。美しくに撮る必要はないと判断しました。

―― 美しく撮る必要はない、汚さとは?

北: 光の角度の入り方とか、色だとか、光量のバランスとか色々とあるのですが、観ていて暗いなって思っても、暗部を補っていかなかったり......。映画って、必要以上に見える必要がないんです。見えにくいなって思った瞬間、お客さんは「見よう」とフォーカスしていくことってありますよね。そこの境目をうまく使う感じです。

サムネイル
主演・木村拓哉、監督・三池崇史 映画『無限の住人』(4月29日公開)


―― 木村さんの雰囲気にも粗さが感じられました。

北: そうですね。これがコマーシャルならきれいに撮りますが、(木村拓哉演じる)万次を撮っている映画なので、作品のイメージにあった感じでやらせてもらいました。

■映画は想像するもの 白黒は究極のカラー

―― 本作では効果的にモノクロ映像が使われていますね。

北: 万次の過去と現在でカラーとモノクロを分けているのは、三池監督が持っていたアイデアです。ただ、最初は白黒というより、ちょっと色を抜いて欲しいというオーダーでした。僕の頭の中では白黒がいいなと思ったので、現場で白黒と色を抜いた2パターン作りました。そしたら三池監督が白黒を観た瞬間、「白黒がいい」って。ただ白黒って難しいんですよね。今の若い人たちにはどう映るんだろうという危惧はありました。

サムネイル
主演・木村拓哉、監督・三池崇史 映画『無限の住人』(4月29日公開)


―― モノクロっていいですよね。

北: 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』もモノクロバージョンをやりますよね。白黒って究極のカラーだと思うんです。テレビは説明するものなので分かりやすさって必要だと思うのですが、映画は想像するもの。必要以上に説明するのは嫌だし、1,800円払っているお客さんが、自由に想像できるものを提供していきたいですよね。その意味では白黒のアプローチは正解かなって思います。

■ 木村拓哉は自分の見せ方を知っている!

―― 撮影をしていて、主演の木村さんはいかがでしたか?

北: 木村さんの動きって素晴らしいと思います。リズムが良いというか、とにかくきれいなんです。モハメド・アリじゃないですが「蝶のように舞う」感じ。流れるようなのに、魅せるところは魅せる。緩急つけられるので、自然と編集もうまくいく。こういうことって教えても分からない部分でもあるので、天性のものなんでしょうね。感覚的に自分の見せ方を知っている。やっぱりスーパースターですよ。

―― カメラマンの立場から、好みの俳優というのはいますか?

北: 運動神経が良いというか、勘が良い人はいいですよね。カメラの動く方向を察知して、それに合わせて動くことによって、見え方まで理解してしまう人ってたまにいるんです。そういう人はスターって呼ばれるんじゃないですかね。

―― その意味では、本作は主役級のすごい俳優さんたちの集まりですね。

北: そうですね。みなさん研ぎ澄まされたオールスターという感じです。

―― 改めて見どころを教えてください。

北: アクションにも素晴らしいものがあるので観てもらいたいですが、基本的には人が人を思う気持ちを描いている作品。根底にあるその部分も注目して観てもらえたらうれしいですね。

(取材・文・撮影:磯部正和)

トレンドニュースでは、本作を支える技術者たちのインタビューを連載。
第4回は、衣装ヘアメイクを担当した、酒井啓介さんにお話を伺います。


【特別映像】木村拓哉演じる万次 「Who is 万次?」>>


【特別映像】戸田恵梨香演じる乙橘槇絵 大きなスリットが入った女剣士の姿>>


そのほかキャラクター特別映像>>

◆取材記事 バックナンバー
【インタビュー】木村拓哉、2017年、俳優としての決意新たに! 規格外アクションエンタテインメントに挑戦
【インタビュー】壮大なアクションシーン満載の『無限の住人』、殺陣担当・辻井啓伺が木村拓哉のすごさを語る
【インタビュー】『無限の住人』キャラクタースーパーバイザー前田勇弥、三池組&木村拓哉の魅力を語る
------------------
北信康(きた・のぶやす)
三池崇史監督とは、日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞した映画『十三人の刺客』をはじめ、『クローズZERO Ⅱ』や『一命』、『悪の経典』、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』でタッグを組んでいる。
座右の銘は「ケ・セラ・セラ~~(なるようになる)」

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ