ここから本文です

前クールに放送されて話題を呼んだアニメ『けものフレンズ』のブルーレイディスク付オフィシャルガイドブックの累計部数が12万部を突破したことがわかった。3月25日に発売された第1巻はすでに4刷、4月24日発売の第2巻も3刷が決定している。

サムネイル

提供:アフロ


【無料配信】第1話 さばんなちほー >>


『けものフレンズ』公式Twitterアカウントは4月20日、ブルーレイディスク付オフィシャルガイドブックが累計12万部を突破したことを発表。また、品切れが続いていた1・2巻の重版決定も報告した。発表によると、12万部はあくまで1巻と2巻だけの合計数であるとのこと。こちらは"ブルーレイディスクが付属するオフィシャルガイドブック"という仕様をとっており、1巻あたり3,780円と一般的なアニメのブルーレイディスク価格に比べて安価。そのため単純に部数を比較することは難しいかもしれないが、近年「アニメは円盤が1万枚売れたらヒット」と言われている中で、『けものフレンズ』は平均すると1巻あたり6万枚という驚異的な記録を叩(たた)き出した。

たつき監督も、この数字にはさすがに驚いたらしい。20日夜、「数字は未だに???状態ですが、最近何かにつけて、ここまできれいな事が世の中で起こるものなのか...という気持ちです、みなさんのおかげです。もうお客さんと一緒に巨大オーロラ見て『ヘぇー...』と口を開いてる感じ」と素直な思いをツイートした。

『けものフレンズ』は、動物たちがヒトの姿をした"アニマルガール"として暮らす"ジャパリパーク"を舞台に、迷子の"かばん"が、サーバルたちアニマルガールと冒険を繰り広げる物語。「すごーい!」「たのしー!」といったまねしたくなるセリフに加え、一見ほのぼのしているようで考察要素がちりばめられた物語が人気を集めた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ