ここから本文です

音楽プロデューサー・中田ヤスタカと人気漫画『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』による異色のコラボ楽曲「せいせせいせいせいせせいせい」が、ネット上で「中毒性が高い」と話題を呼んでいる。

サムネイル

(C)仲間りょう/集英社・磯豆奉行所


「磯部磯兵衛 with 中田ヤスタカで候」ミュージックビデオ??>>


週刊少年ジャンプ」で注目を集める異色の浮世絵ギャグマンガ「磯部磯兵衛物語」アニメ一覧>>

仲間りょうによる漫画『磯部磯兵衛物語』は、武士を志しながらも自堕落な生活を送る主人公・磯部磯兵衛が、戦闘最強にして最高の親バカな母と、個性が上滑りしている友人たちと共に暮らす、ノンビリとした江戸の日々を浮世絵風のタッチで描いたギャグ漫画だ。『王様はロバ~はったり帝国の逆襲~』『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』など、『週刊少年ジャンプ』の一番後ろを飾る"異色ギャグ漫画枠"を4年間守り続ける人気作品となっている。

そんな『磯部磯兵衛物語』と、その大ファンだという中田ヤスタカとのコラボユニット・磯部磯兵衛 with 中田ヤスタカによる楽曲「せいせせいせいせいせせいせい」のMVが4月24日に公開された。「せいせせいせいせいせせいせい」という意味不明なフレーズと、和のテイストを取り入れた中田ヤスタカ・サウンドが意外なマッチを見せている。Twitter上では、「せいせせいせいせいせせいせいが頭から離れない」「ずっとループしてる」と評判になっており、早くも中毒者が続出しているようだ。

PVの方は、磯兵衛が記者会見でコラボについて語るところから始まり、のっけから磯兵衛特有のムカツキかわいさを遺憾なく発揮している。オシャレでカッコいい曲と磯兵衛たちのムカツク表情や動きが混在する不思議なPVを、一度試しに見てほしい。

週刊少年ジャンプ」で注目を集める異色の浮世絵ギャグマンガ「磯部磯兵衛物語」アニメ一覧>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ