ここから本文です

グラミー賞受賞歴も誇るLAのロックバンド・weeezerのリバース・クオモとスコット・マーフィー(ALLiSTER/MONOEYES)が日本語で歌うプロジェクト、『スコット&リバース』(以下スコリバ)。あふれるJ-POP愛に満ちた楽曲は、J-POPサウンドがいかに親しみやすく奥深いのかを気づかせてくれる。4月12日には、miwaやPES (RIP SLYME)、キヨサク(MONGOL800)と、豪華なJ-POPアーティストをゲストに迎えた2ndアルバム『ニマイメ』をリリース。東京・渋谷WWW Xでのワンマンライブを前日に終えたばかりの2人が、フレッシュな目線でJ-POPの楽しさを語ってくれた。

サムネイル

アメリカ出身の2人が届けるJ-POP! スコット&リバース、2ndアルバム『ニマイメ』リリース


「変わらぬ想い with miwa」ミュージックビデオ>>


■自信満々で挑んだはずのライブで思わぬ失態!?

――最新アルバム『ニマイメ』を引っ提げて、都内でアコースティックライブやライブハウスでのワンマンライブ『ニマイメデショウ』がおこなわれました。

リバース: 「スコリバのライブには、若い女性がたくさん来てくれます」

スコット: 「ALLiSTERとMONOEYESのライブはファンが激しいけど、スコリバのほのぼのしたライブも楽しい」

サムネイル
weeezerのリバース・クオモとスコット・マーフィー(ALLiSTER/MONOEYES)が日本語で歌うプロジェクト、『スコット&リバース』


リバース: 「『ニマイメデショウ』のライブでは、とにかく曲を間違えないで弾くということに集中してパフォーマンスしました。10曲以上の新しい曲を、一気に歌って演奏したんです。でも、1stアルバム収録の『HOMELY GIRL』を歌ったとき、手拍子をしてお客さんを盛り上げようとしたら、歌詞を間違えちゃって......(苦笑)。自信満々でやったはずなのに、手拍子が難しくてちょっと......」

スコット: 「もう、リバース(笑)! 今回のリハーサルで『HOMELY GIRL』を1回しかやらせてくれなくて、あんなに自信満々でいたのにね(笑)」

■"真面目な"miwaとの共演にスコリバは"チャラチャラ"?

――普段はスコットが日本で暮らし、リバースがアメリカに住みながら、スコリバの活動をおこなっている。遠距離ながらも2人のJ-POP熱は留まるところを知らず......。

サムネイル
スコット&リバース、2ndアルバム『ニマイメ』リリース


リバース: 「僕には日本人の奥さんがいて、家に遊びにくる友達もだいたい日本人です。僕の家はアメリカにいても日本みたい。アメリカで暮らして他のバンド活動をする間も、いつでもスコリバのために曲作りをしています。基本的に僕がロサンゼルスで曲と英詞を書いて、その中からスコットが気に入った曲を選んで、僕の英詞を元に日本語の歌詞にしてくれる。でも、スコットは僕の英詞を日本語の歌詞にするのがすごく遅くて......(笑)」

スコット: 「スミマセン(笑)。僕は2年前に日本に引っ越してきたから、普段はアメリカに住んでるリバースと距離はあるけど、ロサンゼルスや日本でレコーディングしたり、別々にレコーディングしたものをメールで送り合ったりして、今回のアルバムができたんだ」

リバース: 「スコットは東京に引っ越してから、ますます日本人らしくなったと思う。2人とも、スコリバの活動を通して自然に日本人っぽくなっていってるのかな」

スコット: 「このプロジェクトのおかげで、今まで以上に日本語を勉強してるし、日本語がさらに深くわかるようになった。でもやっぱり、僕の日本語は完璧じゃないから、歌詞の言葉のチョイスにはすごく時間がかかります。ラブソングだったり友情についての歌だったり、曲のテーマによっても日本語の歌詞の書きやすさは違う。リバースの歌詞を見て英語に直訳せずに、自分の中でJ-POPのイメージに合うように考えて歌詞を書いているんです」

サムネイル
スコット・マーフィー(ALLiSTER/MONOEYES)


リバース: 「『ニマイメ』収録の『君はサイクロン』は、ベン・ギバード(ロックバンド、デス・キャブ・フォー・キューティー)と一緒に作ってやりとりを進めていく上で、最終的にすごく感情的なメロディーができて、邦楽っぽさが出せたと思う」

サムネイル
リバース・クオモ(weeezer)


スコット: 「『君はサイクロン』は最初、完成した楽曲とはかなり違いました。何度もやり取りを繰り返して最後の最後でもう一度サウンドを作り直してみたら、一気に邦楽っぽさが出ました。
今回、歌詞でJ-POPらしさを出すために大変だったのは、『ハミングバード』と『変わらぬ想い with miwa』。特に『変わらぬ想い』は、この曲を作るために、今まで以上にたくさんJ-POPの曲を聞いた。でも、『本音なんだ。』という曲は、リバースの英詞を日本語に訳すときも、タイトル通り"本音"が伝わるようにストレートな日本語で表現したんだ。そのおかげで、日本語の表現についていつもみたいに時間をかけて考える必要がなかったから、一番楽な気持ちで日本語の歌詞が書けたよ」

――もともと好きだったというmiwaと『変わらぬ想い with miwa』でコラボレーション。感動の初対面も果たした2人が感じたmiwaの魅力とは?

サムネイル
スコット&リバース、2ndアルバム『ニマイメ』リリース


リバース: 「miwaさんは、とても真面目なアーティストだと思います。スタジオで僕たちは緊張して、たくさん冗談を言ったりチャラチャラしたりしてたけど、miwaさんが歌い出した瞬間に、その歌声を聞いてすごく音楽に対して誠実なんだなと感じたよ」

スコット: 「リバースは、"チャラチャラ"という日本語好きだよね(笑)。日本に来る前から、miwaさんはすばらしい声を持っていて、すごくいいなと思ってたんです」

リバース: 「『Faith』という曲が特に良かったね」

スコット: 「初めてmiwaさんに会ったとき、すごく緊張した(笑)」

リバース: 「僕は最近、山ちゃん(お笑いコンビ・南海キャンディーズ山里亮太)に会えたこともスッゴク緊張した(笑)。フジテレビ系「テラスハウス」で知って、大ファンなんです」

■J-POPの魅力とは......「僕の音楽に自由を与えてくれた」

――日本や出身国のアメリカなどでも、それぞれのバンド活動で大きな成功を収めてきた2人。洋楽と邦楽両方のシーンで、本気の音楽活動にいそしむ2人だからこそ語れる目から鱗のJ-POPの楽しさとは?

サムネイル
スコット&リバース、2ndアルバム『ニマイメ』リリース


リバース: 「J-POPの大好きなところは、作曲家として曲の展開方法の自由度が高いところです。メロディーの大切さを思い出させてくれたから、僕の楽曲に対する表現の幅が広がったと思う。最近アメリカで流行ってる音楽を聞いていると、シンプルで同じような楽曲の展開が多いと感じています。楽しむ音楽の幅が狭くなってしまうことは、"アブナイ"ことだとも思います。アメリカだけで活動していたら、作曲家としての自由を僕にとってはあまり感じられません。スコリバは洋楽バンドとしての活動よりも、はるかにムーディーな曲を作れるからすごく楽しい! 今後は演歌もやってみたい! 他のアーティストともっとコラボしたいし、日本で長いツアーもしたい。もっといろんな邦楽のスタイルも取り入れたいです」

スコット: 「ビジュアル系もやってみたい。でも一枚のアルバムにやりたいことを全部詰め過ぎると、ただのおふざけバンドになっちゃうからやらない(笑)。それと今、日本で日本語のMCバトルが流行っているんだったら、僕も日本語ラップで参加してみたいな(笑)」

リバース: 「スコリバは、スコットと一緒に日本語でハーモニーを歌えるのが1番楽しくて気持ちいい。僕たちは、歌詞のイントネーションやピッチがすごく美しくマッチするんだ。

ニューガールみたいな曲の歌詞は、細かくリズムを刻んで歌っているから、日本語の早口言葉みたいで、挑戦しがいがあった。本当の邦楽スタイルをもっと突き詰めていきたいです。それに、日本の複雑な音楽にも挑戦してみたい。weezerのアルバム『ラディテュード』に収録されている楽曲『The Underdogs』で、ピアノを弾いてくれた原一博さんとまた一緒にやってみたい。木村カエラの楽曲『Butterfly』みたいな複雑なピアノを弾いてくれたんです。まったくアメリカの音楽スタイルにない曲だったから、すごく興味がわいたよ。それに、日本の紅白歌合戦にも邦楽アーティストとして出演したいと思っています」

スコット: 「今後は、全世界同時リリースもやりたい。パトリック・スタンプ(ロック・バンド、フォール・アウト・ボーイ)もスコリバを好きだと言ってくれるし、いろんなアメリカ人の友達も『何を言ってるのか言葉の意味はわからないけど、メロディーがいい』と言ってくれるから、世界中にもっとスコリバのJ-POPを届けたいと思ってるよ」

「Doo Wop feat.キヨサク(MONGOL800)」ミュージックビデオ>>


サムネイル
スコット&リバース、2ndアルバム『ニマイメ』リリース
Sony Music Japan International


サムネイル
スコット&リバース、2ndアルバム『ニマイメ』リリース
Sony Music Japan International


・・・・・・・・・・・
◆スコット&リバース
LAのオルタナティブ・ロック・バンド、WEEZERのリバース・クオモ(vo、g)と、ALLiSTER/MONOEYES等で活躍するスコット・マーフィー(b、vo)が、共通の友人であるエンジニアを介して意気投合! 2008年、日本を愛する2人が日本語歌詞で歌うプロジェクト<スコット&リバース>が誕生した。4年かけて制作されたデビュー作『スコットとリバース』では木村カエラの「Butterfly」にも挑戦。2017年4月12日に2ndアルバム『ニマイメ』をリリースした。
<座右の銘>スコット「郷に入っては郷に従え」、リバース「隣の芝生は青い」

(取材・文/岩木理恵@HEW)
(写真:中村好伸)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ