ここから本文です

"ダイヤの原石"という言葉でもまだ足りない。"くりもも"こと中学生モデルの栗田桃花は、12歳でレースクイーンデビューして話題を呼んだ他、昨年は「ナルミヤシンデレラオーディション2016」グランプリを受賞するなど、将来が楽しみな存在だ。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 中学生レースクイーン・栗田桃花)


12歳でレースクイーンになった中学生がポージング披露>>


■大原櫻子と西内まりやに憧れ

業界が騒然とした12歳でレースクイーンになった中学生>>


母親の知人の紹介でレースクイーンデビューし、ネット上でも美少女ぶりが話題になった栗田。「"レースクイーン"で検索したら、露出がすごい格好の女の人ばかりで不安になったんですが、肌を出さなくて大丈夫って言われたので、やってみることにしました」と明るく笑う。特技は3歳から習っているバレエで、ギターも練習中で、演技にも興味があって、さらに学校でも高成績をキープして......と絵に描いたようなスーパーガールだ。

栗田:「習い事の中ではバレエが一番好き! 体幹が鍛えられて姿勢も良くなるし、音感も良くなるし、モデルの仕事に一番つながっているかな。他にもシアターダンスっていう、ディズニーランドのダンサーさんが踊るようなミュージカルっぽいダンスがあるんですけど、それもずっと習っています。踊っている瞬間がすごく好きなんです」

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 中学生レースクイーン・栗田桃花)


ダンスの力が認められて、今春始動した、モデル・池田美優が監督を務めるチアダンスチーム、超チア部「TEAMマイティア」のメンバーに選抜された。ダンスという武器で見事チャンスをつかんだわけだが、チャレンジしたい分野は、まだたくさんある。

栗田:「ギターを習っているんですけど、エレキギターでレッスンを受けているから、アコースティックギターにも挑戦してみたいです。大原櫻子ちゃんや井上苑子ちゃんがアコギの弾き語りをしているのを見ると、すごくかっこいいなって思うので」

幅広いジャンルに興味を持つからこそ、マルチな活躍を見せている女性芸能人に憧れる。憧れの存在は、大原櫻子と西内まりや。

栗田:「だから演技もどんどんやっていきたいです。女優、アーティスト、モデルって全部やっている人たちを見ると、私も頑張らなきゃと思います」

■学校では意外とイジられキャラ?

現役中学生が語る同世代の恋愛事情>>


23年彼氏なしアイドルが中学生にリアル恋愛相談>>


ここまで聞いて、完璧ぶりに気おくれしてしまう人もいるかもしれない。しかし、栗田にだって悩みはある。赤ん坊の頃から芸能活動をしていても、いまだに緊張してしまうのだ。

栗田:「緊張しないときもあるんですけど、緊張しちゃうときは、足が震えたりして......。自分に自信がないのかも。もっと自分に自信を持てるようになりたいですね」

また、大人っぽいルックスの持ち主だが、クラスでは意外とイジられキャラだそう。

栗田:「学校では、でっかい声で笑うようなタイプなんです。あと2日に1回は食べ物こぼしちゃうから、ドジって言われちゃって(笑)。あと最近ではクラスでドッジボールがはやっていたから、皆とよく遊んでいたかな。クラスになじんでいるっていうのは自分でも思います。お仕事があるから早退することもあるんですけど、皆とくに僻(ひが)みとかはなくて、『いってらっしゃい!』『東京どうだった?』みたいな感じで協力的なんです。だから学校は大好き!」

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 中学生レースクイーン・栗田桃花)


美少女モデルのマイブームがドッジボールだったとは......。良い意味で"普通"な性格は、仕事が忙しくなっても静岡暮らしを続けているところにあるのかも。

栗田:「静岡って都会じゃなくて、結構自然の多い田舎だから、そこが関係しているのかなぁ。地元愛は強いです。やっぱり静岡が一番って感じで本当に地元が大好きなんですよね。だから『静岡って言ったら、くりももちゃん』みたいな存在になれたらいいなと思います。あとはバラエティにも出てみたいです。私は勉強も嫌いじゃないので、バラエティの中でもとくにクイズ番組が楽しそうだなって。早押しクイズやってみたいです! これからもいろんなことにチャレンジして、将来も芸能界でお仕事をしていけたらいいなと思っています」

MCがア然とした中学生の「ウソ告」とは>>


その他の出演番組>>

・12歳でレースクイーンになった中学生が学校で友達と......
・静岡では学校の給食に◯◯が付いてくる

◆栗田桃花(くりた・ももか)
2004年3月30日生まれ、静岡県出身。身長154cm。赤ん坊の頃からモデルとして活躍。近年は「キラ☆チャレ2015」ファイナリスト、武田コンシューマーヘルスケア「アリナミン」CM出演、「ナルミヤシンデレラオーディション2016」グランプリなどで知られ、超チア部「TEAMマイティア」メンバーとしても活動中。
座右の銘は、小学生の担任によく言われた「失敗は成功のもと」。

(取材・文/原田美紗@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ