ここから本文です

人気ガールズバンド・SILENT SIRENは、メンバー全員が読者モデル出身の4人組。本気で挑んだ音楽活動は、今やガールズバンド史上最速での武道館公演を果たし、世界6都市開催のワールドツアーも成功させている。昨年末にレーベル移籍を発表し、今年5月24日には移籍第2弾となるダブルAサイドシングル「AKANE /あわあわ」をリリース。ガールズバンドの代表格に急成長を遂げたSILENT SIRENは、今後どんな道を切り開いていくのか?

サムネイル

SILENT SIREN、ダブルAサイドシングル「AKANE /あわあわ」を5月24日リリース


【無料配信】「Silent Siren」これまでのヒット曲を一挙に配信中>>

【先行公開】5月24日発売、「AKANE /あわあわ」から「AKANE」ミュージックビデオ>>


■最新曲は"泣きメロの宝庫"と"ポップ全開"のダブル推し

ひなんちゅ(Drums): 「今年3月にレーベル移籍第一弾シングル『フジヤマディスコ』をリリースしました。移籍後も、4人でスタジオに入って曲作りをすることは以前から変わらないので大きな変化を感じてはいませんが、日々"成長したい"という気持ちは強まっていく一方です」

すぅ(Vo&G): 「移籍後第2弾になる、今回のシングル『AKANE』は、MBS/TBSドラマイズム『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』のエンディングテーマとして書き下ろしました。このドラマは "ゲームを通じて親子の間にできた壁をなくしていく"というテーマだったので、"家族愛"について歌っています。どんな立場の人が聞いても自分の曲として聞きやすいように、あえて"私"や"お父さん""お母さん"という言葉は入れませんでした。お父さん世代が聞いても私たちと同年代が聞いても、心に響く曲にしたいと思って作りました。私にも反抗期があったし、歌詞の内容と自分が重なる部分もあります。この歌の力で、日ごろ言いたくても言えない親への感謝の気持ちを伝えたり、親子の溝を埋めるきっかけになってくれたらうれしいです」

サムネイル
SILENT SIREN、ダブルAサイドシングル「AKANE /あわあわ」を5月24日リリース


ゆかるん(Keybords): 「『AKANE』は歌詞もグっとくるんですが、間奏部分のメロディーだけでも泣かされるくらい良いメロディーなんです。間奏部分で、お父さんとの思い出や家族への気持ちが溢(あふ)れてくるような曲の流れになっているので、演奏している自分自身も心に込み上げてくるものがあります」

あいにゃん(Bass): 「ダブルAサイドの曲『あわあわ』は、ワクワクするような音作りを意識しました。NHK Eテレ 科学(?)エンターテインメント番組『すイエんサー』のための書き下ろしで、中高生の女の子たちが謎を解決していくのをテーマにした歌詞にしています。子どもから大人まで耳に残るようなフレーズにしたくて、歌詞を書くのはすごく悩んで苦戦して。でもそういう自分の感情さえも曲に盛り込んじゃって、最終的には元気が出るような曲になりました。
ゆかるんは今まで使ったことがないビブラスラップという楽器を使ったり、レコーディング現場では実際に風船を割る音やパーティー用のクラッカーを使ってレコーディングしてすごく楽しんで制作できました。家にある身近なものを使って音を鳴らすことで、小さな子どもたちもまねして楽しんでほしいですね」

■音を重ね続けて築いたバンドの一体感

サムネイル
SILENT SIREN、ダブルAサイドシングル「AKANE /あわあわ」を5月24日リリース


すぅ: 「私が思う"SILENT SIRENらしさ"は、バンドとしての柔軟性ですね。音楽性もバラードからポップ、ロックまで幅広いジャンルがみんな大好きなんです。演奏以外の場面でも息が合う瞬間は多いです。バンド活動で培ってきたお互いへの信頼感もあるし、4人それぞれの役割や立ち位置を理解し合えているからこそ柔軟な活動ができていると思っています」

ひなんちゅ: 「私は自分の仕事が休みでも、他の人が仕事をしているときは遊ばないようにしているんです」

すぅ:「えー! 遊びに行ってよー!」

ひなんちゅ: 「(笑)たとえ遊びに行ったとしても、他のメンバーが汗水たらしてがんばっているときはそこで良い歌詞を書くとか、自分も仕事のことを意識していますね。他のメンバーも、仕事が入っていない日に各自で楽器の練習をしていることはわざわざ口に出して言わなくてもスタジオで音を合わせればわかります。カッコつけて言えば "普段の生き方"が音に出るので、一緒に演奏することでお互いのことを理解できている気がします」

サムネイル
SILENT SIREN、ダブルAサイドシングル「AKANE /あわあわ」を5月24日リリース


あいにゃん: 「私は自分のベースの音や色を塗り替えたりしてカスタマイズするのが大好きなので、他のメンバーが楽器の話をしていると妙にうれしくてバンドとしての一体感を感じますね。それぞれが楽器とじっくり向き合って、自分の楽器に誇りを持っているのを見るとすごくテンションが上がります(笑)」

ゆかるん: 「私は洋服屋のショーウインドーに飾られているマネキンとか、何かが4つあると毎回サイサイメンバーを当てはめちゃって(笑)、そんなときにバンドの一員なんだなとしみじみ実感します(笑)。自然にいつもメンバーのことを考えちゃいます」

■過去最大規模のツアーの先に目指すものは?

サムネイル
SILENT SIREN、ダブルAサイドシングル「AKANE /あわあわ」を5月24日リリース


初の日本武道館2DAYS公演を含む、サイサイ史上最大規模19箇所26公演の全国ツアーが6月から11月までおこなわれる。

ひなんちゅ: 「ここ何年か海外でもライブを行うようになったんですが、国によって反応が全然違うんです。当日ステージに立つまでは予想がつかないことも多いのでスリルがあります。昨年初めて行ったアメリカや上海は、盛り上がると思っていた所が外れてしまった場面もあって......。MCでどれだけその国の言葉が話せるかも大切だと思いました。音楽作りや演奏の面以外でも頑張らなきゃいけないと全員が実感しています。海外では、日本でライブをやる観点と同じではないので、他の日本人アーティストがどんなことをしたら各地で盛り上がったのかチェックするようになりました。日本でも海外でも、ファンにもっと楽しんでもらいたいです」

ゆかるん: 「次のツアーには、移籍のタイミングでSILENT SIRENの存在を知ってくれたような新しいファンにもぜひ来てほしいです。私たちのライブを実際に体験してほしい! ライブハウスはファンのみんなと距離が近いのでとても楽しみです」

あいにゃん:「私たちの演奏技術も上がってきているので、6月から始まるツアー『新世界』でさっそく発揮したい! 演奏面でもみんなを驚かせたいです」

すぅ: 「公演を重ねるごとに私たち自身がファンの皆さんと一緒にどんどん変化していくことも楽しみです。序盤のライブハウスはがっつりバンドらしい曲を演奏して、ホールではエンターテインメント性の高いパフォーマンスをやります。家族で来てくれる人も増えているので、テーマパークのような雰囲気にもできたら。実は移籍第一弾シングル『フジヤマディスコ』は、私たちの新たな決意表明の曲だったんですが、今後は富士山のように"日本で一番"と思われるようなガールズバンドになりたいです」

ひなんちゅ: 「ツアーは半年弱あるんですが、恐らく一瞬で11月の武道館2daysまで駆け抜けてしまうんじゃないかと思っています。毎日を楽しく、一瞬一瞬を大事にしていきたい。全公演をソールドアウトにできたら一番うれしい! 過去最大規模のツアーを成功させて、さらにその先には地上波テレビのゴールデンタイムで私たちの冠番組もやってみたい! ガールズバンドの可能性をSILENT SIRENでもっと広げていきたいんです」

サムネイル
SILENT SIREN、ダブルAサイドシングル「AKANE /あわあわ」を5月24日リリース


【無料配信】「Silent Siren」これまでのヒット曲を一挙に配信中>>

◆SILENT SIRENプロフィール
Vo&G.すぅ(吉田菫 よしだ・すみれ)、Dr.ひなんちゅ(梅村妃奈子)、Ba.あいにゃん(山内あいな)、Key.ゆかるん(黒坂優香子)4名からなるガールズバンド。2012年11月、シングル「Sweet Pop!」でメジャーデビュー。通称"サイサイ"として親しまれ、原宿を中心に女子中高生に人気が広がり、LINE公式アカウントの登録者数は52万人を超える。2014年に初となる海外進出公演を果たし、その後着々と海外のファンも増やしている。 2016年年末の「Dream on!」東京公演にて、ユニバーサルミュージックEMI Recordsへの移籍を発表。同時にロゴ、バンド表記を全大文字へと一新。2017年3月1日には移籍後第1弾シングル「フジヤマディスコ」をリリースした。

<座右の銘>すぅ「為せば成る為さねば成らぬ何事も」ひなんちゅ「待つの」あいにゃん「悔しさをバネに」ゆかるん「七転び八起き」

(取材・文/岩木理恵@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ