ここから本文です

最新アルバム『LOVE BEBOP』を引っ提げ、昨年12月にスタ-トしたツア-は、2月に横浜で千秋楽を迎えた。ここに記録されたのは、その横浜アリ-ナ最終日のパフォ-マンスである。会場には収録のための機材が多数設置されたが、「これほどカメラを意識せず歌ったことはなかった」と、そう彼女は言った。この言葉通り、持ちうる最上のポテンシャルが、自然なままに記録されたのが、この映像作品だ。1分1秒余すところなく、彼女のLIVEの醍醐味(だいごみ)を、その瞬発力や表現の奥行きを含め、リアルに伝えるのだ。

サムネイル

MISIA(LAWSON Presents THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to youより)


【LIVE映像】 「LOVE BEBOP」(THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOPより)>>


-- 約4年ぶりの開催となった"THE TOUR OF MISIA"は、最新アルバム『LOVE BEBOP』を中心としたものでしたね。

MISIA: 本当は、もっと早くライヴでお聴かせしたかったんですけど。

-- アルバムがリリ-スされた昨年は、まず生演奏主体の"星空のライヴ"の開催でした。

MISIA: なのであの時は『LOVE BEBOP』の曲は取っておいたんです。実は楽曲制作をしていた時から「今回のアルバムは、"THE TOUR OF MISIA"として表現するのが一番いいだろう」というのもありましたので......。さすがに"星空のライヴ"では、打ち込みの曲をどっかんどっかんやるわけにもいきませんしね(笑)。その後、やっと体勢が整って、このツア-をスタ-トさせたのが2016年12月のことでした。

【LIVE映像】 「オルフェンズの涙」(THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOPより)>>


-- 新作を中心に据えるとはいえ、具体的なセットリストはどう考えていったのでしょうか?

MISIA: 今回、伝えたいメッセ-ジを代表する作品だと思えたのが、まずタイトル曲の「LOVE BEBOP」なんですよ。だったら「この曲からスタ-トするのがいいだろう」と、そこから全体を組んでいきました。

-- もちろんライヴは緩急も大切でしょうが。

MISIA: そうですね。例えば「LOVE BEBOP」のような、打ち込みと生の音が成熟した形で合わさった演奏から一転してズバッと生だけの音になるシ-ンとか、その辺りは私が20年近く音楽をやってきたからこその"見せ場"だと思ったし、ダンサ-やバンドがカッコ良くキメたあとに、今度は私がやりかえすみたいなバトルとかも(笑)、ツア-を始めた頃はあそこまではできなかった。ああした場面が自然に生まれるのも、ここまでやってこれたからこそでしょうけどね。ジャンル的にもソウルが根底にありつつ、R&B、HIP HOP、そしてハウス、もちろんバラ-ドも歌いますし、さまざまに及んでいきましたがその全てをやれる場所が"THE TOUR OF MISIA"でもあるんです。

【LIVE映像】「白い季節」(THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOPより)>>


-- バトルといえば、「真夜中のHIDE-AND-SEEK」の後半とか、まさに両者の丁々発止が素晴らしかったです!

MISIA: ありがとうございます。すごくうれしいです。

-- ステ-ジでパフォ-マンスしていて、客席の景色として印象に残っている場面とかありますか。

サムネイル
MISIA(LAWSON Presents THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to youより)


MISIA: それはたくさんありますけど、あえて言うなら「あなたにスマイル:)」を歌った時ですかね。すごくハッピ-な高揚感のある曲ですけど、歌うとお客さんが泣いてくださるんです。笑顔のまま泣いてくださるんですよ。この歌は、スマイルを届けたい人のこと、最後に順番に歌っていくんです。親だったり友だちだったり......。今日会場に来てくれた人はもちろん、東北の人や熊本の人......、日本中に、世界中に向けて......。具体的にどんどん出していくんですけど、そこに生まれる人と人がつながっていることの高揚感、一体感を、特に各会場で強く感じたのが今回のツア-でもありましたね。

-- 時はさかのぼりますが、そもそもMISIAさんにとって、どんな思いから始まったのが"THE TOUR OF MISIA"だったのでしょうか。

サムネイル
MISIA(LAWSON Presents THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to youより)


MISIA: 自分が大好きでやりたいと思っていた音楽は、クラブと呼ばれる場所で楽しまれているR&BやHIP HOPだったんです。でも十代の頃は未成年が入れない場所もあって、そんな時は親について来てもらってまでそれらのカルチャ-に触れようとしましたけど。

-- 生半可じゃない、真剣な思いだったんですね。

MISIA: 踊る人は踊るし、でもそれだけじゃなく、そこには音に身を任せてひとりひとりが自由に楽しめる雰囲気があってそれが魅力でした。そんな音楽をやりたい! と最初からコンセプトを持って、しかもアンダーグランドの方々にサポートしてもらいながら私はデビューをしたんです。

-- 当初からやることの目標が、はっきり定まっていたわけですね。

サムネイル
MISIA(LAWSON Presents THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to youより)


MISIA: 私のデビューライヴはクラブでしたしね。私のプロデュ-サ-は、アンダ-グラウンドだったクラブ・カルチャ-を"なんとかメジャ-にしていこう!"という思いがあった人で、クラブツア-、ライブハウス、ホ-ル、そしてアリ-ナと、その後どんどん大きな場所で歌えるようになりましたけど、どんな場所でもそこを巨大なクラブやディスコに変える! というコンセプトを一貫して持っていらっしゃいました。いわば、そのコンセプトに名前がついたものが "THE TOUR OF MISIA"なんです。アンダ-グラウンドといえば、私のステ-ジには既に19年前にドラァグ・クイ-ンに登場してもらっているんですよ。アリ-ナ・クラスの会場でそんなことしたのは「日本ではMISIAが初めてだ」って、その方々から言われたりもしました。

-- しかし今回、デビュー20周年を前にして、いったん"THE TOUR OF MISIA"を終了させるそうですね。理由はなんだったんですか?

MISIA: 当初はそうした目標を掲げつつやり始めましたが、あれから時間もたちましたし、オ-ディエンスの人たちも当時はアンダ-グラウンドだったものにもたくさん触れる機会を得てなじんだだろうし、だから私たちの願いもそろそろ大成したんじゃないかと思ったからなんです。もちろんここで"完結"というわけではないですけど、ひとつの区切りを迎えたんだな、という感覚はありました。なのでいったん "THE TOUR OF MISIA"は終了なんです。

-- さて最後ですが、このツア-を通じて一番伝えたかったことを教えていただけますか。

サムネイル
MISIA(LAWSON Presents THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to youより)


MISIA: 伝えたいことは、まさに『LOVE BEBOP』の中にあって。この曲に出てくる"LOVE IS LOVE"という言葉は2015年の6月に、アメリカ全州で同性婚が認められた時に掲げられたメッセ-ジなんです。"愛は愛なんだ"って、多様な生き方を肯定し応援する姿勢にすごく感動して、そこからインスピレーションを受けて歌詞を書きました。でも最後に歌った「花」にしても「LOVE BEBOP」同様に、多様な生き方を応援している歌だと思っています。この2曲はサウンド的には対極ですけど、メッセ-ジは一緒です。根本のところではね。

-- オ-プニングとエンディングに、そんな意味合いの歌を置いたわけですね。

MISIA: そういう意味でこのツア-は、ト-タル的にもコンセプチュアルにまとまったかなって、そう思うんですけどね。

-- さて、20周年に向けて、これからのことを......。

MISIA: いったん"THE TOUR OF MISIA"は終了しますけど、「終わっちゃったな」っていうよりここからさらに羽ばたこうとしていますし、こうしてやりたかったことが実現してみるとむしろ今まではそのことに"縛られていたんだな"という気持ちにもなりますから。なのでこれからは、ここに何かを付け加えるのもヨシ、より自由になるのもヨシ、という感じですかね? ここまで19年やってきて、さらに20周年に向けて今年はいろいろな音楽に触れたいし、いろいろなミュ-ジシャンともやりたいし、楽曲も作って、特に最終形を決めず、さまざまな"化学反応"を楽しんでみたいなと思ってます。日々をワクワクしたものにしたいです。

-- 既に発表されている予定としては、7月の「MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2017」がありますが、こちらも楽しみに当日を待ちたいと思います!

【LIVE映像】 「CATCH THE RAINBOW」(THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIAより)>>


【LIVE映像】 「LIFE IN HARMONY」(THE TOUR OF MISIA JAPAN SOUL QUESTより)>>


【LIVE映像】 「THIS IS ME」(THE TOUR OF MISIA JAPAN SOUL QUESTより)>>


【LIVE映像】 「逢いたくていま」(THE TOUR OF MISIA JAPAN SOUL QUESTより)>>


(取材・文/小貫 信昭)

<プロフィール・MISIA>
長崎県出身。小さな体から発する5オクターブの音域を誇る圧倒的な歌唱力は「Queen of Soul」と呼ばれ、国内にとどまらず、その歌声はASIAを越え世界でも賞賛の声を浴びる。ジャパニーズR&Bの先駆者であり、バラードの女王としても君臨。15周年記念ツアーでは全77公演を実施し、2018年のデビュー20周年を目前に精力的な活動を続ける。

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ