ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。5月20日の放送では、元天才子役で女優の斉藤こず恵が登場しました。

サムネイル

斎藤こず恵, Nov 27, 2014 : 「第26回スリムクイーンコンテスト」 審査員(写真:MANTAN/アフロ)


「有吉反省会」最新話を無料配信中>>


■太っては痩せる"ダイエット商法"を反省

かつてはNHK連続テレビ小説「鳩子の海」でヒロインの子供時代を演じ、さらに楽曲「山口さんちのツトム君」が大ヒットし、日本中に知られた天才子役。その斉藤の反省は、「太っては痩せ、太っては痩せを繰り返す『ダイエット商法』で仕事をゲットしている」こと。「ダイエットは60回以上している」そうです。

スタジオでは、「最高57kg落としたことがある」と告白。過去の「ダイエット商法」では、テレビで「ジェットコースターに乗り続ける」「プロレスラーにジャイアントスイングをかけてもらう」などのトンデモダイエットに挑戦したそうですが、きちんとウエストが細くなったそうです。

■バカリズムとのキス直前に斉藤が......

斉藤いわく、外国人にモテるそうで、一度の結婚も国際結婚(その後離婚)、11カ国の男性と付き合ったことがあるそうです。「恋は好き」と言う斉藤に、MCでお笑い芸人の有吉弘行が日本人とはどうなのかとたずねると、若手俳優から「キスの練習させてください」と言われると明かしました。その流れで、お笑い芸人のバカリズムにキス指導する流れに。ところがキスする直前に斉藤が"あること"をしてしまい......。指導後、バカリズムからは「安い風俗に行ってしまったよう」との感想が述べられました。

そんな斉藤への禊(みそぎ)がまたすごい。斉藤にはたして可能なのでしょうか。その検証もバッチリおこなっています。

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ