ここから本文です

"けん玉"が海外でクールだと注目されているらしい......。それだけぼんやりと知っている人は多いかもしれないが、実際ストリートでけん玉はどのように楽しまれているのか!? ヒップホップグループ・スチャダラパーのBoseとアイドルの小池美由が、奥深きけん玉の世界をのぞいた。

サムネイル

(C)GYAO!


【映像】想像を超える「けん玉パフォーマンス」(完全版)>>


5月22日に映像配信サービス「GYAO!」にて公開されたトークバラエティ「さきどりBose」では、世界的に活躍するけん玉パフォーマンスユニット・ず~まだんけがゲスト出演し、けん玉の魅力を紹介した。

自由自在にけん玉を操る、まるでダンスのようなず~まだんけのパフォーマンスに、MCのBoseと小池は驚きっぱなし。Boseは「すげー!」を連発し、「思っていたのと全然違った。ここまで動くんですね」と称賛。パフォーマンスの幅を広げるために糸を切ったという、斬新なスタイルのけん玉にもびっくり顔だった。

けん玉は海外ではスノーボードやスケートボード、サーフィンなどの関連グッズとして扱われ、ストリートカルチャーとして支持されているそう。番組では、カラフルなイマドキのけん玉や、オシャレなけん玉専門店も紹介された。さらに「静止系」や「ひも系」、「空中系」、「スパイク系」といった技の種類を学んだ上で、Boseと小池が"トメケン"という技に挑戦する一幕も。けん玉イコール古き良きオモチャというイメージを抱く人にとっては、何から何まで「本当に!?」と言いたくなる話題、パフォーマンスが続いた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ