ここから本文です

ロックバンド・LUNA SEAが、バンド結成記念日となる5月29日に東京・日本武道館にて一夜限りのスペシャルライブを開催する。その記念すべき日への思いを、メンバーそれぞれが語ってくれた。

サムネイル

「LUNA SEA The Anniversary 2017 5.29 日本武道館」をスカパー!のフジテレビNEXT ライブ・プレミアムで完全生中継


【無料配信】LUNA SEA、ミュージックビデオを一挙配信中>>

LUNA SEAは2000年12月の東京ドーム公演をもって"終幕"を迎えたが、2010年に本格的な再始動を果たし、東京ドーム3daysを含むワールドツアーを成功させた。2013年12月には、約13年半ぶりとなるオリジナルアルバム「A WILL」をリリースし、終幕以来となる全国ホールツアーを敢行。2015年にはバンド結成25周年の集大成として、自身初の主催フェス「LUNATIC FEST.」で話題を集めるなど、精力的に活動を続けてきた。

そして今年2017年、バンド結成記念日である5月29日に、一夜限りの日本武道館公演開催が決定。5月29日という特別な日、武道館という特別な会場、そしてその日のライブへの思いを、メンバーそれぞれが以下のように語ってくれた。

RYUICHI: 当然、みんなが聴きたい曲はありますから、それはみんなと共に歌いたいし聴いても欲しいし、メンバー5人もより強固にグルーヴしていきたいと思う。でもどこかで未来が垣間見えてくるようなチャレンジも散りばめながら、また未来を紡いでいく、そんな5月29日になったらいいなと思っています。

SUGIZO: 1日限り超満員の武道館を、その日は地球上で最も熱く美しい場所にしたいと思います。過去のCDとか作品はありがたいけど、それより今のLUNA SEAの音を聴いて欲しい。
本当のロックバンドの心地良さとか、旋律、衝撃、感動、喜びが、LUNA SEAのライブに来てもらえれば体験できるはずです。

INORAN: 大事にしてきた日だし、また武道館で出来るというのはすごく嬉しいことです。月並みですが、楽しかったなってみんなが思って、自分もそう思えるような時間を過ごせればいいなと思っています。

J: がむしゃらにその都度その都度、その局面その局面、5人でぶつかり合いながら一つのものを作り上げてきた、その連続というかその歴史というか。そういう意味では5月29日というのはいろんなことを感じさせてくれる日です。

真矢: LUNA SEAの誕生日ですからね。僕はLUNA SEAのメンバーですが、僕たち5人がやっているんじゃなくて、何か特別大きいLUNA SEAというものがあって、僕はその中のひとつのパーツだと思っているので、みんなでLUNA SEAをお祝いしたいと思っています。

そんなメンバーの言葉からも、今回のライブは特別な日に、特別な場所で、特別な思いが込められた中、現在進行形のLUNA SEAが思う存分に堪能出来ることは間違いなさそうだ。

サムネイル
「LUNA SEA The Anniversary 2017 5.29 日本武道館」をスカパー!のフジテレビNEXT ライブ・プレミアムで完全生中継


残念ながら、チケットは発売開始した瞬間に完売となってしまったが、この「LUNA SEA The Anniversary 2017 5.29 日本武道館」は、スカパー!のフジテレビNEXT ライブ・プレミアムにて5月29日18時30分~21時30分にて完全生中継で放送される。それに先駆け、スカパー!LUNA SEA特集サイトでは、メンバーコメント動画も公開中なので、そちらも是非チェックしてみよう!

【無料配信】LUNA SEA、ミュージックビデオを一挙配信中>>

「ROSIER」ミュージックビデオ(1994/07/21 RELEASE)>>


「DESIRE」ミュージックビデオ(1995/11/13 RELEASE)>>


「STORM」ミュージックビデオ(1998/04/15 RELEASE)>>


【LIVE映像】「ROSIER」(LUNA SEA LIVE TOUR 2012-2013 The End of the Dream at 日本武道館 より)>>


【LIVE映像】「I for you」(LUNA SEA LIVE TOUR 2012-2013 The End of the Dream at 日本武道館 より)>>


【LIVE映像】「END OF SORROW」(LUNA SEA LIVE TOUR 2012-2013 The End of the Dream at 日本武道館 より)>>


(文/上野澪@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ