ここから本文です

グラビアアイドルの活動を行いながら、「ゲーム実況動画」でも人気を集める水沢柚乃。自撮りの水着やコスプレなどのセクシー写真でアイドル人気を集めながら、そのイメージを覆すゲームの超絶テクニックでも知られている。そのゲームへのこだわりは、知れば知るほど驚かされるばかりで......。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 グラビアアイドル×ゲーマー・水沢柚乃)


「グラビアアイドル×ゲーマー」水沢柚乃の過激な生活ぶり>>


黒髪清楚系美女の高校時代のギャル姿を公開>>


■19歳にして"過激"と言われることも

「私は今、グラビアアイドルをやっていますが、最初はあまり興味がなかったんです。たまたま見つけたアルバイトとして、撮影会のモデルをやったことが今の仕事につながって、高校3年生から事務所に所属して、グラビアアイドルの活動を始めています。今はすっかり"グラビア好き"ですね(笑)。Twitterに自撮りの写真をたくさんアップしているんですが、私はちょっと露出狂かも(笑)。まだ19歳なので、私に対して"過激"という言葉が使われたりしていて、自分でもちょっとマズいかなと思う時もあります(笑)。でも鏡の前でどれだけセクシーに撮れるか工夫しているんですよ! 家族もグラビアアイドルの活動を応援してくれています」

ゲームとグラビアで両立できないことが意外>>


「グラビアをやりながら、子どもの頃から大好きなゲームを生かして、ネット上に"ゲーム実況"の動画をアップしているんです。親も親戚もみんなゲーム好きだったので、世代は違うんですが、ファミコン(ファミリーコンピュータ)も幼稚園くらいからやっていました。ゲーム実況は中学2年生の頃に見て、そこから自分もやってみようと思いました。なんとなくアップしただけなんですが、予想外に見てくれる人が多かったんですよ。自分が好きなゲームの会社からお仕事いただけると、めちゃくちゃうれしいですね!」

■ゲームに熱中し過ぎでアイドルらしさ吹き飛ぶ!?

「ゲームなしでは、自分の人生をまったく楽しいと感じないかもしれません。もし明日この世からゲームが消えてしまったら、次の日は寝続けると思います。『起きる価値ない』と思っちゃいます。せめて夢の中でゲームしたいです(笑)。お仕事としてゲーム実況を日中にやって、23時頃家に帰ってからも夜中の4時くらいまでやることがあります。本当に1日中ゲームばっかりやっていますね。しかも、プライベートでゲームをする時も誰も聞いてないのに癖でつい実況しちゃうんです(笑)。ゲーム実況をしている時はアイドルであることを忘れられる瞬間です。ただ、ゲームに集中し過ぎて目を細めて口が半開きになった状態で、手だけめちゃくちゃ速く動いている......というヤバイ状態になってしまうこともあるので、本当はゲーム中もアイドルである自覚を忘れちゃいけないのかも(笑)」

「私は旅行先でも行っちゃうくらい、ゲーセン(ゲームセンター)も大好きなんです。高校に入って最初の頃はあんまり友達ができなかったので、なんとなくゲーセンに行って、そこで"音ゲー"(音楽ゲーム)にハマりました。旅行に行くときは、観光本を買って出かけるんですが、ゲーセンは地方によってボタンの中に入っているバネが違うので、ボタンの固さが違うんです(笑)。同じゲームでも、ボタンを押した時に跳ね返ってくるかこないかが変わります。単純にゲーム機が人によく使われているかいないかでも違うし、ゲーセンによって設定が違うこともあるんですよ。ちなみに私は固めのボタンが好きです(笑)」

■負けず嫌いがゲーム上達の秘訣(ひけつ)?

「自分で自信があるというか、皆さんからは『おなかと太もも、へそが好き』とよく言われます。私が所属していた声優アイドルユニット"マジック&メイデン"時代には、ダンスレッスンもやっていたので、今でも体形を維持するために腹筋はやっているんですよ。食生活は、体形維持のためというよりは1日中ゲームに熱中しているので、1日1食でラーメンやご飯をがっつり食べています。グラビアアイドルの活動で一番楽しいのは、体のラインが自分とは思えないほど奇麗に撮ってもらえたときですね」

「今19歳なのですが、私は10代のままで止まっていたいです。あっという間に20歳になっちゃいそうで、10代が終わってしまうのは実はすごく怖いんです。でもいざ20代に突入したら、セクシーなお姉さんを目指します! ゲームを通して私のことを知ってくれた人も多いと思いますが、グラビアの仕事は今後も続けていきたいです。DVDや写真集もリリースしていきたいと思っています。私は負けず嫌いなので、勝つまでは寝ないでゲームをし続けちゃったりしたのがゲームの上達につながりました。グラビアの方も、さらにポージングを工夫したりして、頑張っていきたいです!」

◆水沢柚乃プロフィール
1998年2月20日生まれ、静岡県出身のグラビアアイドル。趣味は、ゲーム(全般)、ゲームセンター通い、絵を描くこと、ラーメン食べ歩き、コスプレをしてTwitterに載せる事。特技もゲーム全般(サウンドボルテックス、ドラムマニア、ユビート、ダンスダンスエボリューション、ドラクエ、チュウニズム、maimai、Cytus、ストリートファイターV)。セクシーな自撮り写真がアップされるTwitterは注目の的になっている。
<座右の銘>勝つまでやれ


その他の出演番組>>

・インリンを超える逸材と話題のグラドル
・19歳の美女ゲーマーが実況を始めた訳
・ゲーム実況とグラビアにファンの反応は?
・ゲーム好きグラドルが地方に行くと......

(取材・文/谷本美花@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ