ここから本文です

お笑いコンビ・レッドガオは、昨年末のテレビ朝日系「アメトーーク!」特番で人気企画「ザキヤマ&フジモンがパクりたい-1グランプリ」に出演して話題を呼んだ。そこから「置いとくんかい!」のフレーズが印象的なリズムネタ芸人として精進を続けている......と思いきや、最近ではEXILE公認ネタ芸人として活躍中!?

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 EXILE公認ネタ芸人・レッドガオ)


ダンス経験0なのに、見た目EXILEダンスが踊れていてすごい>>


EXILE・HIRO公認のダンス芸人がイケメン>>


■「アメトーーク!」出演の反響は微妙

「パクりたい-1グランプリ」は、FUJIWARAの藤本敏史と、お笑いタレント・山崎弘也が"パクりたい"と感じた芸人たちが出演する人気企画。大ブレーク中の永野を輩出したことで一層人気が高まり、若手芸人の登竜門として注目されている。そんなコーナーへの出演が決まったときの感情は、"安堵(あんど)"だったという。

赤壁裕樹:「ちょっとはメンツ保てたかなと安心する気持ちが強かったですね。事務所の同期のカミナリが『M-1グランプリ』決勝進んで、こっちはメンタルがボロボロだったんで......(笑)」

そして栄えあるトップバッターとして出演することになり、しかも、同企画が番組自体のオープニングでもあったため、5時間にも及ぶ「アメトーーク!」特番で爆笑をさらった最初の芸人となった。披露したコントは、野球監督のサインを題材にしたもので、応援歌に乗せたキレキレのダンスと、「置いとくんかい!」というツッコミが印象に残るもの。スタジオの反応も良く、これは人気が出るに違いないと期待したら、そんなことはなかった!?

REOTO:「放送中はTwitterでバーッと反響あったんです。『レッドガオ イケメン』とか。フォロワーもガッと増えたんですけど、それでも200人......。やっぱり、いきなり売れるぞみたいな考えは甘かったですね」

赤壁:「『アメトーーク!』以前はテレビ出演ほぼなかったですからね。急にラスボスと闘ったようなもんです(笑)」

■HIROから「どんどんネタやってください!」

EXILE所属のLDH新年会で会場が凍りついたネタ>>


「アメトーーク!」では結果を出せなかったと自虐するレッドガオだが、最近大きく路線変更し、EXILE TRIBEファンの間では知られた存在になっているらしい。ファンなら一目でわかる振付をコントに取り入れ、三代目J Soul BrothersのELLYにTwitterで紹介された他、なんとLDHの新年会にも呼ばれた。HIROからは「どんどんネタやってください!」と公認されている。

REOTO:「HIROさんからは、『Rising Sun』の振りがちょっと小さいってダメ出しもされたんですけどね(笑)。公認もらったし、今は仕事でもEXILEネタを求められることの方が多いんです。だから、『アメトーーク!』で見せたネタもやりつつ、今後はEXILEネタ芸人として、どんどん話題になっていければ!」

LDHの新年会には呼ばれたが、何かオフィシャルの仕事も任されたいところ。今狙っているのは、8月19日と11月11日に公開される、EXILE TRIBEによる映画『HiGH&LOW THE MOVIE』の第2弾と第3弾のPRイベントだ。

REOTO:「撮影はもう終わってしまったんですけど、PRイベントをぜひ......」

赤壁:「出演は畏れ多いからね。『HiGH&LOW』に限らず、せっかくなので宮崎県大使とか北海道大使みたいな感じで、EXILEのPR大使になりたいです(笑)」

ネタを書いているのは赤壁だが、REOTOは中学時代からの筋金入りのEXILE TRIBEファン。それだけにネタにも気合が入るが、赤壁が事務所の先輩である永野の誘いによりEXILEメンバーと飲むことができたにもかかわらず、REOTOは一度もプライベートでの対面を実現できていない。赤壁が飲み会に参加していたときは、悲しくバイトしていたそうだ......。

■赤壁、REOTOに「ダンス練習せぇ!」

貴重なチャンスを逃したREOTOは、「共演したことない状態で会っても、ファンでしかないから、1回仕事で共演してから対等な立場で飲みたい」とポジティブな意気込みを見せる。では、今後の活動の上で一番の目標は、EXILE TRIBEとの共演か?

REOTO:「僕、『しゃべくり007』(日本テレビ系)が大好きなんですよ。ずっと見ていた番組に出演するのは、やっぱり夢ですね!」

赤壁:「話がブレるからEXILEと共演でええねん! 僕は、ヤンキー高校で一番強いって言われていたくらい体が丈夫なんで、体を張った仕事がしたいです。あとドッキリにかけられたい! ドッキリかけられている人って、かわいくて愛すべき人じゃないですか。そういう人になりたいです」

REOTOの天然というか、マイペースぶりが見えたところで......。実は、赤壁はREOTOに言いたいことがあるらしい。

赤壁:「こいつダンス経験ゼロなんですよ! 俺的には練習して、もっとキレキレになってほしいんですけど、『ここまでポテンシャルだけでやってきた』って言いたいがために練習しないんです。うまいほど面白くなるネタだと思うし、練習せぇ!」

これに微妙そうな反応を見せていたREOTOだが、果たしてダンスの練習を始めるのか。イケメンお笑いコンビとしても話題になっているタイミングなだけに、未来はREOTOの頑張りにかかっている!?

◆レッドガオ
REOTO(1987年10月2日生まれ)と、赤壁裕樹(1987年4月14日)によるお笑いコンビ。ともに兵庫県神戸市出身。高校の同級生コンビで、工業高校に通っていたため、ともにガス溶接やフォークリフト免許、製図検定など多数の資格の持ち主でもある。
座右の銘は、REOTOが「一期一会」、赤壁が「楽しくノリよく」。


その他の出演番組>>

・EXILEメンバーっぽい人がお送りするコント
・ダンス経験0なのにEXILEをネタにする訳
・誘い主がコンビ結成を急に躊躇し始めた訳

(取材・文・写真/原田美紗@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ