ここから本文です

フィリピン出身のシンガー・Beverly(ビバリー)が、デビューアルバム『AWESOME』を5月31日にリリースする。突き抜けるようなハイトーンボイスは、その歌声を聞いた俳優・小栗旬を魅了。さっそく、小栗出演のフジテレビ系ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」主題歌として「I need your love」、挿入歌に「Empty」が起用されたシンデレラストーリーも。フィリピンやアメリカの音楽祭で受賞歴があり、パワフルな歌声の持ち主だが、素顔は意外にもシャイで......。

サムネイル

Beverly(ビバリー)がデビューアルバム『AWESOME』を5月31日にリリース


【ミュージックビデオ】5Aまで届く異次元のハイトーン「I need your love」>>


【ミュージックビデオ】「Tell me baby」(『AWESOME』より)>>


■初コンテストでは、歌詞を忘れて大泣き

「昨年、夏の音楽野外フェス『a-nation』に出演し、初めて日本のお客さんの前で歌いました。あんな大きな会場で歌うのは生まれて初めてで、歌う前は震えるほど緊張していましたが、日本の皆さんがすごく温かく"ウエルカム"してくださったので、とてもうれしかったです。」

「私が生まれたフィリピンのカランバシティーという街は、モールやマーケットも多く、遊ぶ場所もたくさんあって、にぎやかな場所です。みんな顔見知りで、気軽にお互いの家に行ったりもするし、街全体がハッピーな雰囲気です。小さい頃から歌うことは大好きでしたが、ものすごく恥ずかしがり屋で、私の歌声を知っていたのは母や親せきの人たちだけでした。みんなから『歌え歌え』とあおられても、母の背中に隠れちゃったり(笑)。でも、母が私の背中を押してくれて、9歳からボイスレッスンを受けさせてくれたんです。私がなかなか人前で歌えなかったのを知っている家族や親せきは、今の私の活動に驚いています」

サムネイル
Beverly(ビバリー)がデビューアルバム『AWESOME』を5月31日にリリース


「フィリピンには歌のコンテストがたくさんあって、13、4歳頃に初めて参加しました。でもすごく緊張して頭が真っ白になってしまい、歌詞を忘れちゃったんです。なんとか歌い続けましたが、終わってから母に泣きつきましたね(笑)。それでも出場し続けて、アメリカのコンテストを受けるために、周囲の方たちが協力してくれました。デビュー前から、本当にたくさんの方が私の活動を支えてくれて今の私がいるので、とても感謝しています。その頃からフィリピン以外の国でも、音楽活動をしてみたいと思っていたんです」

■主題歌抜擢、「小栗旬さんが『すごく良い声ですね』と褒めてくれました」

「『I need your love』は、フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』のOP曲ですが、主演の小栗さんがドラマプロデューサーに主題歌の話を紹介してくださって決まったんです。そんな小栗さんと初めてお会いしたときは、本人を目の前にして驚きのあまり『あー、知ってる!』と叫んでしまいました(笑)。フィリピンでも、小栗さんが出演していたドラマ『花より男子』や『ごくせん』を見ていて、すごく大好きでした。私のリアクションを見て、小栗さんは笑いながら『ドラマ見てくれて、ありがとうございます』と話してくれました。『すごく良い声ですね』とも褒めてくださって、すごくうれしかったです!」

サムネイル
Beverly(ビバリー)がデビューアルバム『AWESOME』を5月31日にリリース


「『I need your love』は、とてもカッコいいサウンドですが、歌詞は切ないんです。サビではおもいっきり激しい感情を表現しています。ドラマ挿入歌でもある『Empty』は、自分で歌詞を書きました。ミステリアスでダークなイメージに挑戦しています。
アルバム『AWESOME』では、12曲中の半分を日本語でも歌っています。日本語での歌い方や発音をみっちり教わりましたが、発音が難しくて20回ほど歌い直した曲もあります。日本語の言葉の意味もちゃんと知りたかったので、たくさんの新しい言葉を習いました。最近気に入っている日本語は『さすがです』(笑)。尊敬の気持ちを表したいときに便利なんです(笑)」

「アルバムタイトルの『AWESOME』は、日本語の『ヤバイ』『すごい』という意味を表しています。私が日本に来られたことや、このアルバムを作れたこと、すごい作曲家やミュージシャンの方と一緒に作りあげることができたことの全部が『AWESOME』だと思っているので、タイトルにぴったりだと思っています」

■ どれくらい高音が出るのかは自分でも未知数 "ハイトーンボイス"

「私のハイトーンボイスは、子どもの頃から出ていたわけではありません。ボイスレッスンを受けているときに、歌のコーチから米歌手・ビヨンセの曲『リッスン』を歌ってみようと言われたんですが、最初は歌えるかどうか自信がなくてちょっと怖かったくらいです。でも、いざ声を出してみたら歌えたので、自分でもびっくりしました。それで、ますます練習するようになって、ボーカルの幅が広がりました。」

「アルバム1曲目に収録されている『Tell Me Baby』も、曲の出だしからハイトーンで歌っています。これもプロデューサーさんに『歌ってみよう』と言われたときは、声が出るかどうか不安で怖かったです。でも、おもいきって歌ってみたらハイトーンが出せたのですが、今でもどれくらい高い音が出るのかは自分でも未知ですね」

「今後は、まず私のワンマンライブをやりたいですし、日本の夏フェスにも出演したいです。日本人アーティストとコラボレーションもしたい! アルバム収録曲の『Mama Said』で、初めて作詞にチャレンジしました。そしていつかは、自分の音楽や日本語の歌詞も作れるようにがんばります!」

サムネイル
Beverly(ビバリー)がデビューアルバム『AWESOME』を5月31日にリリース


◆Beverly(ビバリー) プロフィール
アメリカ、フィリピン等の音楽祭で数々の受賞歴を持ち、日本が初めて体感するハイトーンボイスを持つ世界レベルの実力派シンガー。フィリピンの有名作曲家ベニー・サトルノ氏とトレーニングを重ね、2015年に日本へ活動の幅を広げる。2016年には夏フェス『a-nation』にてシューティングアクトに抜擢(ばってき)。2017年5月31日、遂(つい)に待望のデビューアルバム『AWESOME』をリリース。Beverlyの卓越したライブパフォーマンスに惚(ほ)れ込んだ小栗旬が、自身が出演するドラマのプロデューサーに紹介。それを機に『AWESOME』に収録される「I need your love」が、フジテレビ系ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」主題歌に、「Empty」が挿入歌に抜擢(ばってき)された。
<座右の銘>Be Positive.(いつも前向きに)

(取材・文/岩木理恵@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ