ここから本文です

今クールは火曜ドラマが好調だ。夜9時からは『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ)、10時からは『あなたのことはそれほど』(TBS)と、続けて見ている方もいるのではないだろうか。

サムネイル

火曜ドラマ 視聴率の推移


【無料配信中】「あなたのことはそれほど」最新話を配信中>>


ドラマ全体で見ると、今クールは『緊急取調室』(テレビ朝日:木曜21時)、『小さな巨人』(TBS:日曜21時)、『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日:木曜20時)、『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日:水曜21時)、『CRISIS』が、初回からの平均視聴率ベスト5の座を守っていた。しかしここにきて『あなそれ』の勢いが急上昇。6月6日の放送では視聴率が3週連続で自己最高更新となる13.5%を記録し、平均視聴率(※)でもついに『CRISIS』を抜き今クール第3位に躍り出た。
※平均視聴率はともに最新話(『あなそれ』第8話、『CRISIS』第9話)までを計算。

『あなたのことはそれほど』は、波瑠演じる"2番目に好きな人"と結婚した主人公・渡辺美都が、ずっと思い続けていた中学時代の同級生と偶然再会し、不倫関係に陥っていく物語。2組の夫婦のうち"不倫される側"の怪演が話題で、特に渡辺涼太(東出昌大)と有島麗華(仲里依紗)が"怖すぎる"と注目を浴びているが、6日の第8話では涼太の同僚である小田原真吾(山崎育三郎)や麗華のマンションの隣人である横山皆美(中川翔子)など、夫婦を取り巻く人物にも動きが見られた点が大きな見所だった。

■視聴率は絶好調! 15%超えなるか!?

『あなそれ』の勢いには目を見張るものがあり、第6話で自己最高の11.5%を記録すると、翌週の第7話では12.4%と更新、第8話では13.5%とさらに上回る数値を叩(たた)き出し、上昇の一途をたどっている。このような右肩上がりの傾向を見せるドラマは今クールでは唯一だ。残すところあと2話となっているが、同じ伸び率で推移すれば、最終話で15%超えも大いにありえる状況となっている。

平均視聴率をみると、第8話終了時点で10.9%まで上昇し、『CRISIS』の10.7%(第9話まで)をついに追い抜いた。序盤での苦戦が響いているため、今クール1位の『緊急取調室』(平均14.1%:第7話まで)、2位の『小さな巨人』(平均13.2%:第8話まで)を超えることは難しそうだが、3位『警視庁・捜査一課長』(平均12.0%:第8話まで)と『警視庁捜査一課9係』(平均11.7%:第8話まで)には届くかもしれない。さらに言えば、最終話単独の視聴率であれば、トップの座を勝ち取ることも可能だろう。

■話題性抜群! ツイート数は『CRISIS』の約5倍!

Yahoo!リアルタイム検索によるTwitterでのつぶやき状況をみると、『あなたのことはそれほど』のキーワードで検索したツイート数は放送1時間(6日22:00~23:00)で14,228件。『CRISIS』の3,123件(6日21:00~22:00)と比べると4.6倍もの違いがある。

同機能における「感情分析」(キーワードがどのような言葉とともにつぶやかれているかを分析した割合)を見るとさらに特徴が見て取れる。『CRISIS』では面白い、かっこいいなどの「ポジティブ」なツイートが50%、嫌だ、悲しいなどの「ネガティブ」なツイートが15%だったのに対し、『あなそれ』では「ポジティブ」が23%、「ネガティブ」が38%と逆転しているのだ。「怖い」、「クズ」、「気持ち悪い」、「イライラする」などのマイナスな言葉が多く使われているにもかかわらず人気が急上昇するという現象は、ドラマではかなり稀(まれ)なケースだろう。

罪悪感に耐え切れず、麗華(仲里依紗)に美都との浮気を告白してしまった有島(鈴木伸之)。麗華は勘づいていながらも、「うそをつき通して欲しかった」とショックを隠せない。
いっぽう夫・涼太(東出昌大)と夫婦を続けて行くことは限界と感ずる美都(波留)は、離婚することを決意した。ところが涼太は離婚に応じてはくれない。
さらに涼太の同僚・小田原真吾(山崎育三郎)は、なぜか離婚を勧めて来る。
相変わらず涼太と麗華のW怪演が冴(さ)えわたった第8話。今後、2人はどんな行動に出るのか。また怪文書の犯人や小田原真吾の行動も気になる。残り2話でどんな展開になって行くのか、大いに期待したい。


文責:一般社団法人日本味覚協会 代表 水野考貴
監修:次世代メディア研究所

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ