ここから本文です

男性2人組のC&Kは、CLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)から成るシンガーソングライターユニット。感泣もののバラード曲からアッパーなダンスナンバーまで、あらゆるジャンルを飛び越えた楽曲性と、ライブのエンターテインメント性で、熱い支持を得ている。
自ら打ち立てた"日本全国地元化計画"のもと、各地でライブを行うこと5年――次に狙うのは"紅白出場"。6月7日にリリースされる最新曲「Y」で大勝負に出た彼らの勝算を探る!

サムネイル

シンガーソングライターユニット・C&K、6月7日に新曲「Y」をリリース


【ミュージックビデオ】C&K、"これで紅白に出る"と決心した意欲作「Y」>>


■最新曲「Y」にこめられた、さまざまな想い

CLIEVY: 「最新シングルの『Y』は、タイトルを決めるときに一文字の方がいろいろな意味を込められると思って選びました。『Y』は人が手を繋(つな)いでいる形に見えたりもすれば、『Y=Why』という意味も含みます。人の名前の頭文字だと思う人もいるかもしれないですね。
"紅白に出たい!"という思いが強くなったときに、ちょうど自分たちで"紅白に出られるかも!"と思える出来ばえの『Y』が完成したんです。それで今年の頭から、この曲でNHK『紅白歌合戦』出場を目指して、"紅白への道チェックシート"というものを公表して活動しています(笑)。この曲で紅白の夢を叶(かな)えて、みんなで"YY(ワイワイ)"できる、そんなストーリーも描いています」

サムネイル
シンガーソングライターユニット・C&K=左から CLIEVY(クリビー)、KEEN(キーン)


KEEN: 「『Y』は、最初はすごく幸せな雰囲気だけれど、1番の終わりからなんとなく幸せの終わりが近づいてくるような。この曲を聴いて涙が出てしまい、聴くのがつらかったと言う人もいましたね。自分たちが思っている以上に聞き手の方が想像を膨らませて聞いてくれるのは、最高にうれしいです。
"歌"というのは一人歩きするものですが、僕たちの歌が聴いてくれた人の人生にどう寄り添ったのか、ちゃんと寄り添うことができたのかは常に考えています」

CLIEVY: 「女性を泣かせてはいけないと父親に教わってきたので(笑)、明るい気持ちにさせる要素も欠かせないんですけどね。この曲は、実は冒頭からサビにいくまでのBメロの部分を、前回のシングル『ヒカリトカゲ』という曲のメロディーに似せて作っています。『ヒカリトカゲ』は、いつの間にか恋に落ちていた主人公の心の明暗を歌っています。光が膨らむほど影も大きくなっていく様子は、『Y』のテーマと共通する部分があるので、楽曲同士をひそかにリンクさせました。僕は、紐(ひも)解く奥ゆかしさがあればあるほど、歌はおもしろくなると思っています」

■全国各地を地元化する秘訣(ひけつ)は?

CLIEVY: 「僕らはメジャーデビューして7年目ですが、ライブに来てくれるお客さんの年齢層がどんどん広がっているんです。今では親子三世代で来てくれるご家族もいます」

KEEN: 「僕らの音楽が、家族間でのコミュニケーションのきっかけになっていたらうれしいです。ここ5年程は、『日本全国地元化計画』と銘打った全国ツアーを行っていますが、毎回少しでも新しいことを取り入れたりしながら、絶対に同じライブをしないというのを決めています。僕たちは流行に捉われないジャンルレスの音楽をやっているし、一曲一曲にメッセージを込めているので、それがいろいろな世代にハマってくれていたらうれしいです」

サムネイル
シンガーソングライターユニット・C&K、6月7日に新曲「Y」をリリース


CLIEVY: 「僕たちは本気で各地を地元化するために、ツアー先ではとにかく出歩きます。その土地の人に教えてもらい、その土地で暮らしている人たちと同じような体験をしたいと思っているんです。その体験を通して強まる、僕たちの"地元化したい"という思いを、ライブでお客さんに伝えたい。地元化計画は、もっと密に細分化していけるので、僕たちの紅白出場の次に大きなライフワークのテーマになっていくと思います。そして全国の親善大使をやって、どこに出向いても優遇してもらえるような......」

KEEN: 「そんな下心は微塵(みじん)もないですよ(笑)! メイン通りではなく、その隣の一本細い通りで、自分の居場所と言えるような所を見つけられたら、地元にいるような安心した気分になれますよね」

■「紅白」出演へ向けて着々と......

CLIEVY: 「今年3月から始めたライブツアー『~紅白への道! 紅白へGOGO! 55分ライブ!! 日頃の感謝を込めて39価格~』ではライブ中にセットリストを全部変え、照明さんが準備していたことがすべて無駄になってしまったようなこともやっちゃいました。本当にライブ感のある状態でやっています。予期せぬ流れになるので、自分たちもハプニングを楽しんでいるんです」

KEEN: 「僕らにとって1回1回が最高のライブだと思っています。6月末まで続くので、遊びに来てくれたらうれしいです」

CLIEVY: 「8月26日には、フリーライブを僕の地元・栃木県の小山市でやります。僕らは九州でNHK-FMのレギュラー番組までやらせていただいていますが、関東での認知度はまだまだ低いと思っています。地元の皆さんが、ライブに参加すること自体を楽しめる、夏祭りのようなイメージでライブをやりたいです」

KEEN: 「10月14日には、僕の地元・鹿児島県鹿屋市の『霧島ヶ丘公園』でライブをやるんですが、そこは僕にとって思い出の場所です。バラ園にアスレチックがあったので、子どもの頃によく遊んでいました。縁の深い場所でライブができるのは、すごくうれしいです」

CLIEVY: 「これらのライブを経て、今年の紅白に出演するときのイメージトレーニングはバッチリですよ。僕はピンクのスーツを着る予定です。KEENは黄色のスーツで」

KEEN: 「俺も"紅白"に関係する色にしてよ(笑)!」

CLIEVY: 「僕は、マイクをかじったら伸びるみたいな、怒られないような驚きを演出したいです。イジられて幸せ、くらいなクスっとできる感じでいきたいです」

KEEN: 「僕はできるだけ真面目にいきたいです(笑)」

CLIEVY: 「僕も紅白に出場することによって、親や親せきに恩返ししたいという真面目な思いは、KEENと共通ですね」

KEEN: 「今年の紅白出場に向けて頑張っていくので、まずは新曲『Y』を聞いて、僕らの真骨頂でもあるライブに遊びに来てください!」

サムネイル
シンガーソングライターユニット・C&K、6月7日に新曲「Y」をリリース


▼シングル情報
6月7日(水)「Y」
初回限定盤[CD+DVD]
通常盤[CD]
※初回盤は豪華"EPサイズ紙ジャケ仕様(約18cm×18cm)ディスクは通常の12cmCD。

【収録曲】
1. Y
2. Good Luck ※メ~テレ「ドデスカ!」テーマ曲
3. Y (make up ver.)
4. Y (inst.)
【DVD】
"55"制作ドキュメンタリー「盗撮ぐあいがアリエナティ」
2017年2月9日味園ユニバースで行われたライブ映像を含む、1000時間超えの盗撮映像を編集した"55"の制作過程ドキュメンタリー。

▼アルバム情報
7月26日(水) 『55』
初回限定盤[CD+DVD] 
通常盤[CD]
※[CD収録内容]「Y」「ヒカリトカゲ」を含む全12曲収録予定
※[DVD]「CK無謀な挑戦状 Case3~紅白への道!紅白へGOGO!55分ライブ!!日頃の感謝を込めて39価格~」 4/28 Zepp Osaka Baysideでの公演を収録。

▼ライブ情報
CK無謀な挑戦状 Case3 ~紅白への道!紅白行こう(150)とかけて!!150分一本勝負!!! 日頃の感謝を込めてまさかの無料!!!?in 小山
・日程:2017年8月26日(土)
・時間:開場 15:00 / 開演 17:00 / 終演 19:30 予定
・会場:小山運動公園 陸上競技場

鹿屋市 presents C&Kの「紅白出場」特別祈願ライブ!? 地元です。地元じゃなくても、地元です。KEENの本当の地元でワンマンです。in 鹿屋 霧島ヶ丘公園 ?
・日程:2017年10月14日(土)
・時間:開場 14:30 / 開演 16:30 / 終演 19:00予定
・場所:鹿児島県鹿屋市 霧島ヶ丘公園 自由広場
―――

◆C&K プロフィール
CLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)からなる男性二人組シンガーソングライターユニット。2010年に「梅雨明け宣言」でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。ディスコ、ファンク、ソウル、レゲエなどのブラックミュージックをルーツに、フォークや80年代の歌謡曲、クラブミュージックまで幅広いジャンルに至る。またデビュー以来5年間に渡って"日本全国を地元にしたい!"という想いのもと、「日本全国地元化計画」と銘打った全国ライブツアーを軸に活動。その圧倒的なライブパフォーマンスが話題となり、福岡マリンメッセ、鹿児島アリーナ2days、両国国技館2days等、1万人規模の単独公演を次々と成功させるにまで成長。2016年8月27日には、福岡海の中道海浜公園にて15,000人野外ワンマンライブを成功。またこのDVDがオリコンウィークリーチャート1位を獲得。2017年6月7日に15枚目シングル「Y」をリリース予定。2017年は、デビュー以来目標としている"紅白歌合戦"出場に向けて邁進(まいしん)中。

<座右の銘>CLIEVY「二兎追う者は二兎得ちゃう」、KEEN「継続は力なり」

(取材・文/岩木理恵@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。



【関連記事】
【インタビュー】MONDO GROSSOこと大沢伸一、満島ひかりや齋藤飛鳥(乃木坂46)が参加した、14年ぶりの新作『何度でも新しく生まれる』について語る
【インタビュー】「とと姉ちゃん」出演の水谷果穂が歌手デビュー! 初MVはニューカレドニアで
【インタビュー】ストイックでプロフェッショナル、まるでアスリートのようなライヴをこなすOKAMOTO'S そのステージ裏は!?
【インタビュー】WINNER、新体制で約1年ぶりにカムバック! 旬のダンスサウンドを取り入れた最新曲で「新しい僕たちの姿を見せたい」
【インタビュー】シンガー・Beverly、小栗旬×西島秀俊共演ドラマ「CRISIS」主題歌のハイトーンボイスに衝撃! フィリピンからやってきた歌姫の素顔は?


【関連リンク】
【LIVE情報】CK無謀な挑戦状 Case3 ~紅白への道!紅白行こう(150)とかけて!!150分一本勝負!!! 日頃の感謝を込めてまさかの無料!!!〜in 小山>>
【LIVE情報】鹿屋市 presents C&Kの「紅白出場」特別祈願ライブ!〜 地元です。地元じゃなくても、地元です。KEENの本当の地元でワンマンです。in 鹿屋 霧島ヶ丘公園 〜>>
C&K -Clievy&Keen- OFFICIAL WEB SITE>>
CLIEVY(C&K) (@ck4649) - Twitter>>
KEEN (@keen_ck) - Twitter>>

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ