ここから本文です

グラビアアイドルの有村藍里(元:新井ゆうこ)が、自身が女優・有村架純の姉だと知られてからのバッシングを振り返った。「妹に寄せる必要はない」という励ましの言葉に涙をこぼした。

サムネイル

提供:アフロ


【無料配信】有村架純の姉グラドル・藍里が出演「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」配信中>>


有村藍里は、6月8日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演。今年3月に新井ゆうこから本名の有村藍里として活動することを発表し、さらに5月25日には写真集『i』でヌードを披露。妹の知名度を利用した売名を疑われている彼女が、妹との関係などについて赤裸々に胸の内を明かした。

有村藍里は「(妹のブレークは)なんかピンと来ない。妹だから、近すぎてかわからないんですけど」「妹は実際すごいし、かわいいと思うけど、それと自分は別という感じ」と妹について語る。妹は多忙なため今は会う機会は少ないが、「たまにカラオケ行ったり、ご飯食べに行ったり、泊まりに行ったり、妹の家に遊びに行きます」と姉妹仲は悪くないことを強調した。

もともと有村架純の姉であることを公表せず、自身はマイペースに活動をおこなっていた。いきなり記者から「姉ですよね?」と直撃を受けたときは、初めてのことに恐怖を感じ、パニックになってしまったという。姉だとの暴露記事が出てからは、100程度だったブログのアクセス数も36万にまで激増。容姿に関する誹謗(ひぼう)中傷を目にすることも多くなった。整形疑惑もあったそうだが、キッパリ否定した。

MCを務めるお笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤たちから「かわいいよ」と励まされても、有村藍里は「いや、ブサイクです」とかたくなな態度をとる。「怖くなっちゃったんですよ。いっぱい言われ過ぎて、自分の顔はブサイクなんやって」と吐露したが、「すっごい美人じゃないけどかわいい。色気があると思う。雰囲気もある。女優さんやった方がいい」(名倉)、「妹に寄せる必要は全然ない」(次長課長・河本準一)といった励ましの言葉を受けて、「うれしい」と涙をこぼした。

番組では、有村藍里のかわいすぎる自撮り写真も公開された。他にもレゲエミュージシャンのDOZAN11(ドーザンイレブン、旧・三木道三)が、活動休止中に病気やケガで寝たきり生活を送っていたことを告白した。

【無料配信】有村架純の姉グラドル・藍里が出演「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ