ここから本文です

ロックユニット・Do As Infinityが、6月28日リリースの新曲「Alive」のMVを映像配信サービス「GYAO!」にて先行公開した。ダンス系サウンドとフルCGで作られたMVによって、バンドの新たな魅力が引き出されている。

サムネイル

(c)avex trax


【ミュージックビデオ】「Alive」配信中>>


約1年ぶりにリリースされるDo As Infinityの新曲「Alive」は、エレクトリック系のダンスサウンド。伸びやかで力強いボーカル・伴都美子の歌声は、強めのビートとの相性も抜群だ。この楽曲をサウンドプロデュースしたのは、ドラマ・アニメ・映画など映像関連を中心に音楽活動を行っている澤野弘之。澤野は、人気アニメ『進撃の巨人』や『機動戦士ガンダムUC』などの劇伴音楽を手掛けてきている。

フルCGで作られた同曲のMVは、ネオンが光り輝き、人型ロボットが登場するSFサイバー風の世界が広がっている。これまで公開されてきたDo As InfinityのMVは、伴の熱唱する姿が印象的なものが多かったが、最新曲「Alive」では、サウンドイメージに合った新たなバンドの世界観を披露している。

Do As Infinityは、『犬夜叉』や『ヒカルの碁セレクション』などの作品とタイアップしてきて、アニメファンにもなじみ深いアーティストだ。Do As Infinityと澤野弘之、アニメファンと親和性が高い2組によるコラボレーションで生まれた楽曲「Alive」。それぞれのファンから注目を浴び、お互いの人気を拡大させるきっかけとなりそうだ。

【ミュージックビデオ】「Alive」配信中>>

(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ