ここから本文です

黒羽麻璃央、有澤樟太郎、和田雅成たち2.5次元ミュージカルで活躍する若手イケメン俳優が6月15日、都内で開催された映像配信サービス「GYAO!」によるオリジナルドラマ「めがだん」の制作発表会に登壇した。

サムネイル

「めがだん」の制作発表会(左から有澤樟太郎、黒羽麻璃央、和田雅成)


「めがだん」予告編映像も公開>>

「めがだん」は、7月1日より「GYAO!」にて独占配信がスタートする、個性豊かなメガネ男子にフィーチャーした4本のオムニバスドラマ。監督・脚本は、ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』など多くの2.5次元作品を手がけてきた川尻恵太が担当する。

サムネイル
「めがだん」の制作発表会(左から有澤樟太郎、黒羽麻璃央、和田雅成)


第1話「めがね探偵 阿佐川クリス」(7月1日~14日無料配信)で、エロくて紳士な名探偵・阿佐川クリス役を演じた黒羽麻璃央は、「僕からスタートするから、皆さん拡散してください。そうじゃないと他の3人にも繋(つな)げられない」と冗談めかして呼びかける。女性もの下着を握りしめるシーンにも挑んだそうで、「変態やりました! おふざけを楽しくやらせていただきました」と笑みをこぼした。

第2話「本屋のめがねくん」(7月15日~28日無料配信)で、内気な書店員・春原役を演じた有澤樟太郎は、視力が良いため今回が"初メガネ"らしい。「鼻のところが痛くなる。メガネをかけている人はすごいな......」と正直な感想をもらしたが、メガネ男子に憧れはあったそうで、「こういう黒縁メガネをかけてみたかったんで夢が叶(かな)いました。理想のメガネを今かけています」と満足げに語った。

第3話「めがね食堂」(7月29日~8月11日無料配信)で、中2病の新米店主・拓実役を演じた和田雅成は、料理シーンでの苦労を明かす。「料理が全然できないんです......。僕の手つきを見て、スタッフさんが現場で『まずいな』っていう顔をしていました。だから、『ここを切ってください』とか全部指示されていました」とぶっちゃけて笑いを誘った。

また、残念ながらスケジュールの都合で欠席となった、第4話「ウェアラブルめがねくん」(8月12日~25日無料配信)で究極の理系会社員・甘城律役を演じた玉城裕規からのビデオメッセージが披露される一幕もあった。

サムネイル
「めがだん」の制作発表会(左から有澤樟太郎、黒羽麻璃央、和田雅成)


「めがだん」は、エンディングでキャストが披露する"めがダンス"も見どころのひとつ。まねしやすい振付となっており、和田は「皆さんもぜひ踊ってもらえたら。どこかで皆で一緒に踊れたらと思います!」と夢をふくらませた。

「めがだん」予告編映像も公開>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ