ここから本文です

九州朝日放送の元アナウンサーで現在はフリーで活動する宮島咲良 が"戦隊ヒーロー愛"を熱弁。明石家さんま、中居正広を驚かせた彼女の生きざまとは......!? 

サムネイル

(C) ワタナベエンターテインメント


【無料配信】戦隊好き女子アナにさんま&中居の反応は?>>


宮島は6月26日に映像配信サービス「GYAO!」にて公開されたトークバラエティ「ぶるぺん」に「戦隊ヒーローが好きすぎる女子アナ」として出演。登場すぐヒーロー風の"オリジナルの名乗り"をポーズ付きで披露し、MCを務めるダンサー・FISHBOYと、タレントの小池美由を「ヤバい」と驚かせた。

過去にさんまとバラエティで共演した際、宮島の「ヒーローが好きだからスーツ(着ぐるみ)を着ている人としかお付き合いできない」という言葉を聞いて、さんまは「日本から出て行け」とツッコんだそう(国外にもなかなかいないと思うが......)。また、中居も共演したとき「怖い」と引いた反応だったとのこと。

小池も「キレイなのに......」と呟(つぶや)いており、同性からみても宮島はいわゆる"残念な美人"キャラなのだろう。愛ゆえにいつも首からヒーローの人形をぶらさげているそうで、恋愛がご無沙汰な原因はそれだとツッコまれていた。番組では他にも「スーパー戦隊の役に立ってから死にたい」など名(迷?)言を残し、強烈な個性を発揮していた。

元日本テレビアナウンサー・馬場典子も戦隊好きだった!>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ