ここから本文です

SKE48の21枚目シングル「意外にマンゴー」(7月19日発売)では、小畑優奈(15)が初選抜にしてセンターに抜てきされて、ファンを驚かせた。グループの新たな挑戦を感じさせる新シングル。初選抜の北野瑠華(18)と矢作有紀奈(22)、今回で5回目の選抜の江籠裕奈(17)、これからのSKE48を背負う若手メンバーに話を聞かせてもらった。

サムネイル

左から北野瑠華、江籠裕奈、矢作有紀奈 = SKE48の21枚目シングル「意外にマンゴー」(7月19日発売)


【一挙配信】「SKE48」これまでのミュージックビデオを配信中>>

【ミュージックビデオ】SKE48、新曲「意外にマンゴー」は水着姿の夏ソング>>


■初選抜の2人に"先輩"江籠からアドバイス

北野は2013年に6期生として加入、矢作はなんと昨年11月に8期生としてお披露目されたばかり。初選抜が決まった気持ちはどんなものなのだろう?

北野: 「私はずっと選抜が目標だったので、やっと夢が叶いました。もちろん不安はありますけど、ここでくじけたら即追い抜かされる。SKE48は今69名ですが、そのうちの選抜16人に選ばれたことに、素直に自信を持とうと思いました」

矢作: 「私はもう選抜なんて夢のまた夢で、全然頭にありませんでした。だから発表されたときは驚きすぎてドッキリだと思って全然信じてなかった。翌日になって染みてきました......(笑)」

サムネイル
左から北野瑠華、江籠裕奈、矢作有紀奈 = SKE48の21枚目シングル「意外にマンゴー」(7月19日発売)


デビューすぐ初選抜が決まった矢作は、選抜メンバーの中でもかなりのプレッシャーがかかる立場だろう。かつて近い立場にあった北川綾巴からは、MV撮影のときに温かな言葉をかけられたそう。

矢作: 「ロケのとき、ホテルの部屋が綾巴さんと同室だったんです。そこで、『私も気持ちがわかるから、なんでも頼っていいからね』って言ってくださって、少し気持ちが楽になりました。不安は大きいけれど、選ばれたからには大きなチャンスとして未来に繋(つな)げていきたいです」

一方、江籠はそろそろ選抜常連と言ってもいい立場。初選抜の2人に言葉を贈るとしたら?

江籠: 「やっぱり最初は初めての経験だらけなので、まずは楽しむことが一番大事。あとは先輩たちと一緒にお仕事できる貴重な経験だから、すべて吸収できるようにすることが大事かなと思います。難しいけれど、自分にしかできないことを見つけていかなきゃなって、私も考えています」

■新曲テーマは「ユナイテッド(団結)」と「新たな発見」

サムネイル
左から北野瑠華、江籠裕奈、矢作有紀奈 = SKE48の21枚目シングル「意外にマンゴー」(7月19日発売)


「意外にマンゴー」は、SKE48らしい元気いっぱいの夏ソング。テーマは「ユナイテッド(団結)」と「新たな発見」ということで、メンバーの意見をふんだんに取り入れながら、"水上の楽園"と呼ばれる台湾の離島リゾート・澎湖(ポンフー)諸島にて水着姿で撮影された。

北野: 「私は生まれて初めて日本を出たんですけど、台湾ってこんなところなんだ、写真以上にキレイだなって思いました。まさに"新しい発見"がいっぱいあって。すごく楽しかったです!」

矢作: 「島が近づくにつれて景色もキレイで、台湾の街では食べ物がおいしくて......」

江籠: 「島まで行くのに飛行機を乗り継いだり、船に乗ったり。遠くまで移動した甲斐(かい)がある絶景でした。みんなで意見を出し合って試行錯誤しながら作っていきましたし、今回のMVはすごく思い入れの深いものになりました」

江籠は、「センターのゆなな(小畑優奈)は、フレッシュでかわいくて、この曲にピッタリ」と話す。世代交代という言葉も頭に浮かぶが、これからのSKE48について若手メンバーとしてどのような考えを持っているのだろう?

北野: 「今回選抜に私含め6期生が5人もいるんですよ。こんなこと、SKE48に入った頃は想像していなかったなぁ......! 同期みんなとうれしいねって話す一方で、私たちが先輩も後輩も引っ張っていかなきゃいけない時代が来たんだっていう話もしています」

江籠: 「珠理奈さんからセンターが交代したのは衝撃でしたけど、珠理奈さん自身が『私からセンターを奪う勢いで来てほしい』と言ってくださっているので、ここは後輩たちが遠慮せずに向かっていかなきゃいけない場面かなと。メンバー同士がぶつかりあって、SKE48をさらに熱く盛り上げていけたら!」

■現役の歯科大学生の矢作、特技は"歯の識別"!?

サムネイル
矢作有紀奈


ここからは、3人それぞれの魅力に迫ってみよう。初選抜の矢作は、現役の歯科大学生。新たな才女キャラかと注目されている。

矢作: 「大学では、そんなに成績が良いほうじゃないんですけどね(笑)。でも、たとえばその辺に歯が転がっていても識別できます! 上顎側切歯(じょうがくそくせっし)とか(笑)。あとは心肺蘇生の資格も持っています」

現在、大学は休学中。アイドル活動に本気で挑んでいる。

矢作: 「休学にはお金がかかるんですけど、母親が『SKE48を全力でやるならいいよ』と背中を押してくれました。惣田紗莉渚さんが復学したじゃないですか。惣田さんみたいにSKE48と学業を両立させるのが一番の理想ですが、今はSKE48に全力を注ぎたいと思っています」

■北野、松井玲奈から「選抜になれ」エール送られ......

サムネイル
北野瑠華


北野は研究生期間が長く、ファンからすると「生え抜き」や「苦労人」といったイメージのあるメンバーだ。近年グラビアで注目を集め、ついに初選抜を勝ち取った。

北野: 「2年前、松井玲奈さんの卒業コンサートのときに、玲奈さんから『おまえは選抜になれ!』って声をかけていただいたんです。そのとき、私も選抜を目指していいんだと思えて、できることをひたすら頑張っていきました。玲奈さんの連絡先を知らないから、選抜になれた報告とかできていないんですけどね(笑)。知ってくれているかなぁ」

先輩メンバーが口にする「見てくれている人は絶対いる」という言葉がずっと好きではなかった。

北野: 「うそだって思っていたんですよ。報われないときも多かったから......。でも今回選抜入りができたし、玲奈さんもきっと私のことを見てくれていたからこそ掛けてくださった言葉だと思って頑張れました。なので、この言葉は本当だって思えるようになりました!」

■江籠、"みんなの妹"キャラを卒業すると意気込み

サムネイル
江籠裕奈


江籠は2011年、14歳でSKE48に加入。"みんなの妹"キャラだったが、今は17歳となり、「妹じゃ済まされなくなってきた」と語る。

江籠: 「年下のメンバーが増えましたからね(笑)。最近は、コンサートで最後のまとめのMCを任されることも多くて、自分の気持ちやSKE48全体としての気持ちをうまくまとめて言葉にできるようになるのが課題です。今は妹じゃなくて、もっとしっかりしてSKE48を引っ張っていきたいです」

夢はモデル。ティーン向けファッション誌『LOVE berry』(徳間書店)にもモデルとして登場し、女子人気が高まってきている。

江籠: 「最近は同世代の子に街で声を掛けられる機会が増えて、本当にうれしい! 自分の好きなことができるのは、こんなに楽しいんだと実感できています。 今の目標であり将来の夢であるモデルの仕事を頑張って、SKE48に新しいファンを連れて来られる、皆がSKE48にハマる入口のような存在になることを目指しています」

サムネイル
左から北野瑠華、江籠裕奈、矢作有紀奈 = SKE48の21枚目シングル「意外にマンゴー」(7月19日発売)


◆SKE48
AKB48の全国進出第1弾として、2008年7月に名古屋・栄に誕生。2009年8月にデビューシングル「強き者よ」をリリースする。6月17日に開票イベントが行われた「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」では、選抜メンバー16人のうち5人がSKE48メンバーという結果を残す。
座右の銘は、北野が「見てくれている人は絶対いる」、矢作が「成功は1%のひらめきと99%の努力」、江籠が「継続は力なり」。

(文/原田イチボ@HEW
(写真/佐々木 淳吏 @トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ