ここから本文です

女優で歌手の上白石萌音が7月12日にリリースする初のオリジナルアルバム『and...』から、新曲「ストーリーボード」のMVが公開された。"演じるように歌う"と称される彼女の確かな表現力が発揮されている。

サムネイル

上白石萌音ファーストオリジナルアルバム『and...』2017年7月12日リリース
(C)2017 PONYCANYON Inc.


【ミュージックビデオ】「ストーリーボード」(ショート ver.)>>


上白石は、昨年公開された大ヒットアニメ映画『君の名は。』でヒロイン・ 宮水三葉役を務めて一気にブレーク。昨年リリースされたカバーミニアルバム『chouchou』で歌手デビューも果たし、透明感のある歌声にも大きな注目が集まっている。

MVが公開された「ストーリーボード」は、4人組ロックバンド・andropの内澤崇仁が作詞・作曲を担当。上白石が、アコースティックギターのサウンドに乗せて、語りかけるような歌声を披露している。その他にも、アルバム『and...』には、シンガーソングライター秦基博が作詞・作曲・プロデュースした「告白」を始め、全8曲が収録されている。

さらに上白石は、同アルバム収録曲のうち3曲で初めての作詞に挑戦している。このうち「きみに」では、作曲を女優・シンガーソングライターとして活躍する藤原さくらが担当。藤原にとっても初の楽曲提供となり、上白石とダブルで新しい試みとなったようだ。

瑞々(みずみず)しい歌声やルックスが魅力の上白石だが、徐々に大人の表情ものぞかせ始めており、成長著しい。いよいよオリジナル楽曲のリリースとなり、今年は上白石にとって、歌手としても飛躍の年となりそうだ。

(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ