ここから本文です

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、フジテレビ系「笑っていいとも!」に出演していた当時、プロデューサーも含めた全スタッフから嫉妬されていたことを明かした。その理由は、西野いわくタモリとの親密さだったらしい。

サムネイル

西野亮廣(キングコング), Nov 02, 2016 : 個展「えんとつ町のプペル展」の内覧会(写真:MANTAN/アフロ)


タモリとキンコン西野の関係にスタッフが嫉妬>>


7月18日に映像配信サービス「GYAO!」にて公開されたトーク番組「よしログ」に、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣と梶原雄太が登場。西野は、「笑っていいとも!」にレギュラー出演していた頃について「出演後にタモさんとずっと2人でしゃべっていたから、いいともの全スタッフさんに嫉妬されていたのを覚えてる」と振り返った。

「いいとも」の出演が終わると、西野とタモリは楽屋に酒を持ち込んで飲み始め、その後西野はタモリから「店行くか?」と外食にも誘われていたそう。そのように西野がタモリを独り占めしてしまうため、タモリと一緒に飲みに行きたいスタッフたちが、西野に羨望(せんぼう)のまなざしを向けていたらしい。一度もその場に招かれなかったという梶原は、「『今日は相方呼んでいいですか?』とかないの?」と残念そうにツッコんでいた。

よしもとの人気芸人が日替わりで登場する生トーク番組「よしログ」は毎週月~金20時30分~22時30分で「GYAO!」にて生配信。

(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ