ここから本文です

男女5人組ダンス&ヴォーカルグループ・lol(エルオーエル)が、1stアルバム『lolol』(エルオーエルオーエル)を8月2日にリリースする。元気弾ける高い歌唱力とパフォーマンスで、10代・20代を中心に圧倒的な支持を得て、SNSのフォロワーは20万人超え! 第57回「輝く!日本レコード大賞」の新人賞受賞を果たし、活動2年目に突入した彼らが語る"自身の成長"と記念すべき"1stアルバムの楽しみ方"とは?

サムネイル

ダンス&ヴォーカルグループ・lolが1stアルバム『lolol』を8月2日にリリース


【ミュージックビデオ】lol-エルオーエル- 「perfect summer」>>


■MVは5人のオフショットが満載! 泳ぎの苦手なメンバーは......

サムネイル
最新楽曲「perfect summer」とファン投票NO.1ソングである、待望の「hanauta」を初CD化


小見山直人(以下小見山): 「アルバムリード曲の『perfect summer』は、夏の爽やかさを歌っています。この季節は楽しいイベントがあったり、恋に落ちやすかったり(笑)。僕らのこの曲と一緒に、めいっぱい夏を楽しんでほしいですね」

honoka: 「MVはグアムでの撮影で、実は......ほとんどオフショットのシーンなんです。意外な場面がいっぱい使われていて、『こんなところも撮ってたんや!』って。『ネイルも撮りたいね』と事前にみんなと話していたので、私の指3本に『3』『2』『1』とそれぞれネイルアートをしておいたんです。ちょうど『3、2、1』と歌っている箇所に合わせて、何気なく手をかざしておいたら、MVの中で歌うシーンに合わせて使ってもらえてうれしかったです! 本当に最初から最後まですごく楽しい撮影でした! でも、泳げないmoca、hibiki、友祐は海に飛び込むシーンを怖がって......」

hibiki: 「私はクロールなら学校で花丸の評価をもらっていたくらい得意なんですけど(笑)、他の泳ぎはできないし、海で浮くことができないんです......。MVには海へダイブしたところまでしか映ってないんですけど、その後おぼれかけたのを他のメンバーが無事に救出してくれました(笑)」

サムネイル
アルバムはライブのセットリスト感を意識!「曲順通りに聴いてほしい」


佐藤友祐(以下佐藤): 「僕はあの撮影の後、男としてちゃんと泳げるようになりたいと思って、定期的にプールへ行って、泳げるようになったんです。同じプールで泳いでいる他の人たちの姿をコピーしながら、がんばりました。平泳ぎで25メートル泳げるようになって、クロールもその半分くらいは泳げるようになりました!」

honoka: 「すごいな! グアムで犬かきしかできなかったのに......」

hibiki: 「何でも3日でできちゃうタイプだと思う」

佐藤: 「三日坊主だけどね(笑)」

■アルバムはライブのセットリスト感を意識!「曲順通りに聴いてほしい」

佐藤: 「アルバム『lolol』は、今のlolの名刺代わりになるようなアルバムです。アルバムはいつリリースされるのって度々ファンのみんなから聞かれていたので、やっと完成して期待に応えられたことが、うれしいんです。ライブのセットリストみたいなイメージで作っているので、曲順にもこだわっています。アルバムには喜怒哀楽の感情が全部つまっているので、ライブで頭から盛り上がって、途中でちょっとしんみりする......という一連の流れも楽しんでほしいです」

小見山: 「このアルバムを聞くときは、ぜひシャッフルせずに曲順通りに聞いてほしいですね」

サムネイル
ダンス&ヴォーカルグループ・lolが1stアルバム『lolol』を8月2日にリリース


honoca: 「今までライブでしかやってなかった曲『hanauta』も、ファンの人気投票でNo.1になって、初めて1stアルバムで音源化されたんです」

佐藤: 「『hanauta』は、lolの中ではちょっと珍しいタイプの曲で、"夢に向かってともにがんばろう"という友情ソングになっています。歌詞の内容は、地方から出てきた僕たちが、こうやって東京で夢を追いかけていることとリンクする部分も多いです。ファンの方たちは、lolの意思表示として聞いてくれているのかもしれないですね。未来へ向けてすごく期待感がわくようなサウンドだと思います。僕自身もこの曲を聞いて、たそがれたり、勇気をもらえるときもあります」

サムネイル
佐藤友祐「『hanauta』は"夢に向かってともにがんばろう"という友情ソング」


moca: 「アルバム収録曲の『girlfriend』の歌詞が、『そばにいて』とか『ボクが守る』とか、すごくストレートな愛情表現ばかりなので、私にもこんなことを言ってくれる人がいたらいいなと思っています(笑)」

小見山: 「僕は、そういうせりふを普段から風のようにヒュンヒュン言ってるけどね!」

一同: (爆笑)

佐藤: 「意味わからへん!」

hibiki: 「私たちの曲は女性目線の歌が多いんですが、男女どちらの立場でも、私たちはフラットに感情移入してパフォーマンスしています。自分が相手を思う側と思われる側の両方の感情を考えながら歌っているので、男女関係なくいろんな方にアルバムを聞いてほしいですね!」

【ミュージックビデオ】恋がしたくなる胸キュンソング「boyfriend」>>


■ファンに激写された決定的瞬間とは?

小見山: 「ファンの方たちは、僕らが出演した番組やCMを、たとえ一瞬でも逃さずにSNSでシェアしてくれるので、熱心に見てくれているんだなと実感できて、すごくうれしいです」

hibiki: 「メンバーみんなで、SNSをチェックしたりもします」

honoka: 「今までにみんなで見ていて一番笑ったのは、直人とhibikiのパンチシーンで......」

一同:(爆笑)

小見山: 「実はライブ中に僕とhibikiが交差するシーンがあったんですけど、僕がhibikiとぶつかってしまったんです。まるで僕がhibikiにパンチを食らわして、hibikiがすごく苦しんでいるように見える瞬間をお客さんに撮られちゃったんです。あれがSNS上にあがったときは、全員でめちゃくちゃ笑いながら騒ぎましたね(笑)」

佐藤: 「僕らはSNS上で、気軽にリプ(返信)も送っているので、僕らとファンとのラフな関係を楽しんでもらえてるんじゃないかと思います」

honoka: 「ファンとの交流と言えば、hibikiは見た目と違って意外と料理がうまいので(笑)、みんなにhibikiの料理を食べてもらいたいくらい。私は人参と大根が苦手なのに、hibikiが作ってくれた煮物はホンマにおいしくて食べられたんです。すごく感動した! これはもっとhibikiの魅力として押していった方がいいと思います」

hibiki: 「やだよ(笑)! 料理は食べたいと思ったものを作る程度なんです。honokaに野菜を食べさせなきゃと思って鍋ごとhonokaの部屋に持っていきました(笑)」

moca: 「そう言えば、チャーハンもおいしかった!」

佐藤: 「じゃあ、ファンクラブイベントでhibikiに料理を振る舞ってもらおう!」

一同: (爆笑)

■デビュー時はヒヤヒヤ......2年目の今は?

サムネイル
小見山直人「お客さんと接することで自分の成長度を確かめています」


小見山: 「僕たちは今年で活動3年目なんですが、デビューしてからいろんな方と接する機会が多く、人前でのパフォーマンスも増えたので、メンタル面が急成長したと思います。ライブを重ねるごとに、お客さんの反響に対する自分の受け止め方も変わってきたので、お客さんと接することで自分の成長度を確かめています」

moca: 「結成した当時より、お互いに話し合う機会が多くなりました。ライブのセットリストはみんなで考えるようになりましたし」

サムネイル
hibiki「普段から本当に思っていることや感じていることを素直に発信できるようになりました」


hibiki: 「デビュー直後に取材を受けていたときは、『いったい何を話せばいいのかな?』『あのこと話しちゃマズいかな?』と、ヒヤヒヤしながら話していたんです。今では自分たちの言葉で自由に話せるようになりました。それはSNSも同じで、むりやり難しい言葉を使おうとしたりしていたんですが(笑)、普段から本当に思っていることや感じていることを素直に発信できるようになりました」

honoka: 「私は重度のあがり症なんですが、緊張するレベルが変わりました。1stシングルの『fire!』を初めて人前でパフォーマンスしたときは、足を震わせながら何とか踊り切ったんですけど、終わってから腰が抜けて立てなくなってしまったんです(笑)。今でもやっぱり緊張はするんですけど、立てなくなるほどではありません。早く余裕でステージに出られるようになりたいです!」

hibiki: 「今年の夏も、いくつかのフェスでいろんなアーティストと共演できるのが楽しみなんです。フェスに出演するときは、自分のファンだけが来ているわけではないので、ウチらもテンパり過ぎてアウェー感を出しっぱなしでパフォーマンスしてしまったこともあります。でも、会場全体を巻き込むのが上手なアーティストさんもいるので、フェスの現場でMCやライブの方法を勉強させてもらっています。フェスの場では、サビの盛り上げに徹するとか、今年も自分たちがいろんなことを吸収しながら、お客さんを楽しませたいです」

honoka: 「ヤバい! 想像するだけでやっぱり緊張する(笑)! でも、hibikiと私は夏が誕生日だから、メンバーのみんながどんなプレゼントをくれるのかも、夏のイベントとして楽しみです!」

小見山&佐藤&moca: 「何だそれ(笑)!!」

サムネイル
アルバムリード曲の『perfect summer』は、夏の爽やかさ全開!


lol にとって初のフルアルバムが、2年間の制作期間を経ていよいよ2017年8月2日に発売。3種の商品形態によるリリースで、【CD+ミュージックビデオ】盤には新曲1 曲を含む全8曲のMusic Videoに加え、MVのオフショット映像が満載。【CD+LIVE映像】盤には2016年10月26日に開催したlol live tour 2016【101】赤坂BLITZのライヴ映像を収録。【CD】盤には新曲4曲含む全14曲を収録し、CMソング「blue ocean」は【CD盤】にのみ収録。全形態共通収録されるのは最新楽曲「perfect summer」とファン投票NO.1ソングである、待望の「hanauta」を初CD化。

サムネイル
ダンス&ヴォーカルグループ・lolが1stアルバム『lolol』を8月2日にリリース


◆ lol(エルオーエル) プロフィール
hibiki、honoka、moca、佐藤友祐、小見山直人、男女5名のメンバーで構成される2014年9月結成のavex trax発男女混成ダンス&ヴォーカルグループ。lolの意味は 「-laugh out loud- 声を立てて笑う」。人を笑顔にできる、人を感動させるグループになりたいという思いが込められている。
<座右の銘>「好きなものはトコトンやる」(佐藤)、「よく遊び、よく学べ」(hibiki)、「自分次第」(honoka)、「努力をする天才」(moca)、「努力は裏切らない」(小見山)

(取材・文/岩木理恵@HEW
(写真/ 中村好伸)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ