ここから本文です

下北沢を舞台に、現実と演劇空間が交錯する実験劇場ドラマ、ドラマ24「下北沢ダイハード」(金曜24:12~24:52・テレビ東京系)。小劇場で活躍する11人の人気劇作家が書きおろす、個性豊かで自由な一話完結物語のオムニバスだ。
バーのママ(小池栄子)と行きつけの客・ジョン幕練(古田新太)が案内役。毎回語られるのは、下北沢で起きた"人生最悪の一日"だ。

サムネイル

小池栄子, Jul 16, 2016 : 経済情報番組「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)の10周年と放送500回を記念した会見(写真:MANTAN/アフロ)


【無料配信】「下北沢ダイハード」配信中>>


■あり得ない設定

初回は神保悟志主演の「裸で誘拐された男」だった。
選挙を間近に控えた国会議員・渡部修は、大のSM好きでドMだった。ある日、SMプレイで全裸になってスーツケースに入れられた。ところがそのスーツケースが、別のカバンと間違って持って行かれてしまった。持ち込まれた先は、誘拐事件の現場。

はっきり言って"あり得ない設定"だが、第2話も滅茶苦茶ぶりでは負けてない。
光石研が主演の「違法風俗店の男」。下北沢で舞台に出演中の俳優という本人役で登場するが、次の仕事まで時間を持て余し違法風俗に行ってしまう。そこで運悪く警察の摘発に遭ってしまうという設定だ。こちらも"あるある"ではあるものの、そんな偶然に居合わせる人は何百万人に1人という"あり得ない設定"だろう。

■人生最悪の一日

初回の主人公は、選挙を間近に控えた国会議員・渡部だ。誘拐事件に巻き込まれるという点だけでも十分"人生最悪"だが、そこに警察が踏み込もうとしていた。そんな状況で、全裸でスーツケースから発見されようものなら、経緯をどう説明すれば良いのか。
趣味がSMで、しかもドM。プレイの最中に偶然カバンを取り違えられたなどと言えるわけがない。国会議員としての政治生命は、どう考えても絶体絶命だ。
さらに日頃亭主関白で通している家庭で、妻や息子の知るところとなったら、間違いなく家庭は崩壊する。性的天国から、社会的地獄へ真っ逆さまに転落しようとしていた。

第2話の主人公は、光石研本人役の役者だ。人気稼業の中年男が、風俗店で裸で摘発され、しかも見せしめの写真が週刊誌に載ろうものなら、間違いなく俳優人生には幕が下りてしまう。芸能界でも前代未聞・空前絶後のスキャンダルになってしまう。

いずれにしても初回も第2話も、よくぞこんな"人生最悪の一日"を思いつくと感心せざるを得ない切り口だ。小劇場で活躍する人気劇作家、恐るべし!

■どんでん返しの連続

誘拐事件の現場で、全裸のままスーツケースに入っているという大ピンチの国会議員・渡部(神保悟志)。誘拐犯が自分の息子であることが判明する。その息子が、被害者の母と不倫をしていた。しかも誘拐事件は、息子が出ている演劇の舞台だったとさ。もう「えぇ~っ!」の連続だ。

違法風俗で警察の摘発に遭遇する第2話も、負けず劣らず"どんでん返し"の連続だ。
足止めされた風俗店の中に、もう一人芸能人がいた。二人で協力して、脱出するための芝居を打つことになった。ただしアドリブのため、ストーリーはあらぬ方向に迷走する。それでも次の舞台まで、開演時間は刻一刻と迫る。「絶対に捕まるわけにはいかない......」「舞台に遅れるわけにはいかない......」という思いから、芝居に必死で食らいつく。ところが結末は......。

もともと設定が"あり得ない"上に、"どんでん返し"が連続するため、状況の異常さはどんどんヒートアップする。これでは見るものの頭は、グジャグジャになってしまう。いわば脳内を剛力でマッサージされているような錯覚に陥る。

■高い視聴者の評価

あまりにユニークな出来に対して、視聴者からは高い評価が寄せられている。初回から第2話にかけて、ほとんどの指標が良くなっている点も特筆すべきだろう。

まず視聴率は、初回1.8%が第2話では2.3%に改善された。初回での評判が話題を呼び、明らかに視聴者が増えている。
同じ2400人のモニターの毎日のテレビ視聴動向を調べるデータニュース社「テレビウォッチャー」のデータでも、多くの実績が第2話で改善されている。
まず視聴者数は13人→14人、録画数が25人→26人。次回視聴意向の5段階評価では、「絶対見る」「なるべく見る」を足しあげた「次回見たい率」が85%→93%と、いずれも良くなっている。
唯一、満足度だけが4.00→3.86と、少しだけ下がってしまった。それでもドラマの平均が3.6~3.7であることを考えると、3.86は依然極めて高いと言える。

初回に対する感想は以下の通り。

「神保悟志が全裸でスーツケースに入る。このような役を演じたことに驚いたが、とても面白かった」女55歳(満足度5・次回なるべく見る)
「OP音楽を聴くだけで見たが、話が面白くて、結局最後まで見てしまった」女31歳(満足度4・なるべく見る)
「久々にバカっぽくて、面白い番組」男56歳(満足度5・絶対見る)
「初めから凄かったが、次から次へと展開が凄すぎて、毎週こんな面白いのが見られたら最高」女39歳(満足度5・絶対見る)

第2回にも、こんな感想が寄せられた。

「初めて見たけど面白い」男42歳(満足度5・絶対見る)
「2回目もとても面白いストーリーで、最近のテレ東演出の出来の良さを感じます」男56歳(満足度5・絶対見る)
「光石研の演技っぷりが良かった」男44歳(満足度4・なるべく見る)
「最後のオチに笑った」女55歳(満足度5・なるべく見る)

深夜放送とは言うものの、「地上波テレビの民放でもここまでできるのか」と思わず目を疑ってしまうほど、自由な設定や展開。しかもタブーは全くなしと見える"思いっきりの良さ"も、はっきり言ってオモシロイ。
小劇場で活躍する11人の人気劇作家の競作である。今後もどんな規格外ドラマが出てくるか、楽しみでならない。

【無料配信】「下北沢ダイハード」配信中>>

文責:次世代メディア研究所

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ