ここから本文です

暑い日が続く夏に増えがちなのが、痴漢被害。危機管理のスペシャリストによる女性向けの対策方法が、映像配信サービス「GYAO!」で公開中のトークバラエティ「さきどりBose」で紹介された。

サムネイル

(C)GYAO!


ストーカー被害に遭わない方法は?痴漢対策の方法って?>>


同番組に登場した安全生活アドバイザーで、生活総合情報サイト「All About」防犯ガイドの佐伯幸子さんによれば、電車内で痴漢に合いやすい人の特徴は、「おとなしそうな普通の女性」なんだそう。逆に「反撃してきそうな強そうな女性」を避ける傾向にあるため、痴漢を避けるには「おとなしい服装より目立つ服装」がおすすめらしい。例えば、奇抜な印象を与える「ゴスロリファッション」が、痴漢対策に効果があるスタイルの一つとしてあげられた。

さらに、「英字新聞」を手に持つことも平凡さが薄れるため痴漢対策になるようだ。気軽な小道具として「サングラス」も紹介され、表情が見えないことで相手を不安にさせるという心理効果を発揮するそうだ。

「さきどりBose」アシスタントの小池美由はアイドル活動をしているため、共演者たちからストーカー被害を心配する声があがったものの、当の本人は変装するなどの対策は一切していないらしい。そんな無防備な小池を諭すように、佐伯さんからは「仕事終わりの帰宅時」は一番気をつけた方がいいと指摘された。誰かと電話しながらの帰宅は、話し声で女性ということをアピールしてしまうため、やめた方がよいそうだ。

さらに、下を向きながら歩きがちだという小池は、「周囲を見渡せなくなるため、必ず前を見ながら歩くこと」など、すぐにでも実践できそうな痴漢防止対策をアドバイスされていた。

「さきどりBose」は、ヒップホップグループ・スチャダラパーのBoseがMCを務めて、これから流行しそうなものをゲストとともに紹介していくトークバラエティ。

(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ