ここから本文です

うたい文句は「成婚率100%! 理想の相手が必ず見つかる!」。
『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系列:金曜夜11時15分~)は、ミュージカル界のプリンス山崎育三郎演じる藍野真伍が所長を務める結婚相談所が物語の舞台だ。歌やダンスを織り交ぜ、コミカルな展開が随所に見られる本ドラマに、第3話では元アイドルで毒舌お騒がせ女優として内山理名が登場。離婚した元夫からモラハラ被害で訴えられているという、訳ありで嫌われ役の祥子を痛快に演じた。

サムネイル

山崎育三郎, Jul 24, 2017 : 連続ドラマ「あいの結婚相談所」の制作発表会見(写真:MANTAN/アフロ)


【無料配信】「あいの結婚相談所」配信中>>


■"尖(とが)っている"女性は現実にも多い!?

「あいの結婚相談所」では、通常は200万円という高額の入会金を受け取っている藍野(山崎育三郎)。しかし今回は特別に無料で理想の相手を見つけるという。当初は乗り気ではなかった祥子(内山理名)だが、成婚率100%と自信満々な藍野に対し、「上等じゃないの。できるものならやってみなさいよ」と挑発するように申込書にサインする。
「世の中の女性全てが結婚を望んでいるなんて大間違い」「夫婦って何? 寄り添う気持ちがあれば夫婦である必要があるの?」と、険しい顔で食いつくように詰め寄る祥子。まったくかわいげも何もない女性である。そんな彼女の理想の相手は「私がアイドルだった事を知らない人」「子供が嫌いな人」であった。

藍野が選んだ相手・奈良(金井勇太)は事情があって中学を卒業し働き始め、テレビを見ている暇がなかったため、祥子がアイドルだった事を知らないという。そんな奈良に対しても、案の定、激しい毒舌トークを繰り広げる祥子だが、彼は「正直で良い」と温かい言葉をかける。

過去に約3,000組のカップルを成婚に導いてきた筆者の経験から言うと、このように強がって尖(とが)っている女性は、周りに敵を作っている事が多いため、優しい言葉をかけてくれる人にめっぽう弱い。
「大変なお仕事ですね。何を言われてもどんな強気な事を言っても祥子さんの味方でいたい」と言う奈良。"自然のままのあなたが好き"と、自分の事を肯定し共感してくれる人が現れたことによって、祥子は次第に変わり始める。トークに少しずつ優しさや余裕が出てくるようになったのだ。

■「親子の愛情」が大きなテーマ

祥子には"母親に捨てられた" つらい過去があった。これまで母親に愛された記憶がない彼女だったが、ドラマの終盤では母の大きな愛を感じることとなる。相手に求める条件を当初の「子供嫌いな人」から「子供が大好きな人」と180度変えるまでに至る物語の展開は、非常に感動的だった。

子供は親を選べない。世間では幼い子供が実の親から虐待を受けるなど、犠牲になる事件も数多く報道され胸が痛む。自分を頼って産まれてくる幼い命。大きな愛情をかけて一生懸命育てて欲しい。子供を守り育てる覚悟は親になれば当然の事だと思う。

筆者が代表を務める結婚相談所でも、「子供はいらない」と言う方に時折会うことがある。背景には今回同様のつらい生い立ちがあるのかもしれないが、話を聞いてみるとそうではない場合も少なくない。自分は親から愛情をいっぱい受けて育ったのにもかかわらず、「子供がいると自分のやりたい事ができない」とか、「責任を持たなくてはいけないのが面倒だ」と言うのだ。挙句の果てには「産むのは面倒だからどうしても欲しくなったらもらってくればいい」とのたまった女性までいる。自分が一番大事なのだ。親が聞いたら、どれほど悲しむことだろうか。

たった一度の人生。自分の事で精いっぱいの一生を送るのは、あまりにも寂しい。もちろん子供を持たないという選択をするのは自由だが、結婚相談業に携わる身としては、家族を持つ選択ができるうちに実現していただきたいと願う。

■相手を信じて手を離さない勇気

今回番組内で藍野が言った印象的な言葉がある。それが「相手を信じて手を離さない勇気」だ。
劇中では、奈良が別の女性とホテルのラウンジで仲良く歩いている姿を祥子が目撃してしまう。「もう二度と会いたくありません」と、藍野に断りの電話を入れる。

今回のケースのような相談所を通じた交際では、長い年月をかけて信頼関係を築くことができないため、ちょっとでも気に入らない所を発見すると、すぐに「お断りをしたい」と言ってくる場合がある。ほんの些細(ささい)な意に反する言動から「こんな事も、あんな事もできない人に違いない」と想像し、どうでもよい小さな事をきっかけに、マイナスモードに突入するのだ。
つないでいた手を放してしまう前に、一番して欲しいのは"相手を信じてあげる"ことである。本ドラマのように、相手を信じる事で自分も救われることがあるのではないだろうか。

物語は次回が第4話。チャイナドレス姿で藍野に言い寄る謎の美女として中村アンが登場する。2人の関係とともに今後の展開に注目していきたい。

【無料配信】「あいの結婚相談所」配信中>>

文責:ユイ・ウェディング 代表 木村美智代
監修:次世代メディア研究所

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ