ここから本文です

"スピリチュアルアイドル"疋田紗也(ひきた・さや)は、霊やオーラが見えるだけでなく、なんと霊と話すこともできるそう。そろそろオカルト話が欲しくなる季節ということで、疋田に過去の心霊体験などを語ってもらった。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 スピリチュアルアイドル・疋田紗也)


アイドルがスピリチュアルに目覚めた訳>>


■V6の強烈オーラに2日間寝込んだ

疋田はスピリチュアルアイドルとして、テレビ番組や雑誌の企画などでパワースポットや心霊スポットへ行ったり、出演者のオーラを見たりといった活動をしている。霊は見ようと思わなくても見えてしまうが、オーラは自分の中のスイッチを入れることで見えるという。オーラは性格や気持ちの状態を表し、人によって大きさや色はそれぞれらしい。今まで1,000人以上のオーラを見てきた疋田が、芸能人で初めて鑑定したのはアイドルグループ・V6のメンバーだった。

「メンバー全員のオーラを見たんですが、オーラが強すぎて見た後に2日間寝込みました(笑)。全員それぞれ違う色で、そのとき一番強かったのが岡田准一さんです。ゴールドのオーラが見えました。あと、今まで見た中で一番大きなオーラの持ち主だったのが、北野武さん。部屋の天井を突き抜けて外に出るほどでした」

なんと疋田は、霊と会話もできるそう! しかし、霊と一体どんな話をするのだろう?

「お墓に行くと、亡くなった方の霊と話したりします。以前、仕事で大手町にある『平将門の首塚』に行ったときは、将門さんと話しました。それで、『自分は霊も見えるし引き寄せてしまうので、この場所が怖いけど、お仕事で心霊スポットに行かなくてはならない』ということを将門さんに伝えたら、『じゃあ、俺が守ってやる』って、雨を降らせてくれたんです。雨には浄化の作用があるから、霊を祓(はら)ってくれるんです。将門さんは男気あふれる方ですよ(笑)」

なんと平将門と会話したとは......。今まで出てきたスピリチュアル系タレントの中でも、エピソードのインパクトが強烈すぎないか!?

新聞の一面を飾った宇宙人との遭遇体験>>


■霊感のせいで運転免許取得に苦戦!?

そのすごすぎる霊感が目覚めたのは、百日咳(ぜき)で入院した1歳のとき。点滴の量を間違えられる医療ミスで臨死体験をし、それ以降オーラや霊が見えるようになったそう。自分が"見える人"だというのは、中学生のときに自覚した。

「小さい頃から、言葉にすると霊が寄ってきてしまうから口には出しませんでした。だから、みんなも見えているけど、わざと口にしないんだって思っていました。でも、中学2年生くらいのとき、自分が見ているのが人なのか霊なのか分からなくなっちゃったんです。それで、人か霊か周りに確認していたら、気持ち悪がられたんです。みんなには見えてないんだって、ようやく気付きました」

霊が見えるせいで困ることも多く、中でも運転免許を取るときに苦戦したとか。

「教習所に通っているとき、路上運転で幽霊が道路に出てくるので、ついブレーキを踏んじゃうんです。それで教官に注意されて、何回も修了検定を落とされました。なんとか免許を取りましたが、運転するときは常に幽霊なのかどうか、確認を忘れないようにしています。でも、霊がいきなり窓に張りついてきたり、助手席に座ったりすることもあって、びっくりしてブレーキを踏んだせいで、後ろからトラックに突っ込まれそうになることもあります」

オーラがきっかけで病気が判明する事も......>>


霊感のある人は、知られざる苦労がいろいろあるのだなぁ......。そんな疋田が今まで一番つらかったのが、100体以上の霊に憑(つ)かれたときだ。

「20歳前後の頃だったかな。夏で、心霊系の撮影が多かったんです。上野の廃校でロケしたときに子供たちの霊に憑かれてしまい、そこから他の霊も憑き始めました。だんだん体調が悪くなって、いきなり泣き出すようになって。気付くと建物の10階の非常階段にいて、頭から落ちてぐちゃぐちゃになりたいって考えている自分と、何言っているのって止めようとする自分がいたこともあって、自分が二重人格になったようでパニックになっていました。霊媒師の方に見てもらったら、100体以上憑いていたみたいです」

■霊と人間の懸け橋になりたい

現在はスピリチュアルアイドルとして活躍している疋田だが、もともとグラビアアイドルとしてデビューした。

「小さいときから音楽が好きで、歌手になるのが夢でした。15歳のときに今の事務所にスカウトされて、まずは名前から売っていくのが良いんじゃないかということで、グラビアから始めたんです。ビキニなんて着たことがないから、恥ずかしくてカメラから逃げ回っていました(笑)。ニップレスの使い方さえわからないまま始めました。今も需要があれば、やりたいと思っていますけどね(笑)」

スピリチュアルアイドルが撮った心霊写真>>


グラドルからスピリチュアルアイドルに転向したのは、雑誌の企画で池袋の心霊スポットに行った際、疋田が本当に見えていると信じてくれる人がいたことがきっかけ。しかし、ファンの反応は厳しいものだった。

「グラビアで需要があったので、『スピリチュアルってどうなの?』という意見はありました。あと、怖いのが苦手な人からは拒否されたり、見えるというだけで気持ち悪いと言われたり。でも、このスピリチュアルアイドルとしてやってから、信用してくれる人がいたり、相談してくる人も増えたんですよ」

今後疋田が目指すのは、"幽霊と生きている人との懸け橋"だそう。

「幽霊って結局は生きていた人なんですよ。何か伝えたいことがあるから、そこにいるんだなってわかるようになりました。お祓(はら)いはできないんですけど、霊の伝えたいことを私が汲(く)み取って、少しでも安らかに眠ってもらえたらいいな。それと、何を霊が伝えたいのかは見えない人にはわからないので教えてあげたいです。幽霊と見えない人の間に立つ存在になれたらと思います」

「〇〇との懸け橋になりたい」という言葉自体はよく聞くものだが、懸け橋になる先が幽霊というのは初めて聞いたかも......。将来こちらの度肝を抜くような形でメディアに引っ張りだこになってくれることに期待!

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 スピリチュアルアイドル・疋田紗也)


◆疋田紗也(ひきた・さや)
1989年1月23日生まれ、千葉県出身。15歳のときにグラビアアイドルとして芸能界デビュー。1歳のときの臨死体験から霊やオーラが見えるようになり、現在はスピリチュアルアイドルとして活躍。その他、ミュージカルへの出演や、和太鼓アイドルユニット「東京おとめ太鼓 with さや」としても活動している。
座右の銘は、「明日死んでも後悔しない生き方をする」。


その他の出演番組>>

・とてつもないオーラを持っていた芸能人
・アイドルがオーラ診断で恋人発覚!?
・お岩さんは可愛い系のキャラだった!?
・◯◯な場所は逆パワースポットだった!?

(取材・文/上西幸江@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ