ここから本文です

司馬遼太郎の歴史大作を『日本のいちばん長い日』の原田眞人監督で映画化した『関ヶ原』(8月26日公開)。本作で、岡田准一演じる石田三成に最大の敬意をもって請われ、三成を支える武将・島左近を演じた平 岳大。劇中、数々の戦国武将が登場するなか、ひと際強烈な存在感を示した平に岡田との共演の印象や、原田組の魅力などを聞いた。

サムネイル

三成を支える武将・島左近を演じた平 岳大『関ヶ原』(8月26日公開)


なぜ「関ヶ原の戦い」は起きたのか?(GYAO 特設サイト)>>

【スペシャル映像】映画『関ヶ原』とは>>


-----------------
■敗者のヒロイズム(英雄主義)を感じる役柄

サムネイル
三成を支える武将・島左近を演じた平 岳大『関ヶ原』(8月26日公開)


――劇中、平さん演じる島左近は、ものすごい迫力でした。

平: 僕は原作でしか島左近のことを知らなかったのですが、衣装合わせのとき、原田監督が傷を作ったり、眉毛を『隠し砦の三悪人』の三船敏郎さんみたいにしてくれと言っていたりと、ビジュアルイメージがすでにしっかりとあったんでしょうね。僕はそういった部分から、発想や空想をもとに左近という人物を作っていきました。

――島左近のどんな部分を意識して演じたのでしょうか?

平: 経験と自信がありつつも、どこにも属さない一匹狼(おおかみ)的な部分があるのですが、正義なんてない戦国の世に、正面から正義をかざしている三成という人物に心惹(ひ)かれたような純粋さは意識しました。

【特別映像】キャラクター映像(平岳大が演じる島左近)>>


――敗軍に属しているが、ヒーロー然とした佇(たたず)まいがありました。大河ドラマ『真田丸』でも武田勝頼を演じているなど、悲劇のヒーローが似合う印象があります。

平: 敗軍の方がマイノリティーというか、敗者のヒロイズム(英雄主義)を感じますね。時代劇って強すぎる表現はないと思っているので、全身全霊で役に取り組める面白さや充実感はあります。

【特別映像】キャラクター映像(役所広司が演じる徳川家康)>>


――甲冑(かっちゅう)や刀など武具を身に着けると気持ちが引き締まりますか?

平: かつらをつけて着物を着るだけでも、8割近くはその世界観に入れます。

――本作の島左近をはじめ、武田勝頼など時代劇がとてもお似合いの印象がありますが、ご自身の性格も戦国武将のような男らしい性格なのでしょうか?

平: 僕は平和主義者です。まあ顔が怖いので、時代劇ではそれをうまく使っていただいているという感じです。今回も最初仕官したときは、髪を結っていたのですが、戦のときにザンバラにしたら、原田監督から「それだ!」と言われ、そこからはどんなときでもザンバラ頭になりました(笑)。

■「これほど緊張感がすごい現場は初めて」

【特別映像】キャラクター映像(有村架純が演じる初芽)>>


――原田監督の現場はいかがでしたか?

平: 今まで出会ったことがないタイプの監督でした。簡単に言うと、原田監督ってよく怒るのですが、俳優からなにかを引き出そうとしているのかなと感じることがありました。

――具体的にエピソードはありますか?

平: 例えば、僕たち西軍の人たちにはすごく怒るんです。撮影の合間に、東軍に属している俳優とお酒を飲む機会があったので「監督に怒られてない?」と聞いたら「とてもご機嫌だったよ」って言うんです。西軍は敗軍なので、叱咤(しった)する演出だったのかもしれません。

【特別映像】キャラクター映像(東出昌大が演じる小早川秀秋)>>


――かなり緊張感のある現場だったようですね。

平: すごく鼓舞されました。ワンカットワンカット、これほど緊張感がすごい現場は初めてでした。ただキャストをはじめメイクさんやスタッフさんも、その緊張感に負けることなく、みんな100パーセント以上の力を出していたと思います。

――撮影は過酷だったのですね。

平: 撮影中はスタッフさんも寝る時間を惜しんでお仕事をされていましたし、本当に大変でしたが、試写のときにスタッフさんと会っても、みなさん「またやりたいね」って笑顔なんです。衣装さんも、別の現場であったとき、みんな『関ヶ原』の話しかしないんです。それだけ魅力的な現場でした。

■岡田准一はストイックで間違えることをしない!

【特別映像】キャラクター映像(滝藤賢一が演じる豊臣秀吉)>>


――三成役の岡田准一さんとの共演はいかがでしたか?

平: とてもストイックで間違えることをしない人ですね。僕は現場でいろいろと探ってしまうタイプなのですが、岡田さんは探求心がありつつ全くぶれない。過去にも時代劇をやられているということもあると思いますが、走り方、着物の着方とかに隙がないんです。

サムネイル
三成を支える武将・島左近を演じた平 岳大『関ヶ原』(8月26日公開)


――とは言いつつも、平さんがワンショットでスクリーンに映し出されると見入ってしまうほど迫力がありました。

平: 映像の場合、あまり大げさな芝居をしない方がナチュラルに映るのでいいと思うのですが、あの髪形と頬の傷、そして甲冑(かっちゅう)を着けて馬に乗ってしまうと、どうしても力が入ってしまいますね。でも、彼は自分の死に場所を探して、三成とともに行動をしたんだと思います。そういった彼の美学を見てほしいです。

サムネイル
司馬遼太郎の大ベストセラーを日本映画史上初めてスクリーンに!『関ヶ原』(8月26日公開)


日本の未来を決した、わずか6時間の戦い「関ヶ原」。岡田准一、役所広司、有村架純といった豪華キャストを迎え、司馬遼太郎の大ベストセラーを日本映画史上初めてスクリーンに。構想25年、これまで語られてきた「関ヶ原の戦い」を、新しい解釈と共に描く。撮影では、京都・東本願寺、姫路城など歴史的建造物でロケを敢行。エキストラ総勢3,000人、延べ400頭にも及ぶ騎馬や鉄砲隊が入り乱れる合戦シーンは大迫力の映像となっている。

(取材・文・撮影:磯部正和)
(C)2017「関ヶ原」製作委員会

------
平 岳大(ひら・たけひろ)
1974年生まれ、東京都出身。2002年舞台「鹿鳴館」で俳優デビュー後、「国民の映画」(14年)、スーパー歌舞伎「ワンピース」(16年)、「フェードル」(17年)などの舞台出演のほか、大河ドラマ「篤姫」(08年)では徳川慶喜、「真田丸」(16年)では武田勝頼を演じる。また、2006年に『明日の記憶』でスクリーンデビューを果たすと、『のぼうの城』(12年)、『悪の教典』(12年)、『永遠の0』(13年)、『おかあさんの木』(15年)などに出演し、存在感を示している。座右の銘は「自由であり自在でありたい」。

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ