ここから本文です

活動拠点を国外から近年日本に移し、"逆輸入俳優"として注目されているジョーナカムラが、台湾で俳優・竹野内豊と間違われて地元ニュースでスクープされたエピソードを披露した。

サムネイル

(C) ワタナベエンターテインメント


逆輸入俳優が現地報道で間違われた日本人俳優>>


ジョーは、香港、台湾、シンガポールで活躍し、これまで海外のものも含め放送された出演CMは実に49本。ディーン・フジオカ、大谷亮平に続いてブレークが期待される逆輸入俳優として話題になっている。ジョーは、映像配信サービス「GYAO!」にて公開中のトークバラエティ「ぶるぺん」で、台湾での驚きの経験を明かした。

ジョーが友人の営むおでん屋に行った際、隣の席に座っていたのが偶然、シャープ株式会社を買収した大企業「鴻海精密工業(ホンハイ)」の社長という超大物だった。社長はすぐ帰ってしまい、ジョーもとくに気にしていなかったのだが、翌日になって友人から「テレビ見ろ! ニュースつけろ!」と連絡が来た。なんとニュース番組で、「社長がおでん屋で日本の俳優・竹野内豊と会食した」と報じられていたそうだ。

ジョーは、「(写真が)僕と、社長さんだった。他のお客さんが間違えてリークしちゃったんですよ」と自身が竹野内豊と誤解されたことを明かす。番組MCを務めるお笑いコンビ・ザブングルの松尾陽介は、撮られた翌日にニュースとして報じられる、台湾メディアのスピードにも驚きの様子だった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ