ここから本文です

お笑いコンビ・トータルテンボスの藤田憲右が、写真週刊誌『FRIDAY』による"局部丸出し"会見報道について釈明。自身はあくまでイタズラの被害者だと語った。

サムネイル

(C)吉本興業


トータル藤田があの週刊誌報道を釈明>>


1日発売の『FRIDAY』は、トータルテンボスの芸歴20周年を記念した記者会見にて、藤田の局部が映った動画が流されたと報じた。記事では、会見場は気まずい雰囲気だったと伝えており、さらに弁護士による「わいせつ物陳列罪に当たる可能性がある」とのコメントも掲載されていた。

トータルテンボスは、映像配信サービス「GYAO!」にて公開中のトークバラエティ「よしログ」に出演。大村朋宏は「『FRIDAY』デビューおめでとうございます!」と藤田に話しかけて、スタジオは拍手に包まれた。

番組では、問題の会見のいきさつについて語った。会見のコンセプトや、映像の入手経路なども明かされて、大村は、「記者さん大爆笑していましたよ。でもフタを開けてみたら、わいせつ物陳列罪。笑ってたやん!」とツッコむ。藤田はあくまで自身はドッキリの被害者だとして、「まったく俺は知らない。俺に悪気はないけど、これがわいせつ物陳列罪なら、スタッフはもちろん俺も悪い扱いになる。俺、何もしていないのに!」と嘆く。2人ともすっかり報道をネタにしている様子だった。

よしもとの人気芸人が日替わりで登場する生トーク番組「よしログ」は毎週月~金20時30分~22時30分で「GYAO!」にて生配信。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ