ここから本文です

16歳のタレント・其原有沙は、2歳から芸能活動を行っているが、アイドルグループ・乙女新党に在籍していた約2年間はとても大切な時間だったらしい。昨年7月に同グループが解散して、現在は雑誌、舞台、バラエティと幅広く活動する彼女。グループ解散から1年たち、自分の未来について語る。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 現役JKタレント・其原有沙)


将来の夢を松本人志に突っ込まれた、現役JKタレント>>


■コメディ演技は「いつもの有沙」!? 

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 現役JKタレント・其原有沙)


7月に「LINE」が公開した、其原主演の動画『JKのLINEあるあるww』が、再生数130万回を突破するヒットを飛ばしている。動画の反響に本人も驚き気味だ。

「最近だと一番反響が大きかった仕事で、アイドル好き以外の方に届いた感覚があります。アイドル活動のときは、いろいろ発信していても、アイドル業界という一部の枠の中でしか見られていない感じがありました。今回、自分と同世代の子に見てもらえたのはすごくうれしいです。だけど、うれしさより驚きの方がまだ強いかも......!」

2歳から活動する元子役のデビューのきっかけ>>


同動画に対して、友人たちからは「いつもの有沙」という感想を伝えられたそう。変顔を連発したり、額で瓦を割ったり、コミカルな演技を全力でやり切った。

「素の自分がそのまま出せて、すごく向いているお仕事だと感じたんです。ただテスト2日前に収録だったから、そこは大変でしたけど(笑)。え、テストの結果? ......なんとかギリギリで大丈夫でした。悪くても言いませんけど(笑)」

元子役が沢尻エリカにおねだりしたこととは?>>


■活動休止を考えていたとき出会った乙女新党

其原が乙女新党に加入したのは、2014年7月。オーディションの話がやって来たのは、実は芸能活動休止を考えているタイミングだったという。

元アイドルがライブで心残りだったこと>>


「バレエと合唱部、陸上部をやっていたら、お仕事だけじゃなくて、そっちも忙しくなっちゃって。だから芸能活動は1回区切りをつけて、中学の間は学業に専念するのもありかな、でもまた復帰できるかなと迷っているときに来たのが、乙女新党のオーディションの話でした。それまでアイドルはほとんど興味がなかったんです。でも乙女新党について調べていくと、すごくキラキラしていて、他のアイドルとは何か違うなって。ここでなら冒険してみようと思えたんです」

10年以上に及ぶ芸能活動のなかで、乙女新党のメンバーでいたのは、たった2年のこと。それでも其原は「濃い時間」だったと振り返る。

「月曜から金曜までレッスンで、土日はライブみたいな生活で、すごく忙しかったんですけど、そのぶん充実していました。それまでは雑誌やCMに出ても、ファンの方の感想を直接聞く機会がなかったんですけど、アイドルはライブが終わったら、すぐに握手会が始まって、ファンの方が『よかったよ』とか『こうしたらいいよ』とか感想を伝えてくれる。何か発信している実感がすごく得られるんですよ。あとは、"自分を全部出さず、引くところは引く"とか、それまで個人でやってきた活動とはまた違うことが学べました」

乙女新党は昨年7月に開催されたラストライブをもって解散。其原も再びソロで活動することとなった。

「もうちょっと自分の歌った曲をたくさんの方に聞いてもらいたかったな、またアイドルやりたいなって気持ちがあるんです。解散したアイドルグループがフェスで1日だけ再結成した......みたいなお話を聞くとつい期待しちゃって。1日だけでいいから、いつかまた6人で乙女新党の曲を歌って踊りたいな。難しいことは理解できるんですけど、それは夢なんです」

■静止画よりも動画に向いている?

くるくる変わる表情、ポーズ......。アイドル時代から"動き"を褒められることが多かった。

現役JKの激カワレイザーラモンHG>>


「アイドル時代も『動いている方が面白い』とよく言われていたので、私は静止画より動画の方が向いているんじゃないかな。だから、動きが見せられるお仕事に最近興味が沸いています。ミュージカルは見るのも大好きだし、ミュージカルに出演したい! あと今まで舞台では、アイドル役をいただくことが多かったんですが、自分とかけ離れた役も演じてみたいな。もともと元気な性格だから、逆に元気な役は自分を演じているみたいで難しい部分もあるんです。だから、おとなしい役とか、賢い役もやってみたい」

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 現役JKタレント・其原有沙)


現在はNHK Eテレ「すイエんサー」に"すイエんサーガールズ"としてレギュラー出演しており、5月・7月にはフジテレビ系「ワイドナショー」にもワイドナ高校生として出演。最近はバラエティにも活躍の幅を広げている。本人は「トークが苦手だから大変なんですよ」と言いつつも、新たな挑戦が続くことを楽しんでもいる様子だ。ソロで活動する今、モチベーションとなっているのはファンの存在だそう。

現役JKがラララライ体操を披露したら......>>


その他の出演番組>>

・元子役がオーディションで芦田愛菜と遭遇
・現役JKタレントが苦手な意外なモノ
・現役JKは懐かし家電を見分けられる?
・現役JKはレトロゲームソフトが分かる?
・現役JKは「あるある探検隊」を知っている?

「ファンのみんなは、家族や友達とはまた違う感じで、本音でぶつかれる存在なんです。マネジャーさんからは『自分でも頑張れるようになりなさい』とは言われるんですけど、私はまだファンの方から自立できていないかな。今は、いろいろ新しいことに挑戦して、これだって思えるものを見つけたい。芸人さんみたいなことを言いますけど、たくさんの方に私を見てもらって、面白い子だと思ってほしいです!」

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 現役JKタレント・其原有沙)


◆其原有沙(そのはら・ありさ)
2001年8月24日生まれ、東京都出身。2歳から芸能活動を行っており、これまで出演したCM多数。近年は、LINE『JKのLINEあるあるww』動画の他、ヤマト運輸『クロネコメンバーズ 校歌篇』テレビCM・ウェブ動画、YAMAHAバイク・トリシティのウェブ動画『サウナとトリシティでととのった』、ハウス食品『シチューオンライス』テレビCMなどに出演して話題を呼んだ。
座右の銘は、アインシュタインの名言「人は人を幸せにするために生まれてくるのですよ」。

(取材・文/原田イチボ@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ