ここから本文です

渋谷直角のサブカル漫画を、映画『モテキ』の大根仁監督で実写映画化した『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(9月16日公開)。本作で"奥田民生になりたいボーイ"=コーロキを演じた妻夫木聡と、"狂わせるガール"=あかりにふんした水原希子が「最高に楽しかった!」という撮影や、お互いの印象などを包み隠さず語り合った。

サムネイル

妻夫木聡と水原希子『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(9月16日公開)


【特集】9月16日公開 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』>>

【特別映像】『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』>>


【ミュージックビデオ】奥田民生、劇中を彩る名曲を一挙配信>>

■あれよあれとよ大きくなっていった企画!

サムネイル
妻夫木聡と水原希子『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(9月16日公開)


――妻夫木さんは、渋谷先生の原作に惹(ひ)かれて出演を志願したとお聞きしましたが。

妻夫木: 僕はもともと民生さんが大好きだったので、原作の題名をみたときに「なんてすてきなタイトルなんだろう」って思いました。映画って芸術的な側面ももちろんありますが、気楽に観に行って、大笑いする娯楽性もすごく大切だと思うんです。この作品を大根監督が撮ったら、メチャクチャ面白くなるだろうなって予感はありました。最近、出演作にラブコメがあまりなかったので、自分でもやりたいって思いが強かったんです。

――妻夫木さんが手を挙げてくれたことで、映画の公開規模が一気に大きくなったと渋谷先生も大根監督もおっしゃっていました。

妻夫木: 以前一緒にやっていたマネージャーさんが、いま製作に回っていて「いい企画があったら教えて」と言われていたんです。僕も最初はそこまで大きな規模では......と思っていたのですが、大根監督が撮って、しかも東宝が配給って聞いてびっくりしたんです。新井(浩文)くんからも「ブッキーあれ、やるの?」なんて言われていたんですよ。大根監督も「希子ちゃんが受けなければ撮らない」なんて言っていたので。でも、あれよあれよと話が進んでいって、最初は驚きましたね。

【狂わせガールのモテテクニック】「突然、手を握って心を掴め」>>


――いまの妻夫木さんのお話のように、大根監督のなかでは、あかり役は水原さん一択だったようですね。

水原: その話は最初聞いていなかったので、きっと誰かに断られて私のところに来たんだろうなって思っていたんです。それでもラッキーなんて思っていたら、プロモーションが始まると、大根監督が「希子ちゃんじゃなければ」とおっしゃっているのを聞いて、自分の可能性を信じてくださったということがすごくうれしくて泣いちゃいそうな気持ちでした。

■過激なシーンも「やりきらないと面白くならない!」

サムネイル
妻夫木聡と水原希子『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(9月16日公開)


――かなり過激なシーンが多いなか、大根監督の期待を軽々と超える演技をしてくれたと絶賛されていましたが。

水原: もちろん、そういうシーンに対して恥ずかしさはあるのですが、みなさんの期待に応えたいという気持ちの方が強かったです。自分が他の作品を見ていても、俳優がしっかりやりきっていないと共感できないし、特にラブコメなので、思い切り自分のできることはやり切ろうと思って臨んだんです。

妻夫木: 本当に希子ちゃんが覚悟を持ってやってくれたからこそ成立した作品だと思います。脱ぐ脱がないは関係なく、どうやったらあかりという役が魅力的になるか真剣に考えてくれていたし、それだからこそ、誰が見ても好きになり惚(ほ)れてしまうような人物になったんだと思います。そうなれば僕は、受けるだけでいいんです。もしあかりが魅力的じゃなかったら、かなりしんどいと思うんです。正直、お尻出したり、ランジェリーになったり、たくさんチューしたり、耳を舐(な)めたりするんですから、普通の女優さんだったらナーバスになると思うんです。でも本当に堂々と魅力的に演じてくれたので、助かりました。

水原: さすがに耳舐(な)めはびっくりしましたけれどね(笑)。

妻夫木: それを面白がってやってくれるのは、やっぱりすごいですよ。大根監督が「日本映画のヒロイン像を塗り替えた」って言っていましたが、冗談じゃなく本当にそう思います。

水原: でもそれは相手が妻夫木さんだったからなんですよ。常にオープンマインドで、私がなにをしても、なにを言っても全力で受け止めてくれる器の広さがあるから、思い切りできたんです。本当に現場に行くのが毎日楽しかったんです。

【狂わせガールのモテテクニック】「とりあえずオーバーに褒めろ」>>


■誰もが「面白くなる」と予感!

サムネイル
妻夫木聡と水原希子『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(9月16日公開)


――現場の雰囲気も良かったのですか?

妻夫木: 先ほども話しましたが、最初は誰も大きな映画になると思っていなかったんです。東宝さん配給なのですが、撮影日数はそれほど多くないし、結構カツカツの予算なのかな、なんて雰囲気もあったんです。でも逆にそうだからこそ、みんなの一体感があって、スタッフ、キャスト含め誰もが「面白くなるだろうな」という匂いを感じながらやっていましたね。

――妻夫木さんが演じたコーロキという役にはどんな印象を持っていましたか?

妻夫木: 誰もが一回は通ってきちゃう道なんだろうなって。みんなコーロキみたいな経験をして大人になるんだって妙に共感するキャラクターですね。若いころってバカな自分を認めたくないし、大人になりたいという思いが強いんですよね。そういう部分は染みますよね。

――水原さんのような若い世代にも、この映画の世界観は共感できますか?

水原: 大根監督って『モテキ』もそうですが、現実に起きていることを作品のなかに取り入れて、共感を得つつも、芸術性もあるのがすごいんです。実際映画を作っている方たちも、大人の余裕があるんです。時間がおしていても、あまりバタバタせず、映画作りにパッションを感じて楽しんでいらっしゃる。そういった大人の余裕も作品に出ているような気がします。

【狂わせガールのモテテクニック】「黙らせてささやけ」>>


――コーロキは奥田民生さんに出会って、生きる指針ができましたが、お二人にとってそういう存在の人はいますか?

妻夫木: 僕はやはり民生さんですね。目標というよりは理想ですけれど。ああいう肩の力を抜いて、やりたいことを格好つけずにやって生きるのってすごい憧れがあります。どうしても格好つけちゃいますからね。

水原: 私は『ロングバケーション』を見てから山口智子さんが好きでずっと憧れています。ああいうお芝居のスタイルの方ってあまりいませんし、媚(こ)びない感じも好きです。もちろん自分は彼女みたいにはなれないし、パーソナルな部分も違いますが、彼女の唯一無二の存在感はとても格好いいなって思います。

【狂わせガールのモテテクニック】「初めて はとにかく強調」>>


■恐ろしいことに、水原希子はなにを着ても似合う!

――劇中の水原さんも、唯一無二の存在感で観客を魅了していますが、妻夫木さんが一番グッときたあかりのファッションはありますか?

妻夫木: 初めて出会った日の、襟のあるシャツにミニスカートのファッションは好きですね。でも恐ろしいことに、希子ちゃんはなにを着ても似合うんですよ。この間、幼稚園児の格好で帽子をかぶったのですが、それでもファッショナブルなんですよ。そんな人います?(笑) 普通コントになるでしょ? 足を出す格好が似合うよね。

水原: 私は足を出すことに決めているんです!

妻夫木: でも撮影に来るときとかは、結構ボーイッシュじゃない?

水原: 仕事のときは、ゆるい格好なんです。来て帰るだけだから。普段は足を出すんですよ!

妻夫木: それってベテランの役者さんみたいだよね。ジャージで来て帰るみたいな。まだその年にしては早いんじゃない?

水原: そうかもしれませんね(爆笑)。

【狂わせガールのモテテクニック】「アセらせて狂わせろ」>>


業界お墨付きのキュートさと美しさとエロさを兼ね備えたキャラクターが男たちを狂わせるさまと、奥田民生の名曲とのマッチング――。作品のキャッチフレーズの通り「最狂にポップで、かつてない恋愛エンターテインメント」が堪能できる映画だ。映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』は恋の喜びや絶望を味わい、もがき苦しむ抱腹絶倒のラブコメディ。音楽は、タイトルにもなっている奥田民生の珠玉のナンバーを余すことなく全編に使用。個々の楽曲は主題歌やBGMの枠を超えた役割を与えられ、大根マジックにより革新的な音楽映画として再編集。出演は妻夫木聡、水原希子、新井浩文、安藤サクラ、リリー・フランキー、天海祐希、松尾スズキ。2017年9月16日公開。

【狂わせガールのモテテクニック】「帰り際は投げキッス」>>


【ミュージックビデオ】奥田民生、劇中を彩る名曲を一挙配信>>

(取材・文:磯部正和 撮影:中村好伸)
-----------------------
妻夫木聡(つまぶき・さとし)
1980年12月13日生まれ、福岡県出身。2001年に『ウォーターボーイズ』で映画初主演を飾ると、第25回日本アカデミー賞・優秀主演男優賞、新人俳優賞を受賞。その後もコンスタントに映画やドラマに出演し、2010年の映画『悪人』では第34回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞をはじめ、さまざまな映画賞を受賞すると、2016年公開の『怒り』で第40回日本アカデミー賞・最優秀助演男優賞を受賞。日本を代表する俳優として第一線級で活躍している。座右の銘は「一期一会」。

水原希子(みずはら・きこ)
1990年10月15日生まれ、アメリカ合衆国出身。モデルとして活躍しながら、2010年公開の映画『ノルウェイの森』で女優デビュー。その後、『ヘルタースケルター』(12年)、『進撃の巨人』(15年)、『高台家の人々』(16年)などに出演し、女優としてのキャリアを積む。座右の銘は「チャレンジを楽しむ」。

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ