ここから本文です

映画『エイリアン:コヴェナント』が、9月15日に公開された。1979年に公開された第1作『エイリアン』で描かれた物語の20年前が舞台となり、新ヒロインのダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)が、謎の惑星で生き残りをかけた、勇ましい戦闘シーンを披露している。未知なる生命体との戦いは予想できない恐怖に襲われ、ハラハラしっぱなし。
今回は、"人類が「脅威」に立ち向かう"、そんな大興奮に包まれる映画を紹介。下記の作品は映像配信サービス「GYAO!」にて期間限定で無料配信中。

■『バイオハザードII アポカリプス』(監督:アレクサンダー・ウィット、2004年)

サムネイル

(C) 2004 Davis Films/Impact (Canada) Inc. and Constantin Film (UK) Limited. All Rights Reserved.


【無料配信】「バイオハザードII アポカリプス」配信中>>


ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の人気シリーズの2作目。ゾンビにあふれたラクーンシティから、主人公アリスたちは脱出を試みる。街を荒廃させた全ての元凶"T‐ウィルス"を開発したアシュフォード博士(ジャレッド・ハリス)からアリスの元へ電話が入り、過酷な取引を言い渡される。最悪の終焉が4時間後に迫る中、アリスの決断は――。

■『ザ・コア』(監督:ジョン・アミエル、2003年公開)

サムネイル
(C)2003 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.


【無料配信】「ザ・コア」配信中>>


心臓ペースメーカーをつけている人々の突然死や、鳩(はと)の大量死など、奇怪な出来事が次々に起こる。異常現象の原因は、地球の中心にある"核=コア"の停止によるものだった。磁場をなくし、宇宙放射線をまともに浴びることになった地球は、1年以内に焼き尽くされてしまう。残されたわずかな時間の中、シカゴ大学の地球物理学者ジョシュ・キーズ(アーロン・エッカート)らは、人類滅亡を免れる方法を求めて奔走する。

■『世界侵略:ニューヨーク決戦』(監督:アンドリュー・ベルウェア、2010年公開)

サムネイル
(C)2010 Pundora Machine All rights reserved.


【無料配信】「世界侵略:ニューヨーク決戦」配信中>>


突如、エイリアンに襲撃された大都市・ニューヨーク。逃げ遅れたローラ(ティナ・タンザー)は、間一髪のところを謎の男に助けられる。しかし、今度はマインドコントロールされてゾンビ化した人々が襲い掛かる。エイリアンとゾンビ化した人々とのダブルパンチに見舞われたローラが、生き残る術はあるのか?

■『リーピング』(監督:スティーブン・ホプキンス、2007年公開)

サムネイル
(C)Warner Bros. Entertainment Inc.


【無料配信】「リーピング」配信中>>


大学教授キャサリン(ヒラリー・スワンク)は、「川の水が血に変わる」という異常現象を調査するため、小さな街・ヘイブンを訪れる。その後も旧約聖書にしるされる "十の災い"を模倣するような現象に次々と見舞われて......。キャサリンは、一連の怪奇現象の謎に迫っていく。

■『復活の日』(監督:深作欣二、1980年)

サムネイル
(C)1980角川映画・東京放送


【無料配信】「復活の日」配信中>>


小松左京の同名SF小説を映画化。東ドイツの研究所から猛毒ウィルスが盗まれるも、盗み出したスパイがアルプス山中で飛行機事故に遭ったため、地球にウィルスが蔓延(まんえん)してしまう。南極に残されたわずかな生存者の1人、地震学者の吉住周三(草刈正雄)は、地球にさらなる危険が近づいていることに気づく。

■『フレディVSジェイソン』(監督:ロニー・ユー、2003年)

サムネイル
(C) New Line Productions, Inc.


【無料配信】「フレディVSジェイソン」配信中>>


ホラー映画の歴史的な2大キャラクター、フレディとジェイソン。かつて人々の夢に侵入し殺戮(さつりく)を繰り返したフレディ(ロバート・イングランド)は、殺人鬼ジェイソン(ケン・カージンガー)の存在を知り、彼の夢に忍びこむ......。一体どちらを応援すればいいのか? どちらが勝っても人類危うし!?

上記の作品は映像配信サービス「GYAO!」にて期間限定で配信中。

『バイオハザードII アポカリプス』(9月26日まで)>>
『ザ・コア』(9月26日まで)>>
『世界侵略:ニューヨーク決戦』(10月8日まで)>>
『リーピング』(9月30日まで)>>
『復活の日』(9月24日まで)>>
『フレディVSジェイソン』(9月19日から11月27日まで)>>

(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ