ここから本文です

現在公開中の最新映画『散歩する侵略者』も好評な鬼才・黒沢清監督が、過去に前田敦子主演で映画を撮っていることをご存じだろうか? 2013年に公開された映画『Seventh Code セブンス・コード』は、前田がミステリアスな女を演じている。

サムネイル

前田敦子, Jun 11, 2016 : 1stアルバム「Selfish」のリリース記念イベント(写真:MANTAN/アフロ)


【無料配信】「Seventh Code セブンス・コード」配信中>>


『Seventh Code セブンス・コード』は、もともと前田のソロ曲『セブンスコード』のMVとして企画がスタートし、その後61分の中編作品として完成された、オール・ロシアロケで撮影されたサスペンスドラマ。「第8回ローマ国際映画祭」では、監督賞と技術貢献賞を受賞している。秋子(前田敦子)は、かつて東京で一度会って食事をともにした一人の男(鈴木亮平)を追って、ロシア極東の都市ウラジオストクまでやって来る。秋子は松永を追いかけるうちに危険な領域へと足を踏み入れていき――。

再び会いたいという強い思いに駆られ、一度食事しただけの男のためにロシアまで行くなんて、どう考えても常軌を逸している。何が彼女をそうさせたのか......? 謎めいたヒロインを、前田が演じている。ボロボロになりながらも一心不乱に松永を追いかける彼女の姿は、前田の長年のファンでさえ「こんなあっちゃん見たことない!」と驚くだろう。

幾重にも張り巡らされた謎、映像に漂う緊張感、ロシアの風景、そして前田の歌声......。不思議な余韻を残す、さすが黒沢監督と言いたくなる1本だ。

映像配信サービス「GYAO!」では、『Seventh Code セブンス・コード』を10月19日までの期間限定で無料配信中。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ