ここから本文です

元お笑いコンビ・グレートチキンパワーズの北原雅樹が、仕事が減った原因を振り返った。コンビ解散後、職を転々としたドン底生活についても告白している。

サムネイル

提供:アフロ


【無料配信】「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」配信中>>


かつて俳優業でもブレークしていた北原が、9月28日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演。北原は、NHKのお笑いネタ番組「爆笑オンエアバトル」で"伝説の事件"を起こしたせいで仕事が減ってしまったと語った。

同番組は、観客が面白いと思った芸人にボールで投票する形式なのだが、グレートチキンパワーズは、なんと前代未聞の投票0を記録してしまったのだ。これがきっかけとなったのか、お笑いどころかドラマの仕事も減っていった。

グレートチキンパワーズは2005年、解散。結婚したばかりの北原は、食べて行くために、デザイン事務所、卵工場、イベントの設営・撤去など職を転々とした。北原は、「『俺は役者や、役者や、役者や』って思いながら釘(くぎ)打つみたいな」と表舞台に立てない当時の苦悩を振り返った。

その後、芸能界を引退して司法書士事務所の事務員として就職するも、リストラにあってしまう。わらにもすがる思いでハローワークに行った北原だが、そこで担当してくれたおじさんの"ある一言"がきっかけで、芸能界復帰を決意したそう。一念発起した結果、現在ではレギュラー4本を抱え、兵庫県加古川市の観光大使を務めるなど兵庫県を中心に活躍している。

同番組では他にも、過去プチブレークを果たしたお笑い芸人・ですよ。、デッカチャン、キックが、当時の裏話を披露。事務所によって驚くほどのギャラの違いがあったらしい。

【無料配信】「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ