ここから本文です

女優・吉岡里帆が来年公開の映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』でストリートミュージシャン役として、映画・ドラマでは一度も聴かせたことのない歌声を初披露することがわかった。

サムネイル

阿部サダヲ&吉岡里帆、映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(2018年公開)


阿部サダヲ主演の映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の製作が発表され、翌2018年に公開される。4オクターブの音域と、すべての人の心を打つ声量を持つロックスターのシンには、誰にも言えない秘密があった――。実は彼の歌声は、"声帯ドーピング"という掟(おきて)破りの方法で作られたものだったのだ! 長年に渡る声帯ドーピングの副作用で限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか。2つの歌声が出会ったとき、奇跡は起きるのか!?

主人公のシンを演じるのは、コメディ俳優としても実力を誇る阿部サダヲ。NHK紅白歌合戦にも出場した人気バンド・グループ魂のボーカル≪破壊≫としても知られる阿部が、驚異の歌唱力を持つカリスマロックスターを演じる。シンのキャラクターを作り上げるにあたり、制作サイドが参考にしたのは、奇抜なパフォーマンスで有名なマリリン・マンソン。今まで見たことのないビジュアルの阿部が期待できそうだ。

声が異様に小さく歌声が聴こえないという弱点を抱えるストリートミュージシャンのヒロイン・明日葉ふうか(あしたばふうか)役を演じるのは、吉岡里帆。劇中で初披露される歌声と共に奏でられる、絶賛特訓中のギター、そして豪華アーティストたちの提供による映画オリジナル楽曲と注目ポイントが満載だ。

原案・脚本・監督を手がけるのは、『時効警察』シリーズで知られ、独特のコメディセンスに定評がある三木聡。本編撮影は今年11月から開始するそうで、続報が待たれる。

阿部サダヲコメント:
いつかは御一緒してみたいとずっと思っていた三木監督とお仕事出来るとは...嬉しいです。しかもロックコメディ?ワクワクします?台本を読んで、これはどうやって撮るんだろうっていうところばっかり...ワクワクします?
吉岡里帆さんはお会いした事ないですけど、どんなふうかを見せてくれるのか、とても楽しみです。よろしくお願いします。

吉岡里帆コメント:
「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」

頂いた企画書の頭に書かれていたタイトル。
これが私には映画の題でありながら、突然贈られてきた激励のメッセージの様に見えました。
台本を読み進めていくと、絶妙な掛け合いに笑いが込み上げ、予測出来ない展開にワクワクし、ラストシーンではじんわりと胸が熱くなりました!
昔から大好きだった三木聡監督の作品に出られること、監督のピュアで真っ直ぐな台詞を発せられること、ただただ嬉しく台本を抱きしめたくなりました。
そして同時に背筋が伸びました。
私の演じる明日葉ふうかという役は声があまりに小さなストリートミュージシャンです。
でも私は歌もギターにも触れたことが無い人間です。
ふうかになるべく0から作っていってます。殻を破るための殻作りを今しています。
生の成長記録として、皆様の胸が熱くなれる様に全力を尽くしますのでどうぞよろしくお願いします。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ