ここから本文です

 主演作が相次ぐ俳優・山崎賢人と、映画『銀魂』が大ヒットを記録している福田雄一監督。この二人のコラボが映画『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)で実現した。山崎演じるのは、とてつもない超能力を持っているが、そのことを隠しながら普通の生活を望む主人公・斉木楠雄。この役は福田監督が「ぜひ山崎くんに」と熱烈オファーしたという。山崎自身も「ずっとご一緒したいと思っていた」と快諾。待望のタッグについて、山崎が熱い思いを語った。※文中の「山崎」の「大」は「立」が正式表記。

サムネイル

山崎賢人、『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)


【予告編映像】映画『斉木楠雄のΨ難』>>


-----------------------
■環奈ちゃんの演技をみて「やべーぞ」って思った

サムネイル
笑いがすべてを吹き飛ばす! 映画『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)


――福田監督から熱烈な出演オファーを受けたとお聞きしましたが。

山崎: もともと僕は「勇者ヨシヒコ」シリーズなどをみていて福田監督のファンだったので、いつかご一緒できたらと思っていたんです。そうしたら2年ぐらい前に、僕がやっている舞台を福田監督が見に来てくださって、そのときに「『斉木楠雄のΨ難』という企画があるんだけれどやらない?」って言ってくださり、「はい、やります!」と応えました。

――福田組に臨む前になにか準備はしていったのでしょうか?

山崎: どんな世界観になるんだろうとワクワクしながら衣装合わせにいったのですが、そこで福田監督から「なにも用意してこないでいいから」っていわれたんです。

サムネイル
照橋心美役を演じる橋本環奈


――なにも持たずに行くというのは、なかなか怖い部分もありますよね。

山崎: 撮影初日は、(照橋心美役を演じる橋本)環奈ちゃんとの出会いのシーンだったのですが、環奈ちゃんの実際の演技と心の声のギャップがすごくて「やべーぞ」って思ったんです。斉木は照橋さんの妄想の中でだけ、イメージが崩れるんですけど、最初が照橋さんに感嘆の声を上げ"おっふ" のシーンだったので、どんな感じなんだろうと探るような感じでいたら、福田監督が「アワアワアワ、照橋さん、おっふ」みたいに実演してくれて「さすがだ!」って思い、そこから振り切れました。

サムネイル
窪谷須亜蓮役を演じる賀来賢人


――福田組といえば、キャスト、スタッフ含め、みなさん笑いに貪欲なイメージですが。

山崎: 福田組常連の賀来(賢人)さんが「福田組にいると自分が怖くなるよ」っていっていたんです。みなさん「どうやって笑わせようか」ってエスカレートしていくみたいなんです。僕も、とにかく福田監督を笑わせたいなって思いながら現場にいたので、笑いに対して貪欲になった気がします。

――お笑い自体好きなんですか?

山崎: 好きです。サンドウィッチマンさんや、ロバートさんとかやばいです。やっぱり笑えるって一番幸せだと思うんです。映画館に行って、なにも考えずに笑えるのって魅力的ですよね。

■『斉木楠雄のΨ難』は集大成的な映画?

――近年、いろいろなジャンルの作品に出演していますが、こうしたコメディ映画はいかがですか?

山崎: 代表作になるかもです!(笑)。でも僕のこれまでの映画があるから、壁ドンのときの環奈ちゃんのナレーションで「『ヒロイン失格』も『オオカミ少女と黒王子』もみんな見てねーもん」なんてセリフも採用されているし、いろいろな意味で僕の集大成的な映画ですね(笑)。

サムネイル
海藤瞬役を演じる吉沢亮


――全編笑いに満ち溢(あふ)れていましたが、撮影で苦労したことはありましたか?

山崎: 笑いをこらえることですね。僕の役は、基本的にスンとしていて、ツッコミは心の中の声なので、笑ってはいけないんです。でも吉沢亮や、新井(浩文)さん、環奈ちゃん、賀来くん、ムロツヨシさんなど、斉木に近づいてくる人との距離が近いので、本当に笑いをこらえるのが大変でした。

サムネイル
燃堂力役を演じる新井浩文


――特に橋本さんとの絡みはすごかったですね。

山崎: 環奈ちゃんはすごすぎましたね。あれだけの美少女なのに「こんな顔できるんだ」っていうぐらい振り切れていましたね。表情とナレーションのギャップがすごかったです。

サムネイル
蝶野雨緑役を演じるムロツヨシ


■コメディには貪欲に取り組みたい!

――賀来さんは2回目以降が......という話をされていたみたいですが、山崎さんも、めちゃくちゃに崩されたりしても大丈夫ですか?

山崎: なんの抵抗もないです! コメディは貪欲に取り組みたいし、自分がどんなふうに料理されるのかも興味ありますし、自分でも準備したい。ビジュアルに関してもどんなのでもOKですし、自分から扉を開けにいった感じです。

――山崎さんの学生時代はどんな感じだったのですか?

山崎: 斉木みたいに突っ込みではなかったですね。かといってイジられるのも嫌いみたいな(笑)。ふざけるくせに、イジられるのが得意じゃないという......。

――今回の楠雄という役を演じる上で意識した部分はありますか?

山崎: 「クールにスマートに」ということを心掛けました。客観的のもっと上の、神の目みたいな。マンガも読みましたが、それよりもこの題材を福田組でどう料理するんだろうということが、とても楽しみでした。

――山崎さん自身は、客観的にものを見るタイプなのですか?

山崎: 客観視しちゃいますね。もう一人の自分がいます。めちゃくちゃ楽しくて笑っているときでも「あれ、なんで俺こんなに笑っているんだろう」みたいな。お芝居をしているときは、そういう客観視している自分をいかに消すかを考えています。

――山崎さんの新境地ともいえる作品になりそうですね。

山崎: 本当に公開が楽しみです。どういう反応が起きるか、ワクワクします。

【映画版ミュージックビデオ』主題歌 ゆず「恋、弾けました。」>>


週刊少年ジャンプで2012年より連載中で、シリーズ累計発行部数500万部を超える人気コミックを映画化。
生まれながらに与えられたとんでもない超能力ゆえに、数々の災難に巻き込まれる主人公 斉木楠雄。とにかく"普通に生きたい"と思う彼の願いもむなしく、クラスメイトはトラブルメイカーばかりで......。独特なギャグセンス満載の本作にほれ込み、映画化を熱望したのは『銀魂』『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一。キャストは、コメディ映画初主演を果たした山崎賢人だけでなく、豪華キャスト陣が集結。橋本環奈や新井浩文、吉沢亮のほか、福田組常連のムロツヨシに佐藤二朗の出演も笑いが絶えないコメディ映画の脇を固めている。恋、友情、超能力が吹き荒れる、"Ψ難"だらけの文化祭に注目だ。2017年10月21日公開。

(取材・文・撮影:磯部正和)

サムネイル
山崎賢人、『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)


山崎賢人(やまざき・けんと)
1994年9月7日生まれ、東京都出身。2010年俳優デビューを飾ると、翌2011年、映画『管制塔』で映画初主演。その後も数々の映画・ドラマで主演を務め、2017年は、本作のほか、『一週間フレンズ。』、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』、『氷菓』の映画で主演を務めている。

※文中の「山崎」の「大」は「立」が正式表記。

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ