ここから本文です

女優の広瀬すずが、"片想い"への自身の考え方を明かした。他にも竜星涼、森川葵、健太郎といった映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開、以下『先生! 、、、好きになってもいいですか?』)出演俳優たちが、片想いについて語っている。

サムネイル

広瀬すず, Mar 15, 2017 : エフティ資生堂「シーブリーズ」の新CM発表会 (写真:MANTAN/アフロ)


【特集】映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(GYAO!)>>

【出演者に独占インタビュー】「片思い。諦める? がんばる?」>>


【インタビュー】竜星涼、恋愛感情のない男女の友情にあこがれ/映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』

累計発行部数570万部を突破した河原和音による少女漫画を原作とした『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は、高校2年生の響(広瀬すず)と世界史の伊藤先生(生田斗真)、教師と生徒の純愛ストーリー。映像配信サービス「GYAO!」では、同映画で生徒役を演じた広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎たちの独占インタビュー映像が公開された。

【予告編映像】「先生! 、、、好きになってもいいですか?」>>


「叶わないかもしれない"片想い"。諦めますか? 頑張りますか?」という質問に対して、広瀬は少し悩みながらも「諦めもしないし、頑張りもしないかも。自分から行くことはできないんですけど、ずっと好きでいようと思うタイプ」と答える。また、「響の立場だったら告白しますか? 片想いのままですか?」という質問には、「しません。叶わないとわかっていなくても、どんな状況でも自分からは言えない。たぶん。勇気ないです」と回答しており、かなり奥手なタイプであるようだ。

インタビュー映像では、竜星涼、森川葵、健太郎たちも質問に回答。旬の俳優たちの恋愛観が赤裸々に明かされている。

スピッツ 「歌ウサギ」スペシャルショートムービー>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ