ここから本文です

 「週刊少年ジャンプ」で連載中の麻生周一による人気マンガを実写映画化した『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)。本作でメガホンをとったのが、映画『銀魂』の大ヒットが記憶に新しい福田雄一監督。そんな福田監督がこだわったのが、主人公・斉木楠雄のキャスティングだ。「この映画の主演は山崎賢人くんじゃなければ意味がない」と断言した福田監督が、その理由や"笑い"に対する熱い思いを語った。 ※文中の「山崎」の「大」は「立」が正式表記。

サムネイル

福田雄一監督、『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)


【予告編映像】映画『斉木楠雄のΨ難』>>


-----------------
■山崎賢人との出会いは福田監督の奥さんの勧め!?

サムネイル
山崎賢人 主演映画『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)


――『銀魂』に続き、またもや「週刊少年ジャンプ」連載マンガの実写化となりました。

福田: 偶然にもすごく近いところが並んじゃいましたね。公開は逆になってしまいましたが、企画は、『斉木楠雄のΨ難』の方が先だったんです。

――原作との出会いはどんな形だったのでしょうか?

福田: 当時中学生だった息子はマンガと言えば「ONE PIECE」くらいしか読んでいなかったのですが、彼の本棚の隅の方に「斉木楠雄のΨ難」というタイトルのマンガが4巻ぐらいあったんです。タイトルがギャグマンガっぽかったのですが、目を通したら切り口が面白くて。

【映画版ミュージックビデオ』主題歌 ゆず「恋、弾けました。」>>


――それで映画化しようと?

福田: マンガとの出会いのはるか前に、うちの奥さんから「山崎賢人くんという、良い俳優さんがいるんだよ」と聞いていたんです。当時はまだ、ドラマとか映画にもあまり出ていなくて、僕は存じ上げていなかったのですが、奥さんから賢人くんの作品を見せられていくうちに「なるほど魅力的な俳優さんだな」と、いろいろなイメージが沸いてきたんです。

そんなとき「斉木楠雄のΨ難」の原作と出会い、「この主人公を賢人くんがやったら面白いんじゃないか」ってひらめいたんです。僕はそう思い込むといろいろな人に言いふらす癖があるので、ドラマや映画のプロデューサーに「『斉木楠雄のΨ難』って原作があって、山崎賢人くんという俳優さんでやりたい」って言い出したんです。

■どうしても山崎賢人でやりたかった

――具体的に動き出したのはどのぐらいのタイミングだったのですか?

福田: 3年ぐらい前かな、たまたま賢人くんのマネージャーさんと僕は昔から仲良しで、会う機会があったんです。そのときに『斉木楠雄のΨ難』の話をしたら「やりたいです」って言ってくれたので、具体的に進める話になったんです。でもいざ「やろう」となったときにはすでに賢人くんは売れっ子になっていて、2年先とかじゃないとスケジュールが押さえられなかったんです。

――それで『銀魂』より先に企画が上がっていたのに公開が遅くなったんですね。

福田: 実は「別の人でやりませんか?」という提案もありました。でも山崎賢人くんでやりたかったので「待ちたいです」って言ったんです。

――なにか大きな理由があったのですか?

福田: この作品はギャグ映画です。ギャグ映画ってアメリカでは優秀な作品がいっぱいありますが、日本ではB級、C級に扱われてしまうことが多い。割り切って、駆け出しの俳優さんを使って遊ぶのは簡単なのですが、山崎賢人という今や日本の若手のトップを走る俳優でギャグ映画をやることに意味があると感じていたんです。違う俳優さんで妥協してしまったら、僕のチャレンジの意味がなくなってしまう。

――山崎さんも福田組を熱望していたとお聞きしました。

福田: ファンの方が「福田監督とお仕事をしたい」とインタビューで答えてくれている賢人くんの記事を送ってくれたりしていたので、彼のなかにもコメディへの熱い思いがあることは知っていました。それはすごくうれしかったですね。

――熱烈オファーを受けての出演でしたが、実際ご一緒した山崎さんはいかがでしたか?

福田: 僕は役者さんってテクニックではなく、結局は人間性だと思っているんです。映像や舞台を通して、見えてくるのは人間性。その意味で、賢人くんは本当にかわいらしい。僕と賢人くんは親子ぐらいの年齢差ですが、弟みたいに思っているんです。その人間的なかわいらしさが映像を通してお客さんに伝わっていたんだろうなって、生の山崎賢人と接して感じとれました。斉木楠雄というキャラクターはクールでドライなのですが、きついイケメン俳優がやると、きっと見ている人は愛せないと思うんです。でも賢人くんがやると本当にかわいらしく映る。それはすごいことです。

■福田組は2回目以降が怖い!?「急に笑わなくなります」

――山崎さんに対して、向かってくるキャラクターは強烈ですね。

福田: みんな振り切っていかないと、誰かに食われてしまうという危機感があったんでしょうね。なかでも俳優陣は、橋本環奈に負けるわけにはいかないという思いがあったんだと思います。

サムネイル
照橋心美役を演じる橋本環奈


――確かに橋本さん演じる照橋心美のキャラはすごかったですね。

福田: 実は『銀魂』の撮影が終わって1週間ぐらいで、この映画に入ったので、あの神楽のキャラのままのテンションだったんです。『銀魂』では僕にとんでもないことばっかりやらされていて、かなりハイになっていたから、本当にすごかった。かといって俳優陣も「すごい!」なんて言っている場合でもないですからね。

サムネイル
海藤瞬役を演じる吉沢亮


――燃堂力役の新井浩文さん、海藤瞬役の吉沢亮さんなども爆裂でした。

福田: 吉沢くんも新井くんも『銀魂』では(役柄的に笑いがなく)かなりストレスをためていたことがわかるぐらい、今作は弾けていましたね(笑)。特に『銀魂』での新井くんは愚痴しか言っていなかったから(笑)、「思う存分、好き放題にやっていいから」って言いました。

サムネイル
燃堂力役を演じる新井浩文


――みなさん存分に強烈なキャラクターを発揮していましたが、賀来賢人さんは山崎さんに「福田組は2回目以降が怖い」と話していたようです。

福田:意識はしていないんですけど、僕は2回目以降になると急に笑わなくなるらしいです。あえて意識しているのではなく、面白ければ笑うし、面白くなければ笑わないだけ。賀来くんは、僕が面白くなさそうにしているのを何度も見ていますからね(笑)。吉沢くんにしても新井くんにしても、何度もご一緒しているので、僕がつまらなければ笑わないことは重々承知しているわけで、賢人くんも今回は初めてでしたが、次ご一緒するときには、つまらなかったら笑わないと思いますよ。

サムネイル
窪谷須亜蓮役を演じる賀来賢人


■ムロツヨシ&佐藤二朗はやはり風神&雷神!

――その意味では、ムロツヨシさんや佐藤二朗さんはすごいですね。

福田: 確かにムロくんも二朗さんもすごいですね。これだけずっと一緒にやっていて、ちゃんと二人で笑えますからね。二人とも流派は違いますが、僕を楽しませてくれる。さすが福田組の風神と雷神です。

サムネイル
蝶野雨緑役を演じるムロツヨシ


――『銀魂』は40億近い大ヒットを遂げましたが、興行的なプレッシャーなどを感じることはありますか?

福田: 全くないですね。別に『銀魂』がヒットしたところで僕の生活は何ら変わりませんからね。「福田監督って最近ヒットしないね」って言われてもへっちゃらなのですが、『福田監督の作品、最近全然笑えないね』って言われるのは困ります。やっぱり笑いが欲しいです。そのことしか考えていないですね。

――目指すはオールエイジの笑い?

福田: そうですね。そこを目指さないといけないと思っています。僕は「勇者ヨシヒコ」シリーズの成功体験として「子どもに見てもらいたかったら、子どもに合わせてはいけない」という考えがあるんです。家族で一緒にテレビを見るという体験が希薄になっている現代で、狙っていることが「それ絶対子どもにはわからないよね」というパロディなんです。わからないとき、子どもは親に聞くしかない。親がそれを説明するというやり取りが僕は素晴らしいと思うんです。そこは突き詰めていきたいところです。

サムネイル
福田雄一監督、『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)


――最後に座右の銘をお聞かせください。

福田: 嫁から言われている福田家の法則として「他人の悪口を言わない」というのがあります。決して他人をねたまない、悪口を言わない。これを守らないとすごく怒られます。

週刊少年ジャンプで2012年より連載中で、シリーズ累計発行部数500万部を超える人気コミックを映画化。
生まれながらに与えられたとんでもない超能力ゆえに、数々の災難に巻き込まれる主人公 斉木楠雄。とにかく"普通に生きたい"と思う彼の願いもむなしく、クラスメイトはトラブルメイカーばかりで......。独特なギャグセンス満載の本作にほれ込み、映画化を熱望したのは『銀魂』『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一。キャストは、コメディ映画初主演を果たした山崎賢人だけでなく、豪華キャスト陣が集結。橋本環奈や新井浩文、吉沢亮のほか、福田組常連のムロツヨシに佐藤二朗の出演も笑いが絶えないコメディ映画の脇を固めている。恋、友情、超能力が吹き荒れる、"Ψ難"だらけの文化祭に注目だ。2017年10月21日公開。

(取材・文・写真:磯部正和)
-----------------
福田雄一(ふくだゆういち)
1968年7月12日生まれ、栃木県出身。1990年に旗揚げした劇団「ブラボーカンパニー」で座長を務め、舞台の構成や演出を担当する一方で、フリーの放送作家として「笑っていいとも!」や「SMAP×SMAP」など数多くの人気バラエティ番組の構成を手掛ける。ドラマの脚本・演出家としても「33分探偵」(08年)や「勇者ヨシヒコ」シリーズ(11-16年)、「アオイホノオ」(14年)などの人気作品を世に送り出し、映画でも『HK 変態仮面』(13年)や『女子ーズ』(14年)など個性的な作品を手掛けている。座右の銘は「他人の悪口を言わない」

※文中の「山崎」の「大」は「立」が正式表記。

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ