ここから本文です

総合探偵社スプラッシュ代表の今野裕幸さんが、現代の浮気調査について明かした。スマホとSNSの普及によって、依頼内容にも変化が起きたという。

サムネイル

(C) ワタナベエンターテインメント


スマホ&SNSの普及で探偵依頼に変化が>>


現役探偵として年間1,000人以上の相談を受ける今野さんが、映像配信サービス「GYAO!」にて配信中のトークバラエティ「ぶるぺん」に出演。「スマホで攻防ですよね。見る側と、見られちゃまずい側の攻防がある」と現代の浮気調査においては、スマホが大きな要素になっていると語る。「一昔前だったら、『浮気しているかどうかわからないから調べてほしい』だったんです。今は、『特定の誰と浮気しているかもわかっているから、証拠だけ握ってくれ』みたいな」とスマホやSNSの普及によって依頼内容にも変化が起きたことを説明した。

妊娠8ヶ月の新妻の浮気に隠された疑惑>>


ホテルの前での長時間の張り込みや、フラッシュをたかない撮影など、さすがに素人には難しい証拠集めを探偵に依頼するというふうに浮気調査の現場は変わっているらしい。MCを務めるお笑いコンビ・ザブングルの松尾陽介が「じゃあクロ(のケース)ばかりですか?」と驚くと、今野さんは、「基本クロです。みんなブラックです」と明かした。

浮気発覚後に関係修復するには......「ネタを与えない」会話術>>


番組では他にも、浮気に気づいた妻による驚きの行動や、妊娠8カ月の新妻による浮気をめぐる疑惑のエピソードが披露された。やはり第一線に立つ人間は、いろいろな衝撃ネタを持っている......。

浮気に気付いた妻の恐ろしい行動とは>>


身を守るためにSNS投稿で気を付ける事>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ