ここから本文です

典型的な"シャッター商店街"となってしまったとある港町。
そのさくら通り商店街にある純喫茶「ジュルビアン」の看板娘・さくら(和久井映見)から、「この商店街に魔法をかけて欲しい」とユニバーサル広告社の杉山利史(沢村一樹)は頼まれる。

サムネイル

提供:アフロ


【無料配信】「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」配信中>>


さくらはかつて、広告マンを騙(かた)った結婚詐欺師にだまされた経験を持つ。その時の男がキラキラとした目で発した言葉。「広告は魔法だから。どんな汚い場所でも、シンデレラのカボチャの馬車に出来るんだよ」。
そして彼女は、ユニバーサル広告社の皆に「この商店街に魔法をかけてくださいませんか。本物の魔法をかけてくれませんか」とお願いをする。ところが杉山は、その場に居合わせた商店街全員の期待を理解した上で、断ってしまう。「その男、間違っています。広告は魔法なんかじゃありません。小さな輝きを、大きな輝きに導くのが広告です。ほっとくと目立たない輝きを、多くの人に知らせるのが広告なんです」。

■ドラマのスタート

主人公の杉山(沢村一樹)は、大手広告代理店「博王堂」で超優秀なクリエーター・コピーライターだった。ところが優秀な広告マンにありがちだが、居丈高で、イケイケで、上から目線で、自信過剰という性格が災いして周りから疎まれ、ついに現場からはずされ、退社を余儀なくされた。ところが本人は、自らの才能を過信していたので、どこでも働けると高を括っていた。しかし実際は、中堅広告社も弱小広告社も、使い切れないとみて採用してくれない。さらに妻からも離婚を言い渡され、踏んだり蹴ったりとなってしまった。
そんな杉山を、「ユニバーサル広告社」の社長・石井(三宅裕司)が拾う。ただしユニバーサル広告社も経営が苦しく、ひなびた街に都落ちとなったところから物語がスタートした。

■初回のあらすじ

ユニバーサル広告社はぼろぼろの建物の2階に入居した。
引っ越す姿を目撃したさくら(和久井映見)は、すぐに広告社の人々と親しくなる。彼女から杉山(沢村一樹)は、街の事情を知らされる。
両親がやっていた本屋をカフェに変えたが、客がほとんどいない店。勤めていた漁協を辞め、両親がやっていた雑貨店の在庫をネットオークションで切り売りして生活をする人など、商店街にはマイナス指向の人しか残っていない。

それでも移転当日、結婚式場からポスターを今日中に作り直してくれというオーダーが入った。社長が息子に代わって、にわかに今までのやり方を見直しているとのこと。急遽作ったポスターには、「人生の花は、いつ咲いても美しい」のキャッチコピー。熟年婚やシニア婚をターゲットとしたコンセプト......何とかピンチを脱することができた。

この初回は視聴率こそ4.4%とあまり高くなかったが、データニュース社「テレビウォッチャー」の満足度は3.85と、GP帯ドラマの中で堂々の4位につけた。『コウノドリ』『陸王』『ドクターX』に次ぐ成績で、『科捜研の女』『相棒』『奥様は、取り扱い注意』より上を行っている。あまり視聴者は多くないが、実際に見た人の心には確実に刺さる、名作の予感が漂うドラマなのである。

■第二話

朝早くから広告社に客が来た。
ポスターを発注した鶴亀会館・社長鶴田(甲本雅裕)だった。提案された案のどちらが良いか決めかねていると言う。そこに大学生・嶋田武弘(森下大地)が広告の依頼に訪れる。石井社長(三宅裕司)は実家を継ぎたい、流行らせたいと語る武弘に感心し、一度店舗を見て宣伝展開を考えたいと申し出たが、親には内緒だったために拒まれ、依頼は破談に......。
そんな中、さくら(和久井映見)に誘われ、一行はお通夜に出席する。そこに光(やついいちろう)と、さくらの父・宏(でんでん)が加わり、話は意外な方向に展開する。そして冒頭の「この商店街に魔法をかけてください」のやりとりとなる。

人生の輝きや地域の活気を諦めてしまった人々と、それでも何とかしたいという少数の人々がいる商店街。これは間違いなく日本の地方の典型だ。しかも諦めてしまった人々にも、一縷(る)の望みが残っている。
通夜の席でのさくらと杉山のやりとりには、一言一句に居合わせた商店街の人々の期待と失望がコインの裏表のように揺れ動く。その空気の揺らぎを描いて見せるカットの数々は、秀逸と言わざるを得ない。
NHKの朝ドラ『ちゅらさん』『ひよっこ』などで知られるシナリオライター・岡田惠和の台本の真骨頂といえよう。基本良い人がたくさん出て来て、あたたかいドラマになっていくプロセスは、温かくて面白い。

すっかりひなびてしまった街が、広告社と街の人々が交わることで、どう活気を取り戻していくのか。
「生きるってことは素晴らしい」「人と交わるって面白い」といった、シンプルなテーマがどう説得力をもって視聴者に伝わって行くのか。いよいよドラマのエンジンは全開となっていく。

【無料配信】「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」配信中>>

文責・次世代メディア研究所

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ