ここから本文です

女優の天海祐希が、宝塚時代に規則を変えたという伝説が事実であることを認めた。元宝塚男役のアイドル・彩羽真矢が「そのおかげで私たちは......」と感謝を述べた。

サムネイル

Japanese actress Yuki Amami poses at the premiere of the film Minions, in Los Angeles, June 27, 2015.(写真:ロイター/アフロ)


【無料配信】天海・神伝説の真偽を直撃「ウチのガヤがすみません!」配信中>>


天海は11月7日放送の日本テレビ系「ウチのガヤがすみません!」に出演。天海の後輩にあたる彩羽は"天海・神伝説"の真偽を直撃した。かつて宝塚には、「男役は髪の毛がハネないようヘアピンを何十本もつけて固めないといけない」という"予科ピン"と呼ばれる規則があったのだが、天海によって廃止されたといううわさがあったそうだ。

天海は、「私だけではなく同期で決めたこと」としつつ、後輩の指導について同期と話し合う中で、"予科ピン"は「あまりにも外を歩くのが恥ずかしい」という理由で廃止したと明かす。彩羽は「そのおかげで私たちはスプレーで固めるだけでOKになったんです」と後輩として感謝を述べた。

番組では他にも天海のそっくりさん画像が披露されたり、お笑い芸人・サンシャイン池崎がリアルな不満や貯金残高を絶叫するなどした。

【無料配信】「ウチのガヤがすみません!」配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ