ここから本文です

お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、"エンジョイハラスメント"として、仕事は楽しんでやるべきとの風潮に疑問を投げかけた。ネット上では、若林の主張に共感する声が続々と上がっている。

サムネイル

提供:アフロ


【無料配信】"エンジョイハラスメント"とは......「セブンルール」配信中>>


11月7日放送のフジテレビ系「セブンルール」では、ファストファッション・ブランド「H&M」の日本広報を担当している室井麻希さんに密着した。室井さんは、「朝起きたときに『会社に行きたくない』って絶対思わないでほしい。楽しいことをしているのが一番だと思う。だから華のある部分を私が取っちゃいけない。その部分はチームに残しておくことに気をつけています。たぶん今皆すごく楽しいと思ってくれていると信じています」と影武者に徹することの大切さについて語っていた。

しかし、スタジオでVTRを見ていた若林は、「『仕事楽しい』っていうの、俺は"エンジョイハラスメント"って呼んでいる。だりーなと思いながら仕事行って、これでよかったかな......くらいで帰ってもいいじゃんと思う」とはっきり異を唱える。さらに「俺はネタ作るの全然楽しくない。面倒くさい」とぶっちゃけて、「楽しいって重要?」と疑問を投げかけた。また、番組エンディングでは、再びエンジョイハラスメントが話題に上り、「今はそっちが多数派なんですかね」(若林)「絶対多数派だよ」(タレント・YOU)と出演者たちが語り合った。

"エンジョイハラスメント"の風潮を息苦しく感じている人々は多いらしい。ネット上では、「なんでもハラスメントにされてしまう」という批判もあるものの、若林の言葉に対して「めっちゃわかる」と共感する声が続出。楽しんで仕事ができるのはいいことかもしれないが、「仕事は楽しんでやるべきだ」まで来ると価値観の強要でしかないと指摘されている。

確かに「仕事は楽しんでやるべき」「楽しんでやれる仕事が一番いいんだ」という考え方が、いわゆる"やりがい搾取(やりがいを報酬とする代わりに、労働者を低賃金で働かせること)"につながっている部分はありそうだ。最低限やるべきことをこなしているなら、仕事に対するモチベーションは人の自由ではないか......。"エンジョイハラスメント"という言葉は、現代の仕事を取り巻く問題のひとつを言い当てたようだ。

【無料配信】「セブンルール」配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ