ここから本文です

11月13日に放送されたテレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」に登場した、水上バイク専門店の経営者"オハラさん"が話題になっている。彼の「ドバイの王族を雑に扱ったら逆にものすごく気に入られてしまった」というエピソードが少女漫画のようだというのだ。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


【無料配信】マクトゥームさんのオハラさんへの愛が止まらないエピソードがいくつも「激レアさんを連れてきた。」配信中>>


千葉県内で水上バイク専門店を営んでいるオハラさんのもとに、「わがドバイでマシンを作ってもらいたい」という国際電話がかかってきた。その依頼をしたのは実は国王の甥(おい)っ子"シェイク・マクトゥームさん"だったのだが、オハラさんは現地で対面を果たしても、しばらく相手が王族と気づかず。そのためかなり気安く接しており、「辛い食べ物を黙って食べさせてびっくりさせる」といったイタズラも繰り出した。そういったフランクさが逆に、対等に接してくれる相手のいなかったマクトゥームさんの心をがっちりつかんだらしい。

また、やっと相手が王族だと気付いてもオハラさんは「なんで言わねーんだよ、バカヤロ」と相変わらずの調子。自分が王族と知っても態度を変えないオハラさんを、マクトゥームさんはますます気に入ったそうだ。

このエピソードが、ネット上で「少女漫画みたいだ」と評判に。確かにセレブや学園の王子様が、媚(こ)びないヒロインに「面白いやつだ」と夢中になるのは、恋愛モノで"あるある"な展開だろう。まさか現実にも似たようなことが起きるとは......!

番組では他にも、マクトゥームさんのオハラさんへの愛が止まらないエピソードがいくつも披露された。大変気に入られた結果、メイド付きの家や高級車も与えられて驚きのセレブ生活を送っていたオハラさんだが、ついに帰国を決意。2人の別れのいきさつや、現在の関係まで明かされたが、1から100まで漫画のような話なのだった。

【無料配信】「激レアさんを連れてきた。」配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ