ここから本文です

お笑いコンビ・天狗(てんぐ)の横山裕之が、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が舞台袖で号泣する姿を見たことがあると告白。涙の裏には、石田と犬猿の仲であるお笑いコンビ・笑い飯の哲夫が関係していたらしい。

サムネイル

(C)吉本興業


ノンスタ石田が舞台袖で泣き崩れた日>>


天狗は、映像配信サービス「GYAO!」にて公開中のトーク番組「よしログ」に出演。石田率いる"石田軍団"のメンバーでもある横山は、かつて舞台袖で泣き崩れる石田を見たことがあると明かす。後日横山が聞いたところによると、涙の理由はこんなものだった。

当時のNON STYLEと笑い飯は犬猿の仲。哲夫は舞台上でも「NON STYLEはおもろない」と公言しており、誰かがスベッたときに「NON STYLEか!」とツッコミを入れるなどしていた。石田が激怒して殴り合いのケンカに発展したこともあったらしい。

ところで漫才頂上決定戦「M-1グランプリ」優勝のため、石田は試行錯誤の末に"太ももを自分で叩(たた)く"ギャグを生み出した。しかし、大会まで時間もギリギリで、ネタを試す場はもう限られていた。そして、最後にネタを試す場となった営業先では、くしくも笑い飯と一緒だった。NON STYLEは、満を持して披露したネタが予想よりもウケず、「『M-1』で通用しないんじゃないか」と不安を覚えながら出番を終えた。しかし、すれ違いざまに哲夫は「NON STYLEのくせに何をおもろいことしてんねん」と声をかけてきたのだった......。

横山は、「それを聞いた石田さんが泣き崩れた。『やっと認めてくれた。やっぱりこの漫才、面白いんや。これでいけるんや』って。その漫才で2008年に『M-1グランプリ』優勝したんやって」と興奮気味に語った。

よしもとの人気芸人が日替わりで登場する生トーク番組「よしログ」は毎週月~金20時30分~22時30分で「GYAO!」にて生配信。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ