ここから本文です

お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉が、今年の日本テレビ系「24時間テレビ」で、大変なスベり方をしてしまったことを謝罪。「あれだけスベると誰もイジッてこない」と振り返った。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


【無料配信】アンジャ児嶋、歴史的大スベリをした当時のVTRも放送>>


アンジャッシュは、11月20日放送の同局系「しゃべくり007」に"しゃべくりメンバーに謝罪したい2人"として登場した。一体何を謝りたいのかというと、今年8月に放送された「24時間テレビ」内の「しゃべくり007」コーナーで、児嶋が「歴史的スベり方」をしてしまったこと。番組では、問題の瞬間のVTRも放送された。

相方・渡部建の結婚式をイメージしてスピーチしてみるという流れの中で、児嶋は懇親の「児嶋だよ!」ネタも入れたスピーチを披露したものの、スタジオは冷ややかな反応......。「覚えてやがれよ!」という捨てぜりふでも笑いは起きなかった。

渡部は、「僕はめったに心配しないんですけど、(児嶋が)本当に心配になっちゃった。『大丈夫かな?』と思って、久々に児嶋のTwitterをのぞいたら、『今日は強めのお酒を飲みます』って書いてあって、本当に落ち込んでいると思った」と明かす。児嶋は、「(立ち直るのに)めちゃくちゃ時間がかかった。多少スベることはあるけど、そういうときはスタッフさんや芸人さんが『この前スベッてたね』みたいにイジッてくる。でも、あれだけスベると誰もイジッてこない」と振り返った。

大スベリした後だからこそ、実際の渡部の結婚式でのスピーチは、「あんな惨劇は絶対起こしちゃいけない」と練りに練った内容のものを用意したそう。そのスピーチも再現されたが、渡部からは「すごくがっかり。今まで散々やってきたくだりの漫談」「人生唯一のチャンスを棒に振った」と本気のダメ出しをくらっていた。

【無料配信】「しゃべくり007」配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ