ここから本文です

全世界シリーズ累計発行部数7,000万部超を誇る荒川弘(あらかわ・ひろむ)による伝説的コミックスが山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカら豪華キャストにより実写映画化(12月1日公開)。幼き日に最愛の母を亡くした兄エドと弟アルの波乱に満ちた冒険と成長のストーリーが感動的に描き出される。これまで実写化不可能と言われてきた同作のメガホンをとったのは、映像のスペシャリスト曽利文彦。日本映画史上最大規模のVFX技術を投入し、新時代の映像を作りだした。そこで今回は曽利文彦監督に、本作にかける思いを聞いた。

サムネイル

曽利文彦監督『鋼の錬金術師』(12月1日公開)


【予告編映像】映画『鋼の錬金術師』>>


【特集】映画『鋼の錬金術師』>>
公開記念!【一挙配信】アニメ全64話を無料配信中(12月1日~12月3日)>>

■日本で「ハガレン」実写化ができるのならばやってみたいと思った

【1分で分かる】ハガレンとは>>


――曽利監督のフィルモグラフィを振り返ると、『あしたのジョー』しかり、勝新太郎の代表作「座頭市」を女性に翻案した『ICHI』しかり、チャレンジングな企画に果敢に挑んでいる印象があります。

曽利: 好んで無謀な企画をやっているわけではありません(笑)。ただ、『ピンポン』と『鋼の錬金術師』に関しては、自分で立ち上げた企画なので、あえて自らそういう方向に行っていると言えなくもないかもしれませんが。『鋼の錬金術師』も、本当にできるの? というリアクションがほとんどでしたからね。

――この実写版『鋼の錬金術師』の企画が進められた経緯を教えてください。

曽利: 「鋼の錬金術師」の原作を知ったのは15年くらい前で、当時の日本で実写映画にするのはハードルが高いなと思っていました。アニメ化もされ、人気も出てきたので、いつかハリウッドで映画化されるかもしれないとは思いながらも、日本でできるものなら、日本でやってみたいという気持ちはずっとありました。しかしそれからだんだんと映像技術も発達してきて、10年ほど前からでしょうか、「ハガレン」実写化という企画にもリアリティーが増してくるようになりました。そして5年くらい前に企画が具体的になり、3年くらい前にゴーサインをいただいたということです。

サムネイル
山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカら豪華キャストにより実写映画化(12月1日公開)


――企画がゴーサインとなった時の心境はいかがでした?

曽利: 映像技術は日々進歩しているので、われわれがどこまでできるのかを読みとるのは大変な部分があります。今までピンポン玉とか、腕とかそういった部分でのCGはやってきましたが、全編にわたってCGを前面に打ち出して作るような本格的なファンタジー作品は、フルCGアニメではやったことがあっても、実写作品ではやったことがなかったんです。だから満を持して、みたいなところはあったんですが、得意分野だからこそ、下手を打てないなという部分はありました(笑)。とはいえ、ちゃんとした人間ドラマを包括した上でビジュアルに取り組めるような作品を望んでいたので、「鋼の錬金術師」という素晴らしいストーリーを映像化できるというのが決まった時は本当にうれしかったですね。

■アルフォンスのCGは邦画の歴史を変えるくらいのクオリティー

――日本のCG技術も進化しているということですね。

曽利: 僕は20年前に『タイタニック』に参加しましたけど、当時のハリウッドの最先端技術が今、日本でも普通になっています。そしてこの映画のビジュアルエフェクツのクオリティーは、ハリウッドの尻尾を捕まえたくらいのレベルになっています。アルフォンスのCG技術は、ここから邦画の歴史が変わるんじゃないか、というくらいの出来だと思っています。今まで届かなかったところに、今回はしっかりと手が届いた。邦画のあり方はここから変わっていくんじゃないかと思っています。

サムネイル
曽利文彦監督『鋼の錬金術師』(12月1日公開)


――先ほどハリウッドで映画化されるかも、という話もありましたが、「鋼の錬金術師」を日本人キャストで実写化できるのか、という声もあると思いますが。

曽利: ヨーロッパが舞台で、西洋の登場人物が中心になっている物語なので、日本人が演じることに無理があるというのは承知しています。ただ、一番大きいのは、この物語のハートの部分が日本人のものであるということ。原作の荒川先生は日本人としてこの物語を描いてきたわけだから、外見が西洋のものとして描かれていたとしても、この物語の芯の部分は日本人の物語として見えてくると思うんです。

――「鋼の錬金術師」に通底する精神は日本人のものということですね。

曽利: これをハリウッドで映画化すれば、ルックスは合わせられるし、ものすごく派手な大作になる可能性は大きいと思います。ただし、向こうで仕事をした経験からいうと、芯の部分、ハートの部分はおそらく少しずれてしまうように感じます。それは彼らがいいとか悪いということではなく、文化が違うから仕方のないことなんです。だから外側を合わせて、芯の部分がずれるのを許容するか。外側が多少違っても、物語の核心部分やハートの部分をそろえるか、というのはすごく難しい問題です。個人的には、ルックスが多少違っても、テーマがそろっている方が映画としては重要なんじゃないかなと思っています。

【キャラクター映像】ディーン・フジオカ演じるマスタング大佐ほか>>


――キャスティングに関してはどうですか?

曽利: キャスティングに関しては人任せにしないで、ひとりひとり口説いていきました。見た目というより、お芝居も含めた全体イメージに合う人に集まっていただいたなと思っています。

サムネイル
山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカら豪華キャストにより実写映画化(12月1日公開)


――コミックスを実写化するにあたり、原作に忠実にしたところはありますか?

曽利: わりと原作に忠実なところは忠実に再現していますし、原作と少しずらしたところもいくつかあります。以前、LAとパリで行われたファンイベントで映画のさわりの部分を公開したんですが、構図的に原作と一緒のところが出てきた瞬間にファンがウワーッと沸きましたね。

サムネイル
山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカら豪華キャストにより実写映画化(12月1日公開)


――それはどのあたり?

曽利: ネタバレになる部分が多いので、詳しいシーンは言えないですが、わりとヒューズがからむあたりは原作に忠実なところが多いですね。

■LAやパリの観客も熱狂的だった

――世界的に人気の作品ですから、LAやパリのファンイベントでも期待の声が大きかったのでは?

曽利: ものすごく熱狂的でしたね。イベントでは質問コーナーがあったんですが、中にはネガティブな方もいらっしゃって、『どうせこの後、ハリウッドで映画化されると思いますけど』みたいな言い方をされていて。でも、それには会場に集まった4,000人のファンが一斉にブーイングをしていたんです。LAやパリのファンが、日本人の手で「鋼の錬金術師」を映画化したことを、すごく好意的に、温かい目で見てくれた。イベントではフッテージ映像を流したんですが、エドが出てくる瞬間に割れんばかりの歓声が起きるんですよ。僕らはその時、舞台袖にいたんですけど、山田君、隣で相当驚いていました。人前でそれだけの映像を見せたのは初めてだったし、そこが日本でなかったということもあり、彼もものすごく感激していましたね。観客の皆さんがみんなファンなので、ホークアイの後ろ姿が見えただけで、ドーッと沸くんですよ。そして原作と同じ構図の絵が出てくると一気に沸くんですよ。みんな分かっているんですね。本当にすごい原作だなと思いました。

【特別映像】闇の住人 ホムンクルス(人造人間)とは>>


――原作ファンが楽しめるオススメポイントがあれば教えてください。

曽利: 松雪泰子さん演じるラストの再現度には注目してもらいたいですね。ある意味、実写ってすごいなと思える瞬間かもしれないですね。コミックはコミックなりの妖艶さがありますし、アニメにはアニメならではの妖艶さがあると思いますが、あの生々しい妖艶さは、やはり人間ならではだなと。そこは比べる価値があると思います。

――それでは最後に座右の銘を教えてください。

曽利: 「まず行動。深く考えると怖くなるので、まず行動」です。とにかく行動し続けて、絶対にあきらめないようにしたいと思っています。

サムネイル
曽利文彦監督『鋼の錬金術師』(12月1日公開)


――まさに『鋼の錬金術師』にも通じますね。

曽利: こういう作品って、僕みたいなおかしなヤツがいないと絶対に成立しないんですよ。みんなできないと思うから、絶対に反対されるし。でも絶対にできると信じているヤツがいないと、先に進まない。だからって本人にできるという確証があるのかといえば、そんなのないんです。やってみないと分からないんですけど、できますと言い切れるヤツがいないと進まないんですよ。『鋼の錬金術師』だって、脚本も完成して、企画も動いているのに、それでも「こんなのできるんですか?」という声がものすごく多かった。スタッフでさえ半信半疑なところがあったと思います。でも「こんなのできるの?」と言っていた人たちが試写を見て、「できましたね」と言ってくれたことが本当にうれしかった。そういう時にやっていて良かったなと思いますし、こんな変なヤツがいないとなかなか先に進まないんだなとあらためて思いました。


「鋼の錬金術師」は、月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で連載された国民的人気コミック。幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドと弟・アルの波乱に満ちた冒険と成長のストーリーを描く。"鋼の錬金術師"ことエドワード・エルリック役を山田涼介、ウィンリィ役に本田翼、マスタング大佐役にディーン・フジオカ、"人造人間(ホムンクルス)"ラスト役に松雪泰子、そのほか蓮佛美沙子、本郷奏多、大泉洋などが出演。2017年12月1日(金)劇場公開。

【特集】映画『鋼の錬金術師』>>
公開記念!【一挙配信】アニメ全64話を無料配信中(12月1日~12月3日)>>

<曽利文彦(そり・ふみひこ)>
1964年大阪府出身。1997年、USC(南カリフォルニア大学大学院)映画学科在学中、ジェームズ・キャメロン監督の『タイタニック』にCGアニメーターとして参加し、帰国後にVFXスーパバイザーとして『ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer』など数々の映画やテレビドラマを手がける。2002年に『ピンポン』で映画監督デビュー。主な監督作に『ベクシル 2077 日本鎖国』『ICHI』『あしたのジョー』などがある。
座右の銘:まず行動

(文・取材・写真/ 壬生智裕)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ