ここから本文です

全世界シリーズ累計発行部数7000万部を誇る、荒川弘の人気コミックス『鋼の錬金術師』が、Hey!Say!JUMPの山田涼介主演で実写映画化される(12月1日公開)。主題歌「君のそばにいるよ」(11月29日発売)を歌うのは、「原作の大ファン」というシンガーMISIA。映画の作品世界に寄り添いながら、「喪失」と「再生」を歌う歌詞は、誰もが自分の人生を投影できるような、普遍的な内容へと昇華されている。

サムネイル

MISIA、「君のそばにいるよ」&映像作品『MISIA SOUL JAZZ SESSION』を11月29日にリリース


 また、このシングルと同時リリースされるのが、今年7月にZepp DiverCity(TOKYO)にて開催された限定ライヴ"MISIA SUMMER SOUL JAZZ"を収録した映像作品『MISIA SOUL JAZZ SESSION』。新世代ジャズの担い手として、世界中で注目される黒田卓也(トランペット)を始め、名うてのジャズミュージシャンとMISIAが繰り広げるセッションの模様は、全ての音楽ファン必見だ。

【ミュージックビデオ】"ハガレン"との全編フルCGコラボレーション 「君のそばにいるよ」>>



■漫画では、人生の不条理に立ち向かっていくところもある。その辺りを歌詞でも表せたら。

【1分で分かる】"ハガレン"とは>>


【特集】映画『鋼の錬金術師』>>

──今回のシングル「君のそばにいるよ」は、映画『鋼の錬金術師』の主題歌です。MISIAさんは、"ハガレン"原作の大ファンだそうですね。オファーが来た時は、どのように思いましたか?

MISIA: 原作も完結して随分経っていますし、アニメになったり、その劇場版が公開されたりと歴史のある作品なので、今回は実写版ということで、どのような形で参加するのが一番いいかなっていうのは考えました。今までの流れを踏襲する歌がいいのか、全く別の世界観がいいのか。そこは最初迷って。結果的には、映画は映画の作品として、山田涼介さんが主役を演じているその世界観に沿った楽曲にしていくことにしました。

今、LAに在住しているIchiro Suezawaさんという作家さんがいるんですけど、2012年に、「DEEPNESS」という曲のアレンジを頼んだ時にすごくかっこよくて。彼はブルーノ・マーズなどの、ちょっとヒップホップ寄りのR&Bアーティストをサポートしていたりする、すごく才能のある人なんです。「DEEPNESS」の時も、すごく日本語らしいメロディを守りつつ、最新鋭のサウンドを入れてくれたので、いつかまたオリジナルをやりたいと思っていて、それで今回お願いしたらすごくいい形にしてもらえました。

サムネイル
MISIA、「君のそばにいるよ」&映像作品『MISIA SOUL JAZZ SESSION』を11月29日にリリース


──歌詞にはどんな世界観を詰め込んだのでしょうか。

MISIA: 「僕」という、男の子の一人称が思い浮かんだ時に、「男の子の主人公にしよう」という構想は最初からあったのですが、その男の子が、「誰に対して歌うのか?」っていうところがポイントになってきましたね。恋人なのか、母親なのか、でもそれも何となくしっくりこない。それで進めているうちに、『ハガレン』というのは2人の兄弟の物語でもあるから、山田さんが演じるエドから弟アルへのメッセージにも聞こえるし、弟からエドに歌っている曲にも聞こえるような、そういう表裏一体な目線で、「希望の光」に2人が手を伸ばしているような、そんなイメージを思い浮かべながら考えていきましたね。物語の中の、「身体はなくても心はつながっている」というテーマもあったので、それって亡くなった人と生き残った人の間の話とか......。漫画では、人生の不条理に立ち向かっていくところもある。その辺りが歌詞でも表せたらいいなと思いました。

──物語に基づいた世界観であると同時に、もっと普遍的なテーマについても歌われているように思いました。

MISIA: 原作の売り上げが7000万部もの大ヒットを記録するというのは、もちろん、ファンタジーとしてのストーリーの面白さがあってこそなんですけど、自分の人生に照らし合わせた時に、共感できる部分がたくさんあるからだと思うんですよね。これは、ネタバレになるかもしれないのであまり多くは言いませんが(笑)、なぜ「鋼の錬金術師」というタイトルなのか? とかね(笑)。

【予告編映像】MISIAが歌う主題歌、映画『鋼の錬金術師』>>


──ミュージックビデオは、『ハガレン』の曽利文彦監督がメガフォンを取ったそうですね。

MISIA: 「どうする? 錬成してみる?」って言われて(笑)。「嬉しいです、ぜひお願いします!」って言いました。そうしたら、全てブルーバックで、ターゲットの印だけが付いているセットの中で、ちょっとだけ演技したんですけど、役者さんってすごいなあと思いました。完成した映像がどうなるか分からないまま、想像だけで演技しているわけじゃないですか。こんな状況で、よくそんなことができるなあって(笑)。映画はエドとアルの話ですが、このMVでは映画のシーンの中に登場させていただいたり、アルとも共演させていただいています。

■お客さんとの距離がすごく近くて、いつもよりもテンション高めになりました!

──11月29日には、ライヴBD/DVD『MISIA SOUL JAZZ SESSION』がリリースされます。この限定ライヴは、黒田卓也さんプロデュースの同名アルバムをリリース直前に披露したものでしたが、そもそもこのアルバムを制作しようと思ったキッカケは?

【LIVE映像】「来るぞスリリング」(11月29日発売 ライヴBD/DVD「MISIA SOUL JAZZ SESSION」より)>>


MISIA: 去年9月に横浜・赤レンガ倉庫にて開催されたフェス『Blue Note Jazz Festival in Japan 2016』に出させてもらったんですけど、その時日本で初めてブルーノートUSと契約したトランペッターの黒田卓也くんと共演して。それがすごく楽しかったんですね。私はジャズ畑の人間ではないので、トラディショナルなジャズは通ってないんですけど、例えばルーツやエリカ・バドゥのような、ジャジーなものに影響を受けたソウルミュージックはずっと聴いていて。

──そうでしたよね。

MISIA: 私くらいの世代って、ジャズもR&Bもヒップホップも聞いて、自然とクロスオーバーしている人は多いと思うんです。そういう流れの中で、ロバート・グラスパーのような、ハイブリッドなアーティストも出て来ているわけじゃないですか。で、私自身も黒田くんと一緒だったら、狭い定義での「ジャズ」ではない、面白い音楽が作れるんじゃないかなと。例えば、今回「MAWARE MAWARE」で取り入れたアフロビートなどは10年前から大好きで。いつか自分の音楽に取り入れてみたかったんですよね。

【LIVE映像】「運命loop」(11月29日発売 ライヴBD/DVD「MISIA SOUL JAZZ SESSION」より)>>


──実際に、ライヴをやってみての反応は?

MISIA: こういう音楽は、ホールではなくライヴハウスでスタンディングで見てもらうのが一番伝わると思って、久しぶりにライヴハウスでやったんですよね。お客さんとの距離がすごく近くて、いつもよりもテンション高めになりました!(笑)それにジャズセッションですから、毎回ライヴの内容が変わっていくんですね。だから、今回のDVDが「全て」ではないんですけど、たくさんあるソウルジャズセッションの中の1ページだと思ってもらえたら、きっとその他のページにも興味を持ってもらえるんじゃないかなって思います。そうやって、自分の好きなものが伝わっていったらいいな、という気持ちは、デビュー時に「R&Bをもっと広めたい」と思っていた気持ちと変わっていないですね。

サムネイル
MISIA、「君のそばにいるよ」&映像作品『MISIA SOUL JAZZ SESSION』を11月29日にリリース


──GYAOでは「来るぞスリリング」、「運命loop」、「BELIEVE」(独占・フル尺)を配信いたします。3曲について、何か印象に残っているエピソードがありましたらお聞かせください。

MISIA: とにかく、ベースのラシャーン・カーターがビックリするくらいカッコいいんですよ。レコーディングではベースをマーカス・ミラーが弾いているんですけど、ラシャーン ヴァージョンとの違いを楽しんでほしいです。ソロとか、CDではラウル・ミドン(ギター)がやっているところをラシャーンがベースでやってくれていたり。ドラムのアダム・ジャクソンも、ビックリするようなすごい演奏を聴かせてくれています。

──ポップミュージックとしてのエッセンスがギッシリ詰まった「BELIEVE」が、最新鋭のソウルジャズアレンジで生まれ変わる瞬間は、何度聴いてもゾクゾクします。

【LIVE映像】「BELIEVE」(11月29日発売 ライヴBD/DVD「MISIA SOUL JAZZ SESSION」より)>>


MISIA: ありがとうございます。音楽って、化学反応というか、それこそ錬成しながら進化していくものだと思うんですよね。ジャズも、もともとはアフリカの音楽がアメリカ大陸に渡って、他のジャンルと融合したことで生まれたものだったりするじゃないですか。それが今度、日本に届いた時にどんな音楽が生まれるのか。その一つの答えが出せたとしたらうれしいなって思います。

──しかも、黒田さんはヒップホップを通って来ている人だから、ジャズともヒップホップともJポップとも違う、新しいハイブリッドな音楽になっていますよね。

MISIA: だとしたらうれしいです。今回、Ichiroさんや黒田くんと一緒にやってみて、「うわあ! こんな音楽知らなかったー!」って思うことの連続で。「まだまだワクワクすることが、音楽にはたくさんあるんだなあ」って思えたのは、まだまだ自分の中に「余白」があるわけじゃないですか。チャレンジできる「余白」がある限り、ずっとこの世界で音楽を続けていけたらいいなと思っています。

──最後に、今後の抱負を聞かせてください。

MISIA: 来年でデビュー20周年なんですけど、4月にアリーナツアーを控えているんですね。そのツアーでやろうと思っていることが、今からものすごく楽しみなんですよ。まだ言えないんですけど(笑)、いまだかつて見たことがないものをお届けできると思います!

【LIVE映像】「LOVE BEBOP」(THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOPより)>>


【LIVE映像】「オルフェンズの涙」(THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOPより)>>


【LIVE映像】 「白い季節」(THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOPより)>>


【LIVE映像】 「あなたにスマイル:)」(THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOPより)>>


◆MISIA
長崎県出身。その小さな体から発する5オクターブの音域を誇る圧倒的な歌唱力を持ち、「Queen of Soul」と呼ばれる 日本を代表する女性歌手。1998年のデビュー曲「つつみ込むように...」は日本の音楽シーンに強い影響を与え、ジャパニーズR&Bの先駆者と言われる。その後発表されたファーストアルバム「Mother Father Brother Sister」は新人ながら、 300万枚の異例のセールスを記録。以降、「Everything」「逢いたくていま」など、R&Bというジャンルにとらわれず、バラードの女王の名も確立された。その実力は 日本国内のみならず、アジアひいては世界からも認められる。デビュー19年目を迎えてなお、年々音楽に対する追究心は とどまることを知らず、世界を舞台にさまざまな作品を発表。来年のデビュー20周年に向けて、さらなる期待が高まる。また、音楽活動のみならず社会貢献活動にも注力し、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)名誉大使などを歴任。座右の銘は、「余白の美学」

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ